2018/09/06

仲が良かったはずなのに、嫌いな人。つき合い方のコツはたった1つ!!

 




この記事を書いている人 - WRITER -

このサイトに描かれていることは、理想論でもなく、空想でもなく、すべて私の経験と知識によって得たものを表現しています。

勘違いされがちなのは、悩みもなく生きている「私(イーリス)」という誤解です。幸せとは呼べない過去があり、苦しい経験を沢山しました。今も悩みはありますし、失敗ももちろんするのです。

それでも、どう生きるべきなのか、日々考え行動するからこそ、得られる喜びがあるのです。

最初から順風満帆な人などいないのです。

幸せは、やってくるものではなく…「自ら掴みに行く」ものなのです。

詳しいプロフはこちら

<私が行うサービス>

自分の幸せな生きるべき道を探すための自分との向き合い方を提案しています。

「ただの愚痴から、私の人生を変えたい」そんな人に活用して欲しいです。

それが幸せになるスタイルです。

晴咲心セラピーはこちら

嫌いになった理由を元に考える…

最初から、嫌いと言える人というのは、本来いないはずです。

もし、ロクに付き合ったこともないのに”嫌い”と思う人がいるのであれば、それは”苦手な人”という方が正しいと思います。

その人を知らないのに、もし、”嫌い”と決めつけてしまっていたら、心の中でいいので謝ることをお勧めいたします★

嫌いになるには、何らかのトラブルが発生した後に、言える言葉かもしれませんね。

それでも、基本的には、嫌いというよりは、”苦手”の方が心理的には、正しいのかもしれないなぁとこの頃思います。

意識改革一つで楽になれる

自分の思いどころで、とても楽になれる方法があることを最近気づきました。

この方法を知ったら、1人でニヤニヤしてしまいました(笑)

仲の良かった頃を、思い出す

親友、友達

その対象になる人と、嫌いになる理由があったから、今が”嫌いな人”や”苦手な人”という言葉が現在あるのだと思います。

特に友人関係の場合は、仲の良かった頃という過去があることが多いと思います。

その中の良かった頃や、元々好きだった相手のことを思い出してみましょう。

いつも自分のことを気にかけてくれる人だったとか、面白い発想の人だったとか、真っ直ぐな人だったなぁ…など、いろんな良かった点というのが出てくると思います。

良かった点が出せたら、あとは心持ちを変えるだけ

私が提示した方法で、相手を見つめると…きっと楽しかったなぁ~という懐かしさのようなものを思い出せた方もいらっしゃると思います。

つまり、何らかのトラブル等が起きる前にタイムトリップすればいいという、単純な話です。

尊敬していた筈の誰かでも、付き合っていた恋人への嫌悪感でも同じです。

何かを失った結果に起きた負の感情については、負の感情を抱く前に戻るだけです。

その頃、相手に想っていた自分の気持ちって、どのように感じられますか?

私の場合、とあるYさんを例題にしてみます。

”あぁ、Yさんって、こんな素敵な人だったな!いつも、気にかけてくれる心配性な人だったなぁ~いつだったかは、私の気持ちに対して涙を見せるほど、感情の表現が強い人だったな~そして、一生懸命他人想いなところがあったな”

このような印象を思い出しました。

その当時に全てをトリップさせてみると、微笑ましくYさんの事を思い返すことができました。

好きだった気持ちを思い出せたら、その気持ちの維持が秘訣

自分の中で、相手の良かった点・好きだった点を思い返します。

この点を思い浮かべれることができたら、本質的に自分の中で”相手を赦す”ことにも繋がると思いませんか?

現実問題、自分から関わりを持たなくても大丈夫です。

まず、良かった過去まで戻ることが大切なのです。

過去の気持ちを取り戻すことができたら、その気持ちを自分の心理に教え直してあげましょう。

赦せないことがあったかもしれません。

でも、それは、ちょっと押し入れにでもしまっておきましょう。

過去に戻った気持ちのままで、相手と会うことを想像してみましょう。

あら?不思議とそれまであったトラウマって消えるような気がしませんか?

苦手・嫌い…と思って、悪いことをしていないのに避けてしまう…

そんな必要なく、堂々とその人に挨拶さえ出来てしまうのでは?と思いませんか?

でも、時の挨拶をすることは、礼儀として日本の文化でありますよね。

その時の挨拶さえ交わすことなく去ってしまいがちな問題が対人関係だと思います。

自分から、スパッと「こんにちは!」なんて言えちゃうような勇気が持てるまで、イメージできれば成功です。

相手を愛することが出来たら、あなたの成長です

このイメージトレーニングのような方法で、私が見えるのは、もう一度相手が愛おしく思えることです。

大切な友達と思っていた記憶が蘇りました。

けれど、現実は、特に関わろうと思っていません。

でも、その人が…もし、目の前で困っていたら…

イメージトレーニングする前の自分であったら、素通りしてしまう可能性って高いと思いませんか?

しかし、イメージトレーニングできていたら、サラッと「大丈夫?どうしたの?」と声を掛けることって簡単だと思いませんか?

このイメージトレーニングから、声を掛けることができる自分に成長することができると、それまでの問題を赦すことが可能になり、その人を愛することが出来ると思います。

愛するという言葉は、視野が広く、特定の恋人や家族だけを指すものではありません。

相手のことを想えることこそが、愛することです。

本日も読んで下さり、ありがとうございます。

 

The following two tabs change content below.

Iris(イーリス)

サイト オーナー

このサイトに描かれていることは、理想論でもなく、空想でもなく、すべて私の経験と知識によって得たものを表現しています。

勘違いされがちなのは、悩みもなく生きている「私(イーリス)」という誤解です。幸せとは呼べない過去があり、苦しい経験を沢山しました。今も悩みはありますし、失敗ももちろんするのです。

それでも、どう生きるべきなのか、日々考え行動するからこそ、得られる喜びがあるのです。

最初から順風満帆な人などいないのです。

幸せは、やってくるものではなく…「自ら掴みに行く」ものなのです。

詳しいプロフはこちら

<私が行うサービス>

自分の幸せな生きるべき道を探すための自分との向き合い方を提案しています。

「ただの愚痴から、私の人生を変えたい」そんな人に活用して欲しいです。

それが幸せになるスタイルです。

晴咲心セラピーはこちら

 

イーリスからのお知らせ

人は、苦しむ方向に考えることが得意なのかもしれない。

前向きになる方法を受け止めることは、最大の恐怖と感じるかもしれない。

誰しも幸せになりたいと願うのに…矛盾した思考と行動に翻弄される。

「自分を変えたい」と願う人の心のパーソナルトレーナーをしています。

思考・行動の改善方法、目を向けるべき視点の提案を行っています。

 

♣晴咲心っ子♣

毎週日曜日にメルマガを発行しています。(購読無料)

ご質問・ご意見・ご要望等もお待ちしております!

無料で回答できるのは、ジムトレーナーに例えると、器具の使い方までです。

人生で行けば、向けるべき視点の方向性までお答えします。

 

晴咲心っ子アカウントは、こちらから

↓ ↓ ↓

友だち追加

 

 

 

<電子書籍販売開始>

 

第一弾は

「依存は癖と束縛の言い訳」

依存は癖と束縛の言い訳: うつ病、不安神経症、パニック障害と診断されたわたし (AYAMEブックス)

ご興味のある方は、是非読んで下さいね!

 
この記事を書いている人 - WRITER -

このサイトに描かれていることは、理想論でもなく、空想でもなく、すべて私の経験と知識によって得たものを表現しています。

勘違いされがちなのは、悩みもなく生きている「私(イーリス)」という誤解です。幸せとは呼べない過去があり、苦しい経験を沢山しました。今も悩みはありますし、失敗ももちろんするのです。

それでも、どう生きるべきなのか、日々考え行動するからこそ、得られる喜びがあるのです。

最初から順風満帆な人などいないのです。

幸せは、やってくるものではなく…「自ら掴みに行く」ものなのです。

詳しいプロフはこちら

<私が行うサービス>

自分の幸せな生きるべき道を探すための自分との向き合い方を提案しています。

「ただの愚痴から、私の人生を変えたい」そんな人に活用して欲しいです。

それが幸せになるスタイルです。

晴咲心セラピーはこちら

スポンサーリンク

スポンサーリンク




Copyright© 幸せになるスタイル AYAME , 2017 All Rights Reserved.