どうも☆イーリスです。

記事を書く私だから伝えられる読み方のコツをご用意致しました!

記事の読み方のコツ

良かったら、目を通してから、本編へお進み下さい。

イーリス

      2018/09/08

玉置神社は神の領域?不思議なパワースポットへ行こう!

 




この記事を書いている人 - WRITER -

このサイトに描かれていることは、理想論でもなく、空想でもなく、すべて私の経験と知識によって得たものを表現しています。

勘違いされがちなのは、悩みもなく生きている「私(イーリス)」という誤解です。幸せとは呼べない過去があり、苦しい経験を沢山しました。今も悩みはありますし、失敗ももちろんするのです。

それでも、どう生きるべきなのか、日々考え行動するからこそ、得られる喜びがあるのです。

最初から順風満帆な人などいないのです。

幸せは、やってくるものではなく…「自ら掴みに行く」ものなのです。

詳しいプロフはこちら

<私が行うサービス>

自分の幸せな生きるべき道を探すための自分との向き合い方を提案しています。

「ただの愚痴から、私の人生を変えたい」そんな人に活用して欲しいです。

それが幸せになるスタイルです。

晴咲心セラピーはこちら

選ばれし者だけが辿り着ける神社と言えば…玉置神社

 

玉置神社に関するブログを読んだりすると、こんなフレーズが多々見られます。

「そんなことあるの?!」

と、興味が湧き、どうしても行きたくて、辿り着けないかもしれないと覚悟しながら、そして、辿り着けますように!と祈りながら出掛けてきました。

 

ミーハーな気持ちよりは、どうしても玉置神社の神様に会いたくなった私は、多忙な中、無理矢理日帰りの予定を立てました(笑)

 

名古屋から、高速使って片道4時間半の旅

 

いざ、出発です!!

 

 

 

玉置神社には、選ばれし者だけが辿り着ける…by地元の方談

 

玉置神社のある場所は、奈良県。

三重県と和歌山県との県境付近です。

 

コンビニもない十津川村という静かな村の山頂に位置します。

 

<検証>

異世界と言われる玉置神社の実態を探る。

一体どんな謎があるのだろう?

神様が選ぶとは、どんなことなんだろう?

 

まぁまぁ険しい山道が続きます。

山道に慣れていない人は、ちょっとしんどいかな?といった具合です。

すり替わりは、できればしたくない…そんな道が多い十津川村近辺。

運転には、くれぐれもご注意を☆

 

ふもとで1台の車とのすり替わりで済んだ私たちは、玉置神社の駐車場まで無事に辿り着くことが出来ました。

 

これが駐車場からの景観です。

私は、晴れ女なので、基本予定を立てた日に雨は降りません(笑)

この日、H30.3.29…気温も温かく、寒いと聞いていましたが、薄いロンTで十分な温かさでした。

 

写真を撮り忘れてしまったのですが、地元の方も集うとても親切なおじいさんのいる売店があります。

軽食もありますので、景色を眺めながらの昼食も取れますよ。

 

親切なおじいさんたちは、1つの事実をここで教えて下さいました。

 

「いろんなところから来る人が後を絶たないんだけど…

冬は、雪も降るところだから、スノータイヤ履いた車じゃないと上がってこれないんだよね。

この前も、ふもとで立ち往生しかけた人に”帰れ”って言っちゃったんだよね。あれじゃ、危険すぎて上がってこれん。

悪い事言ったかなと思うけど、玉置さんは、神様が選ぶって言うからねぇ~」

 

ここで、噂の真実?!が聞けた気がしました。

 

 

いざ玉置神社へ出陣!!ルートは、玉石社から

 

普通、神社へお詣りに行く時は、本殿からという認識かと思います。

しかし、玉置神社は、玉石社からスタートするんだそうです。

 

 

これが、山道への道。

とってもわかりにくいですが、ここから上がっていくのが正式ルートなんだそうです。

 

「はーい!突然ですが…ここからは、わたし、レイちゃんがお届けします♡」

 

3歳の娘も歩いた境内までのレポートをお楽しみください♪

 

3歳になったし、もうすぐ保育園!

わたしも、頑張って歩けるようになったんだよ~!

何せ、ママやパパといろんな神社やお寺へ行っているから、神様に会うのを楽しみにしていたんだもん♡

 

玉置神社に出掛ける数日前から、娘に行先をきちんと教えた覚えがなかったのに…

「たまきじんじゃに行くの♪」

そう言い続けた娘でした。

出掛ける前から、不思議なものです。

 

わたしの目から見える山道だよぉ~!

なだらかな山道とは言えないので、しっかりとした服装と履物が必要です!

 

一生懸命歩くよ~!!

ちょっと、歩くのに飽きたら…ダンスとかいいかも♪

 

と、歩くこと30分ほど…

 

こっこれは…もしや…

山頂です!!

山頂からの景色は、こんな感じ。

標高約1000mの世界。

都会のような人も車も音も…静かで、壮大な景色が広がっています。

 

勝負はここから…道は、更に険しい傾斜が続きます!

本当に気をつけて!!

 

えっ?!これを下るんですか?と、躊躇するような傾斜があります。

玉石社まで、あと少し…

 

「神様!わたし、恐いけど…頑張るね!!!」

 

怯えながら、娘は、こんな言葉を言ったんです。

ナタール先生は、この発言が一番怖かったと言っていました(笑)

もう、ビビりなんだなぁwww

 

普段なら、こわい!と、抱っこモードになるのですが、この日の娘は、歩く意思を見せていました。

しかし、本当に道が危険なので、さすがにおんぶ紐に。

 

しかも、パパのおんぶは嫌だと拒否。

責任重大な私…後ろから、「あぁ~とまらなーい!!」と、漫画のように加速してぶつかってくる二男wwww

 

正直、落ちるかと思いましたよwww

何事もなくてよかったですが…。

この時ばかりは、太ったことに感謝したかも(自爆)

 

 

 

くどいですが、舐めた格好で行ってはいけませんよ!

 

 

玉石社に到着!見上げる感動は、至福の時

 

そんなこんなで、無事に玉石社まで、歩いてこれました。

難易度★★★★☆

と、言ったところでしょうか…。

 

子連れで行くので、難易度は、もっとありそうな気がしますが(笑)

 

 

この玉石社が一番のポイントだと、おじいさんに教えてもらった場所です。

本当に不思議な場所です。

山頂にあるわけでもないのです。

 

山頂から、本殿へと向かう途中に位置します。

 

では、勿体ぶるのもなんなので…

 

 

 

これが玉石社です。

 

有名人の方もお詣りに来られるんだそうです。

 

 

木がどーんと視界に広がるのですが、玉石社…

石にご神体が宿っているそうです。

木の方が印象深いですが…。

 

 

写真からは、壮大さが伝わらないかもしれませんが、とても不思議な感覚になれること間違いないです。

 

御神木として祀られているところは、本当に沢山ありますが、是非、あなたも直接出向いて欲しいなと思います。

 

そして、玉石社を後にした瞬間から、娘は、マイペースモードへと…

あら?これから、本殿なのに?

自由人に戻ったのである…。

 

 

時の流れが止まった世界…玉置神社には、色がない?

 

玉石社を後にすると、すぐにこんな鳥居が続いています。

この辺りからは、道の険しさは解消されるので、なだらかになります。

 

↑境内から玉石社までの山道

振り返って、パシャ!

 

こんな神社が境内にあります。

なんだか、歴史の教科書に出てきそうな感じがしませんか?

風情があるという言葉では表し切れないものがあります。

 

さぁ、今からお待ちかねの本殿の登場です!!

 

色のない世界との表現もされていますよね!

これ、本殿なんですよ。

派手な造りの本殿のイメージでいると不思議な感覚ですよね。

何時代と言う表現が正解なのでしょうか?

時の流れが止まったまま…存在しているようです。

 

いえ…この地は、まるで、どらえもんのひみつ道具のタイムマシーンにでも乗って、タイムスリップしてきたかのような空間なのです。

 

色がない世界だという意味がよくわかりました。

 

色がない世界=時が進んでいない空間

だったのかもしれませんね。

 

世界遺産と言われる理由も納得です。

 

本殿の裏に夫婦杉がありました。

これまた立派な大木です。

夫婦杉って、不思議ですね。

そして、微笑ましく思います。

 

私たち人は、夫婦げんかをし、時に傷つけ合います。

 

夫婦杉は、計り知れない時を共に過ごしてきたんですよね。

喧嘩なんてしていたら、こんなに大きく育つこともなく枯れてしまったことでしょう。

 

現実に帰るのが怖くなるほど、何か不思議な力に、空間に包まれた異世界とも間もなくお別れです。

 

境内を後にし、駐車場へと続く最後の山道を歩きます。

道は、とってもなだらかな山道。

ちょっとした森林浴程度のレベルです。

夢のような異世界タイムも終わり…最初のおじいさんがいた売店のある駐車場が見えてきました。

 

来てよかった。

言葉では表し切れない…いえ、表してはいけないのかもしれないですね。

それ以上の深い感想は、是非、参拝しに行ってみて下さいね★

 

 

おまけ…時間が無くても堪能できる!立ち寄ったおすすめスポット

 

名古屋から片道4時間半は、近い距離じゃないけれど…

時間がなくても、道中に楽しめるスポットがあります。

 

その1…尾鷲の海

沿岸線に走るので、車もちょっと止めて、立ち寄ることができます。

とっても綺麗な海です。

いつまで眺めていても飽きないくらい…。

子どもたちのシルエット、絵になりますね(笑)

 

 

その2…瀞峡

玉置神社から、車で30分ほど。

(なかなか、更にハードな山道ですので、ご注意!)

こんな素敵なトンネルを通りました(笑)

かなり、ビビり指数上がったと思いますwww

対向車来ないことをどれほど祈ったかw

 

瀞峡の景色です。

桜が咲いていたので、とても綺麗です。

この日は、木曜日だったため、瀞峡の名所の「瀞ホテル」はお休みでした。

ドラマ等で見たことがあるような壮大な景色です。

ここは、船に乗って、川下りもできるんですよ。

私たちは、時間的に間に合わないと踏んでいたので、次回は、ゆったり泊りで堪能しようと誓いました♪

 

まともに食事も取れていなかったので…帰りは、少し贅沢に…

その3…松阪温泉 熊野の郷

お風呂を堪能し、食事も堪能♡

こりゃ、また太りますなwww

王道の照り焼きチキン↑㊤

 

なんじゃこりゃ~!!

ハムピザのハムの量が尋常じゃない!!!↓㊦

 

極め付けに…松阪牛のステーキ♡

この写真を見て、お腹空いた人へ…ごめんなさい(笑)

 

日帰りプランとしては、かなり上出来だったのではないでしょうか?

まぁ、おまけなので(笑)

 

 

【まとめ】世界遺産・異世界の玉置神社の謎とは…

 

イーリスファミリーのとある1日にお付き合い下さいまして、ありがとうございました。

レイちゃんの登場…微妙な仕上がりでしたねwww

まぁ、マイペースな子なので、ご愛嬌で♡

 

<検証結果>

異世界の謎…そこは、時が止まったように大切に守り続けられている領域であった。

あなたの必要な時にだけ、道が拓かれる。

招かれなかったことは、不幸とは限らない。

 

雪の沢山降る地域ということで、下調べや準備の不十分だった方には、地元のおじいさんが涙を飲んで「帰れ」と諭してくれる人情溢れる村の方々です。

 

とても美味しい売店まで完備された神社の駐車場。

 

人里離れたのに、人の愛を沢山受け取れる場所でした。

 

そして、どれほどの時を経ても守られ続けてきた壮大な世界遺産、玉置神社があるのです。

 

人の愛あってこそ、現代まで守られてきたことでしょう。

 

もしも、上手くたどり着けなかった日には…

「下調べを怠るのは良くないですよ!」

というメッセージだったり

 

「あなたの向き合うべき問題を見落としてはいけません」

というメッセージが込められているのかもしれませんね。

 

 

実際…玉置神社に行けたから、運気が良くなったと言うことは、ありません。

寧ろ、向き合わなければいけない問題と対峙する勇気を与えられたと思っています。

 

パワースポットが、宝くじのような機能を果たすかどうかは…別問題と言うことです。

 

しっかり、自分の見据えるものを見据え、向き合っていく。

その後を押すための決意の場所かもしれませんね★

 

 

<今回訪れた場所のご案内>

・玉置神社は、こちら

・瀞峡は、こちら

・瀞ホテルは、こちら

・松阪温泉 熊野の郷は、こちら

 

 

おみくじについて気になる方は、こちらもどうぞ

縁結びが気になる方は、こちらもどうぞ

願いを叶えるには…どうすると良いのでしょうか?

 

 

 

最後まで読んで下さり、ありがとうございました。

気に入って頂けましたら、シェアして下さると嬉しいです♡

 

The following two tabs change content below.

Iris(イーリス)

サイト オーナー

このサイトに描かれていることは、理想論でもなく、空想でもなく、すべて私の経験と知識によって得たものを表現しています。

勘違いされがちなのは、悩みもなく生きている「私(イーリス)」という誤解です。幸せとは呼べない過去があり、苦しい経験を沢山しました。今も悩みはありますし、失敗ももちろんするのです。

それでも、どう生きるべきなのか、日々考え行動するからこそ、得られる喜びがあるのです。

最初から順風満帆な人などいないのです。

幸せは、やってくるものではなく…「自ら掴みに行く」ものなのです。

詳しいプロフはこちら

<私が行うサービス>

自分の幸せな生きるべき道を探すための自分との向き合い方を提案しています。

「ただの愚痴から、私の人生を変えたい」そんな人に活用して欲しいです。

それが幸せになるスタイルです。

晴咲心セラピーはこちら

 

ただ、本を読む

ただ、記事を読む

ただ、ネットで答えを探し回る…

それでも答えが見つからない人は、何かが足りていない。

そんなあなたが考えるべき視点って、何だろう?

 

 

 
この記事を書いている人 - WRITER -

このサイトに描かれていることは、理想論でもなく、空想でもなく、すべて私の経験と知識によって得たものを表現しています。

勘違いされがちなのは、悩みもなく生きている「私(イーリス)」という誤解です。幸せとは呼べない過去があり、苦しい経験を沢山しました。今も悩みはありますし、失敗ももちろんするのです。

それでも、どう生きるべきなのか、日々考え行動するからこそ、得られる喜びがあるのです。

最初から順風満帆な人などいないのです。

幸せは、やってくるものではなく…「自ら掴みに行く」ものなのです。

詳しいプロフはこちら

<私が行うサービス>

自分の幸せな生きるべき道を探すための自分との向き合い方を提案しています。

「ただの愚痴から、私の人生を変えたい」そんな人に活用して欲しいです。

それが幸せになるスタイルです。

晴咲心セラピーはこちら

スポンサーリンク

スポンサーリンク




Copyright© 幸せになるスタイル AYAME , 2018 All Rights Reserved.