Natal(ナタール)プロフィール

サブ オーナー

Natal(ナタール)♂

<Natalから皆様へ>

Natalという言葉は、ラテン語から由来するもので、「生まれる」という意味があります。僕の想いで、生まれてきた子どもたちに未来を託して過ごしていけるように、自分の力を注ぎたいと考えてつけた名前です。

子どもたちにとって、とても大事な存在になるのが母親です。自分の母や奥さんをみていても、いろんなことで悩み、苦労していることがわかります。そんなお母さんたちにとって、特に身体の不調について楽にすることで、心の安らかさを得ることができるように役立っていきます。

母親は、自分よりも家族をなんとかしてあげたいという想いを強く感じることがあります。子どもの健康であったり、旦那さんのこと、おじいちゃんやおばあちゃんのことであったり、役に立つことはどんどんお話していますので、よろしくお願いします!

 〈さらに詳しく〉

どんな人なの?

鍼灸師として、体調の悪い方を施術して、喜んでいただくように日々頑張っています。

鍼灸の施術では、東洋医学を基に脈診や腹診など駆使して、患者さんの訴えだけではなく、身体全体のバランスを診ています。患者さん自身の治癒力を引き出しながら、より健康的に生活ができるよう心がけています。

ナタール

どうして、その道を選んだの?

母親の死が、直接のきっかけです。母は、総合病院でヘルパーとして働いていて、がん検診なども定期的に受けていたのですが、気づいた時には、処置を施しようがないくらい癌が進行していました。その時点で、余命半年と告げられたのです。

僕としては、納得できないという想いとそこまでなるまで気づいて挙げられなかったことが、とても悔しかった。その想いから、なんとかできることはないかとインターネットや本など、出来る限りの情報を集めていました。

癌の治療については、インチキ臭いものから最先端のものまで様々な方法があることを知りました。その中で、鍼灸の施術によって、痛みの緩和など西洋医学に依存しない方法があることを見出したのです。

この鍼灸の世界に、飛び込もうと考えたのがそれが始まりでした。

ナタール

 

失敗や挫折はあるの?

はい、たくさんあります。鍼灸の世界に入る前には、経営コンサルタントとして企業の医者になるんだと目標を持って取り組んでいたのですが、自身の能力の限界を感じたり、その世界での、ある意味での汚さみたいなのを感じて、その道を挫折しました。

その後、鍼灸師として漢方鍼医会という伝統的な技術を学べる会に所属したり、師匠の元で修行をしてきたわけですが、そこでもたくさんの失敗や挫折もしてます。患者さんを診る時は、手首の脈の様子を診たり、お腹の様子を触ってみたりするのですが、当然、人の身体は繊細なものですし、一朝一夕で診る技術が身につく訳ではありません。師匠に怒鳴られたことも一度や二度の事ではありませんでした。

ナタール

失敗などから気づけたことはあるの?

母の死であったり、実際に鍼灸師として患者さんと接していると気づかされることがあります。

母親の偉大さというか、お母さんとして、妻として、子どもを育てていくことの大変さであったり、旦那さんとの関係であったり、苦労や喜びを感じていることを、当たり前の事かもしれませんが知ることが出来ました。

ナタール

これまで、どんな実績があるの?

鍼灸院や師匠の元で、様々な病気の悩みで来院される方の施術にあたり、改善したよと喜んでいただけました。

一般的な肩凝りや腰痛といったことはもちろんのこと、生理痛や更年期障害など女性特有の病気であったり、病院では特定の原因がわからず自律神経失調症と言われるようなものでも改善の実績があります。

ナタール

このサイトに訪れた方への約束は?

鍼灸の施術は、直接人に接してできることですが、ご自宅でもできて、日々の生活が少しでも明るく楽しく過ごせるようなお手伝いをします。

ナタール

喜びや夢って、なんですか?

鍼灸の施術を通じて、施術後に自然と柔らかい笑顔になっているのを見ることは喜びです。心身一如といいますが、身体の調子が良くなって、心もゆとりを持っていただける方がより多く感じていただくことが、ぼくの夢です。

ナタール

パーソナルな情報を教えてください

知りたい人って、いるんですか?(笑)

家族は、妻と長男、二男、長女の三人の子どもたちに囲まれて生活しています。

趣味は、優良な企業を探し出すこと、神社や仏閣をめぐること、専門的な本を何度も読み込むことです。

こんな感じの僕ですが、今後ともよろしくお願いします。

ナタール

公開日: