心を癒やし導くセラピスト・東洋医学のスペシャリストが提唱する

犬山の継鹿尾観音 寂光院は別名紅葉寺と言われるほどの絶景スポット!

 







この記事を書いている人 - WRITER -

Your Life Advisor.

アドラー心理学専攻・東洋医学専攻・介護福祉士。

人生幸せ学研究家・スピリチュアルと日常の繋がり研究家・断食と健康の研究家。

夫と3人の子どもを育てる母を両立奮闘中!!

詳しいプロフィールはこちら。

「もみじ」と言えば…紅葉の時期の秋を思い浮かべますよね。

しかし、春に青もみじを見るのも乙でいいんですよ!

秋の紅葉も情緒があって素敵ですが、活力に満ちた春の陽気いっぱいの青紅葉は、生命の活気を浴びることができます。

山には、四季折々の楽しみ方がありますよね!

 

まだまだ、お寺巡りも初心者の私たちですが、仏様に手を合わせて巡る習慣は、本当に心が洗われるものです。

心のリフレッシュと、神聖な気を浴びることで、疲れる部分を併せ持つ不思議さがありますが、季節の「気」を頂くことも取り入れてみてはいかがでしょうか?

 

というわけで、家族みんなで、青もみじ狩りに行って来ました★

今回は、初のお出掛けレポートを書いてみたいと思います!

 

 

本日の目的地…犬山継鹿尾観音  寂光院

 

犬山継鹿尾(つがお)観音  寂光院(じゃっこういん)へ行って来ました!

専ら、最近の我が家のお出掛けスポットは、寺社巡りをしております。

私の気づきのヒントや、学びのヒントは、寺社巡りをすることからも頂いております。

 

いや、本当に感謝いっぱいな経験をさせて頂いております♡

 

 

駐車場に着いたら、そこは、別世界…

 

寂光院は、山と一体化した霊格のあるお寺です。

かの有名な織田信長も訪れた事があるんだとか…

 

ならば、私たちも、その景色を堪能しようじゃないか!と、いざ愛知県犬山市へと向かいました。(東海地方は、織田信長、豊臣秀吉、徳川家康所縁の地が多いのです)

もみじ

こちらが、駐車場から見える景色、第1号のもみじです!

季節は、5月なのに赤いもみじもあって、何とも不思議な感覚になりました。

山ツツジ

上を見れば、サツキが綺麗なピンクの花を咲かせていたり、

シャガ、アヤメ

下を見れば、アヤメ科のシャガが咲いています。

AYAMEを運営している私たちにとって、アヤメを発見すると、テンションが上がります(笑)

もみじでら、入口ここから、森林浴を楽しみながら、お寺へと歩いて行きます。

入口から、森林浴が楽しめるのも乙ですよね★

参道、景色参道の中は、それほど険しくない階段と舗装された道が続いています。

参道の中は、川が流れているので、マイナスイオンもたっぷりで、心地よい音と空気が出迎えてくれます。

 

 

参道を通って、境内に…お参りの作法★

 

・手水舎にて、手と口を清めます。

(柄杓に汲んだ一杯の水で、左手、右手、左手をお皿にし、口をすすぎ、左手、最後に柄杓の柄に残りの水をかけ、次の人に清めて終了)

 

・塗香(ずこう)を持っている方は、塗香をつけましょう。

(私は、塗香の粉が気になるので、御線香を立てる場所で、つけさせてもらったり、今回のように参道のある所は、入口に入る前につけます)

※塗香は、穢れを除くために使います。

<塗香の使い方>

手のひらに一つまみのせ、おせんべい焼きのように左・右・左と両手を合わせて返します。

手を揉み合わせ、頭の先から、つま先まで清めるイメージで使用します。

実際に頭の上から、つま先まで清めてもOK。

私たちのように小さな子どもを連れている方の場合は、自分を清めた後に、お子さんの頭から、つま先までを撫でるように清めてあげれば良いですよ☆

 

 

・基本は、御本堂を1番先にお参りします。

 

・ろうそくと線香に火をつけます。

(持参するようにすると、経済的なのと、途中にある仏様にお参りする時に、いつでもつけられます)

 

・鐘を鳴らし、お参りさせていただく、意を表します。

 

・お賽銭をそっと入れます。

(※投げ入れるのは、神様、仏様に物を投げつけるのと同じです!金額は、管理をして下さっている方に対するお気持ちです。)

 

・御真言が書いてある場合は、3回or7回唱えます。

(仏様に対する御真言は、仏様毎に決まっています。知らない方は、御真言の札を見つけたら、唱えるようにするといいですよ!合わせられる方は、仏様毎に唱えましょう)

 

・お寺の場合は、一礼合掌です。

(手を叩く作法は、神社で行います。その場合は、二礼二拍手一礼を)

 

・いきなり、お願い事をするのではなく、日頃の感謝を伝え、住所、名前を告げた上で、お願い事等をしましょう。

おみくじを引く場合は、その旨も伝えましょう!

 

これを覚えれば、お参りマスターになれますよ!

 

 

では、御本堂へ向かいましょう!

 

身を清めたら、御本堂に向かいます。

 

御朱印を集めていらっしゃる方は、御本堂にお参りしてから、行きましょう!

 

スタンプラリーのように集める方がいるようですが、お寺でいただく、御朱印は、ご納経と言って、お経と同じ、仏様の功徳をいただくのです。

 

神社の場合は、お守りとしていただくという、それぞれ意味があります。

 

御本堂まで上がれない方のために、寂光院では、境内に入ってすぐ、千手観音様のお堂があります。

 

これより先には、火気厳禁となっていますので、ろうそく、御線香は、こちらで灯しましょう。

(ろうそく・御線香の使用有無は、各お寺の指示に従いましょう!)

こちらのお寺は、先にこのお堂でお参りしてからでもいいと思います。

 

注意、看板御本堂に向かうには、300段の階段があります。

急いで登れば…15分

ゆっくり登れば…5分

とても、深い看板もありました。

そして、この写真の看板は、素晴らしいお言葉ですよね!さすが、お寺、語る言葉に「愛」を感じます。

七福坂、階段御本堂へ続く300段の階段の途中には、七福神様がお出迎えして下さっています。

そして、中間ほどの場所には、不動明王様のお堂もあります。

石碑

有難いお言葉の彫られた石碑があったり、途中、福徳稲荷というお社があったり、お地蔵様がいらっしゃったりするので、300段の階段も有難く登ることができます。

 

 

御本堂に到着!

 

登り終えると、ようやく御本堂に到着です。

除夜の鐘こちらのお寺では、お賽銭を入れさせていただくと、除夜の鐘を突くことができます。

気持ちをしっかりと込めて、鳴らさせていただくことで、仏様にお会いする感謝も込めれますね!

寂光院、御本堂寂光院の御本堂には、御本尊様は、千手観音様。その右手に不動明王様、左手に毘沙門天様がいらっしゃいます。

 

その他、大黒天様、お賓頭盧(おびんずる)様がいらっしゃいます。

 

そして、御本堂の左手には、大随求(だいずいく)菩薩様がいらっしゃいます。

 

この大随求菩薩様のお参りは、護摩木を持ち、御真言、般若心経を唱え、三周廻ることで、願い事が叶うという仏様です。

 

私たち以外の参拝客の方は、そのまま廻っていらっしゃいましたが、同じ廻るなら、作法をしっかりと守ることが大切だと思います。

 

恥ずかしがっていたら、神様は…どう思うのかしら?

 

 

御本堂の周りは、壮大な景色が広がっている!

 

300段の階段を登ってきた御本堂の周りには、壮大な景色が一望できます。

織田信長

この景色が、織田信長も眺めたと言われているのです。

織田信長、景色織田信長、景色織田信長、景色少し曇っていたので、雲が多いですが、壮大な景色が広がっていました。

写真からは、分かりにくいですが、目の前には、モンキーパークや犬山城が見えます。

そして、左手には、名古屋駅のビルも見ることができました。

 

 

御本堂の奥に続くのは、霊山の修行場として、山道が続く…

 

ここからが、山道も本番となっていきます。

 

体力に自信のない方は、御本堂の裏にある、お釈迦様の手足に触れたり、少し上がって、弁財天様、馬鳴(めみょう)菩薩様を拝んで行かれるとよろしいかと思います。

どちらの神様、仏様も才能に御利益があると云われています。

寂光院、山道なだらかな道かと思うと…

寂光院、山道このような岩道が険しく続いています。

寂光院、山道このような、トトロに逢えるかも?!と、思うような道があったりします。

寂光院、御嶽神社私たちは、この御嶽神社で、引き返しました。さすがに、娘をおんぶしての登山は、キツイものがありました。

まだまだ先があるので、体力に自信のある方は、頂上目指すのもいいですよ!

 

 

帰り道は、御本堂〜駐車場まで、スロープカー

 

実は、御本堂までの間をスロープカーというものが走っています。

寂光院、スロープカー

1人200円、6人乗りです。

中は、山道を走るエレベーターのようになっています。

子どもたちも興味津々なので、下りに乗らせていただきました。

寂光院、スロープカー、景色スロープカーから眺める景色も、また素晴らしいものがありました。

途中、中間の不動明王様のお堂で、下車することも可能です。

寂光院、大師様寂光院を後にして、駐車場に戻る参道に戻る際も、お大師様がお見送りして下さるという粋の良さは、本当に最後まで有難いものです。

 

 

帰宅する前に、不老滝にも寄ろう!

 

寂光院を堪能させていただいた私たち

車で自宅へとカーナビをセットしようと思い、地図を眺めると…

どうやら、近くに不老滝というものがあるのを発見!

1キロくらいのところです。

不老滝これが、不老滝です。

大きな滝ではありませんが、穴場のパワースポットのようです★

不老滝下まで降りることができたこで、下からの景色です。

水に触れさせていただくことを、断り、触れさせていただきました。

この頃、腕輪タイプの数珠は、清らかな水で、浄化させていただくことにしています。

自然のパワーは、素晴らしいです。

水に潜らせていただいただけなのに、石が力を取り戻すかのように生き返ります。

 

 

【まとめ】山のある神社やお寺にお参りする時の服装や持ち物

 

<服装>

格式のある神社やお寺が山と一体化している場合、正装をして出掛けては、奥の院にいくことが難しかったり、今回の寂光院のように、山道と併設された霊山である場所も多くあります。

 

しっかりと、下調べをしてから出掛ければ良いのですが、実際着いてビックリすることもあるかもしれません。

 

神宮と呼ばれるような神社は、正装をして出掛ければ間違いないでしょう。

 

私たちは、日頃寺社参りに出掛ける時には、ジャケット等を羽織っても、足元は、スニーカーを履いて行きます。

 

前述したように、奥の院に行くのに足場の悪いところだったり、お寺だとミニお遍路があったりするので、歩き慣れた運動靴等が無難です。

 

中には、しっかりと登山用の身なりでいらっしゃる方もいますよ!

 

そして、通りすがる方とは、心を込めて、時の挨拶をします★日常で、すれ違う人と時の挨拶をすることは、知り合いでないと出来ないかもしれませんが、寺社巡りで出会う方と、時の挨拶をするのも楽しみの一つです。

 

<持ち物>

ご朱印帳、数珠、線香、ろうそく、塗香

これは、実際私が持ち歩いている寺社参り専用グッズです。

・数珠

・塗香

・お線香

・ろうそく

・ご朱印帳(神社用・お寺用)

 

<本日の目的地のおさらい>

犬山継鹿尾(つがお)観音  寂光院(じゃっこういん)

寂光院公式HPページは、こちら

 

いかがでしたでしょうか?今回は、私たちの日常生活の1コマをお届けいたしました。

心が穏やかになれば、日常生活が上手くいき、楽しくなります!

そんな私たちの生き方が伝われば嬉しいです★

 

 

最後まで、読んで下さりありがとうございました!

気に入って頂けましたら、シェアして下さると嬉しいです♡

 

この記事を書いている人 - WRITER -

Your Life Advisor.

アドラー心理学専攻・東洋医学専攻・介護福祉士。

人生幸せ学研究家・スピリチュアルと日常の繋がり研究家・断食と健康の研究家。

夫と3人の子どもを育てる母を両立奮闘中!!

詳しいプロフィールはこちら。

<電子書籍のご案内>

AYAMEでは、イーリス著書の電子書籍を出版しています。

第一弾は

「依存は癖と束縛の言い訳」

依存問題にに悩む方必見です。

依存と束縛は、切っても切り離せない問題でもあります。

 

第二弾は

「幸せになる」暗示をかけましょう!

幸せになっていくために必要なノウハウを1冊の本にまとめました。

あなたもこれを読んで、幸せを掴んでいって下さい。

第三弾は

「あなたと私の上手な付き合い方」

対人関係の問題はどうして起こるのか?

それを解くカギはあるのか?

対人関係の問題に着目した一冊です。

お得に電子書籍を読みたい方は…

Amazonの

Kindle Unlimited会員になろう!!

AYAME BOOKSが無料で読めちゃう?!

 

 

「自分のことを好きになるために」行動したくありませんか?

ふと、気づくと・・・

「こんな自分が嫌だ!!」

そう思ってしまうことって、ありませんか?

・誰かに求めてばかりの私

・〇〇のせいにこだわって、前に進めない私

・自分のやったことを責め続ける私

・自分に自信が持てない私…etc…

常にネガティブな思考に陥りがちで、何かのせいにしてしまうことを毎日のルーティンにしていませんか?

 

あなたのルーティンを1つずつ変えていくことができたら・・・

どんな自分が未来に待っているでしょうか?

 

しかも、それが無料で、できたら?

 

 

<メルマガ機能は、Twitterへ>

これまで、毎週発行していたメルマガ配信をTwitterにて展開中です。

週に1回のメルマガより、ほぼ毎日更新されるツイートをどうぞご覧下さい。

人生に役立つ内容をツイート中!!

フォローの方もよろしくお願いします。

気になるキーワードで検索

あなたに合った記事が見つかるかも!検索してみて下さい。

Copyright© 幸せになるスタイル AYAME , 2017 All Rights Reserved.