2017/05/07

夢から発信されるメッセージを受け取ろう★

 

スポンサーリンク

みなさんは、夢を見ますか?

唐突ですが、夢を最近見ていないなぁという方はいらっしゃっても、夢を見たことがないという方は、いないですよね?(多分w)

みなさんの夢は、白黒でしょうか?カラーでしょうか?

私は、カラーでしか見ることがありません。

ちなみに、夢占いには詳しくないので、ご了承くださいね(笑)

大晦日に見た夢は、衝撃的でした

印象的に残る夢は、夢占いを調べてみたりすることもあるのですが、大晦日は、印象という言葉ではない夢を見ました。

夢、解放

目覚めた時に、心を打たれた感動で起きた朝

普段から、私は夢を見る時に、日常生活と変わらない時間軸を過ごしている感覚に陥ることが多く、目覚めた時には、寝ていたのではなく、既に1日生活してきた気分になることもあります(笑)

そんな私なのですが、この日、目覚めた私は、言葉で表現しきれないほどの、心を打たれ、スッキリした気持ちで、清々しく目覚めたのです。

夢に出てきた人物は、縁の切れたママ友でした

なぜか、この人には、病院に行けば会ったりすることが多く、話すきっかけを現在は、失った人なのですが…

彼女が夢に出てきました。

とても、密な付き合いをしていましたが、彼女の心を疲れさせてしまったのか、急に波長が合わなくなり、離れてしまいました。

そんな彼女は、私にこう告げたのです。

「もうさ、普通で良くない?」

本当だよね!お互い維持張ることないよね!

納得!!!

と、思ったのですが、その気持ちは、この文章では、普通の出来事のように見えるのかもしれませんが、仲違いしてしまった人と仲直りできたら、スッキリしますよね?

仲直りしないにしても、ちょっと何かトラブルの起きた人と普段接するのに抵抗を感じる方って多いと思います。

私もその1人で、どこかで出くわすと、どうしよう!って考え込むタイプです(苦笑)

そんな私の心を解放してくれる呪文に聞こえました。

現実の世界で、残念ながら、この人と復縁していくのかは謎ですが…。

大きな印象を受けた時、それはメッセージかも!

私の先ほどの体験をしてくださいという内容を書いていきたいわけではありません。

何か、印象に残るときには、あなたに送られたメッセージの可能性があります。

私は、いろんな場面で夢を見て考えさせられることがありましたが、今回受け取ったメッセージは、ウジウジしている自分に終止符を打とうと思え、とても気分良く新年を迎えられる!という気持ちでいっぱいになりました。

過剰にポジティブ解釈するのはNG

そうは言っても、どんな夢もポジティブに捉えすぎるのは、些か危険です。警告されていることもあると思います。そこは、注意してくださいね。

嫌いな人や思い出の人が出てきたから、自分に未練や好意があるのでは?なんて、過剰に解釈してしまうと、現実でトラブルになることもあります。

単に、自分が思い過ぎていて見ている場合もあるようなので、そこは注意しておきましょう。

思い出の人が、出てきた場合、いつまでも過去にこだわり過ぎず、この夢を胸に頑張ろう!そう思えることの方が大切です。

亡くなった人からのメッセージがある場合も…

亡くなった人からのメッセージを受け取るのは、なかなか冷静に受け取れないこともあるかもしれません。

その場で、理解しなくても良いので、どこかに書き留めておくなりして、自分の気持ちのゆとりのある時に、ゆっくり考えてみることにしてみてもいいと思います。

繰り返し伝えてくることがあれば、急ぎの用事かもしれませんしね(笑)

私の場合は、ずっと亡くなった祖父に「ごめんなさい」が言えないまま、死に別れてしまいました。謝りたかったのは、私個人かもしれませんね。

若かったので、反抗期のような態度を取ったまま、祖父の体調は急変し、そのまま他界してしまいました。

それから、命日になると祖父の夢を見ていました。

そう言えば、祖父が出てくるのは、命日頃だな~なんて気づいた時に、祖父は、私に普段と変わらない家での日常と、ものすごくあの世で価値のあるものを「これをあげる」とくれました。こんな高価なものを私は、受け取っていいの?と聞いてしまうほどのものでした。

それをくれた後から現在まで、祖父の夢を見ることはありません。

どうやら、許してもらえたようだ。

そう感じました。

解釈と感じるは、意味が違いますから、あなたがもし、心で感じるものを夢から受けたのなら、それがメッセージだと素直に受け取っていいと思いますよ。

愛猫を失って…

8月に17年ほど実家で飼っていた猫が、行方不明となり、どうやら他界してしまったという悲しい出来事がありました。

猫の亡骸を見ることもなく、彼女は、私たちの前からいなくなりました。

私の師匠を頼って、詳細を聞き、彼女は、私の母に迷惑をかけたくない想いで自ら外を選んだようでした。

すると、師匠から詳細を聞いた直後、私の家の中にしばらく猫がいました。そして、師匠がお経をあげてくださる時間までの間さよならを告げるために寄り添ってくれていたようです。

たまたま、母が私の家に立ち寄り、私の母の足元にくっつきながら、寄り添って実家に猫は、帰っていきました。

その頃、見た私の夢は、猫は草の上に居て、手が届きそうで届かない夢でした。

亡骸を見せませんでしたが、自分の死に場所は、悪い場所ではなかったよと教えてくれたようです。

悲しい出来事ほど、故人は励ましてくれるのです

何だか、悲しい内容に思われてしまうのかもしれませんが、どんな印象を受け取っても、夢には意味が込められています。

単に妄想のような楽しい夢ばかり見られませんよね?

何でこんな夢見たんだろ?!

の方が、気になりますよね。

そんな時に、きちんと夢の意味を考えてみると、納得できる事柄も見つかりますよというお話でした。

生きている人間同士で、なかなか、清々しい気持ちになるようなメッセージが送られてくることも難しいかもしれませんが、メッセージ自体は、あなたが伝わりやすい映像となっている場合があるというように考えていただけるといいかと思います。

そして、故人が発するメッセージには、生きているように分かり合える言葉や行動ではないかもしれませんが、私のような体験にすり替えて教えてくれることもありますから、気になった時には、参考にしていただけると、何かお役立ちできることもあるかもしれません。

警告された時には、自分を引き締めて頑張ろう!で、大丈夫だと思いますので、落ち込むよりも前向きで行きましょうね!

それでは、よいお年を…★

夢、印象、占い

The following two tabs change content below.

Iris(イーリス)

サイト オーナー
コラムには、生きる上で、大切なことだったり、コラムのように考えたら、人生を謳歌しやすくなるような言霊を…「幸せの魔法の呪文」として、UPしています。

詳しくは、こちら

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -