心を癒やし導くセラピスト・東洋医学のスペシャリストが提唱する

赤ちゃんの名前が決まらない…意外な所に名付けの主がいるかも?!

 







この記事を書いている人 - WRITER -

Your Life Advisor.

アドラー心理学専攻・東洋医学専攻・介護福祉士。

人生幸せ学研究家・スピリチュアルと日常の繋がり研究家・断食と健康の研究家。

夫と3人の子どもを育てる母を両立奮闘中!!

詳しいプロフィールはこちら。

候補にしようと思う名前が突然降ってきたり、思いもしなかった名前を付けたいな♪なんて浮かんだりと、名付けに纏わる流れって、不思議がいっぱいですね!

赤ちゃんが出来たら、こんな名前を付けたいな~と、想像してみたことがある方も多いと思います。もちろん、私も若い頃にそんなことを考えていた時もあります。漫画やドラマで、気に入った響きを想像してみたり、女の子は、特にそういった時間が楽しかったりもしますよね!

私には、3人の子どもがいますが、それぞれ不思議なエピソードがあって、出生届けを出しました。

大切な我が子への名前は、とても悩むものですよね!

こんなあなたに読んで欲しい

名前が決まらなくて困っているあなた

赤ちゃんの名前を決めたけど、自信の持てないあなた

名付けってどんなものがあるんだろう?と興味を持ったあなた

 

【AYAME2コマ劇場】

1.感性を研ぎ澄ませてみることが、最大のヒント!

2.赤ちゃんも名付けには、参加していると思います☆

 

今回は、私が3人の子どもに纏わる不思議な名前が決まるまでの実体験の出来事をコラムに織り交ぜてお届けしたいと思います。

悩みすぎて、頭が破裂しそうになっているのなら、ちょっと和んでいってくださいね☆

 

 

赤ちゃんが出来たら、1番最初の親からのプレゼントは、人生を左右する責任重大な名前!

 

妊娠した喜びも束の間…性別が分かる前から、男の子だったら…女の子だったら…と、名前の事で悩むパパやママも多いと思います。

冒頭にも書きましたが、結婚や妊娠する前から、やんわりと自分の中で浮かべていることもありますよね。

それくらい名前って想いのこもったものだと思います。

妊娠、喜び

でも、想像するものの…

画数は、気にした方がいいとか…

 

今時のキラキラネームと呼ばれるような名前にはしたくないと、慎重になったり…

随分悩まれる方も多いのではないでしょうか?

 

そりゃそうですよね!!

一生涯使うものです。

 

名前をプレゼントするって、「これはどう?」と聞けるわけではないですし、悩みますよね。

私も悩んだものです。

 

 

名付けのヒントは、意外と、こんなところにあるかも?!

 

これは、私の経験上の話ですので、もしかしたら、皆様にも当てはまることがあるかも?と、思いまして、コラム化することにしました。

余談話だと思って、読んでくだされば幸いです。

 

イーリス流名付けのヒント! その1

 

お腹の中の赤ちゃんの性別を予知できる?!

 

私の子どもの順序は、男・男・女です。

 

不思議なことに、お腹の中の赤ちゃんの性別ではない方の名前は、パッとしたものがありませんでした。

 

長男・二男の場合であれば、女の子の名前の案が浮かばないのです。

長女の場合は、男の子の名前が浮かばないのです。

 

不思議ですよね(笑)

 

ちなみに、逆の性別だったら…結構適当な名前を付けていたことになっていたかもしれません(笑)

そのくらい、思い入れがない名前しか思い浮かばなかったのです。

 

イーリス流名付けのヒント! その2

 

赤ちゃんの名前は、突然降ってくる?!

 

それまで、○○って名前がいいんじゃない?と、アレコレ当時の夫とも話したりしていました。

 

しかし…画数も大事よ!と、師匠のところに出向くと…

親の好き好きで決めたような名前は、画数が悪いんだそうです(汗)

 

ある日、名付け辞典を読んでいた時に、太郎(仮名)がいいんじゃない?!と、ピンと来た名前が、意外なことに、画数も抜群で師匠にもOKをもらいました

 

二男の時には、○○という名前がいいと言っても、あらゆる理由を付けられて、反対されて、候補から脱落…

 

●●は?という元夫の案も、画数が悪いからその名前は難しいと断りました。

(しかし、これは、後に、その時には、浮かばなかった画数が良い字が出てきたんですよ。)

 

私は、●●ではなくて、次郎(仮名)っていう名前なら、漢字の響きも画数もいいよ!と言って、決まりました。

 

長女の時には、妊娠前に…次、女の子が生まれたら、花子(仮名)って付けよう!

根拠もないのにそう決めていました(笑)

お蔭で…どんな字にするかが決まっていないので、長女の名付けには、とても苦労しました(汗)

 

私の実体験の話をまとめると…

何かの理由が湧いてきて、当初付けたいと思っていた名前がスムーズに決まっていきませんでした。

 

必然的に、長男・二男・長女…みんなそれぞれの名前に誘導されたかのような名前を付けることになりました。

 

結果的に、我が家の子どもたちの名前には、それぞれの「人生の課題」になるような名前が付いているんだなぁ~と、感心しています(笑)

 

私自身の名前は、どんな意味があるのか解読不可能ですが、人生に行き詰った時、あなたたちの答えは、自分の名前の意味をもう一度思い出しなさい!が、現在、遺言のように告げてある言葉です。

 

 

【まとめ】赤ちゃんからのこの世で生きるカリキュラムのメッセージもあるのかもしれませんね

 

名付けエピソードは、皆様いろんなものがあると思いますが、我が家はこのような形でした。

 

パパやママのどちらかが決めてしまって、譲ってもらえなかったというケースもあるかもしれませんが、それも不思議ですよね。

自分に権限がなかったのも、ご縁なのでしょうね。

 

そして、漢字にするのも、ひらがなにするのも…

由来も、名前に込める意味も…

全てが、偶然であるように思えるかもしれませんが、必然なのでしょうね。

 

赤ちゃん本人も名付けには関わっているように思えます。

 

夫婦で、意見一致するというのも、不思議ではないですか?

片方が反対して、決まらないというのも…

まるで、誰かが代弁しているかのような流れがあったりしますよね!

 

皆様に大きなヒントを与えることはできませんが…

赤ちゃんの将来を想って付ける名前です。

明らかなキャラクターの名前等は、何とも言い難いところはありますけれど…

よーく考えてみると、名前が決まるまでの過程は…きっと不思議な皆様のエピソードがあるはずです。

 

感性を研ぎ澄ませて、赤ちゃんとパパとママで決めてあげてくださいね♡

ご縁のある名前は、出生届ぎりぎりであっても決まりますよ。

夢の中、成長

(余談)

名は体を表す

その言葉の通りの人生を長男・二男は歩いております(笑)

 

そうです!おもしろいもので、人生の忘れてはならない意味を名前にどうやら持っているようです。

 

つい最近も、伝えたばかりです。

ママは、いつか先に死ぬ存在…

生きていて、困ることがもしもあったら…

 

名前に込めた意味を思い返しなさい。人生に困った時に、忘れてはならないものが、意味として籠っているよ!

 

長女は、まだ幼いので現時点ではわかりませんが…みんなの輪を繋ぐ子という意味が籠っているのですが、和を輪を繋ぐように絶賛成長中です!(笑)

 

何か、皆様のヒントになれば幸いです。

責任重大ですが、きっとしっくりくる日が来ますよ☆

 

 

 

 

本日も読んで下さり、ありがとうございました。

気に入って頂けましたら、シェアして下さると嬉しいです♡

 

「こんなコラムが読みたい!!」

「でも、探しにくい…」

そんなあなたのために検索しやすいシチュエーション別マップを作りました。

↑画像をタップで、シチュエーション別マップに行けます。

毎日「幸せになれないのはなぜか・・・」というテーマのツイートしています。

良かったら、見に来てくださいね☆

フォローもして下さったら、嬉しいです。

イーリス

 

この記事を書いている人 - WRITER -

Your Life Advisor.

アドラー心理学専攻・東洋医学専攻・介護福祉士。

人生幸せ学研究家・スピリチュアルと日常の繋がり研究家・断食と健康の研究家。

夫と3人の子どもを育てる母を両立奮闘中!!

詳しいプロフィールはこちら。

あなたに合った記事が見つかるかも!検索してみて下さい。

Copyright© 幸せになるスタイル AYAME , 2017 All Rights Reserved.