心を癒やし導くセラピスト・東洋医学のスペシャリストが提唱する

仲が良かったはずなのに、今じゃ嫌いな人とのつき合い方のコツはたった1つ!!

 







この記事を書いている人 - WRITER -

Your Life Advisor.

アドラー心理学専攻・東洋医学専攻・介護福祉士。

人生幸せ学研究家・スピリチュアルと日常の繋がり研究家・断食と健康の研究家。

夫と3人の子どもを育てる母を両立奮闘中!!

詳しいプロフィールはこちら。

嫌いになった理由を元に考える…

最初から、嫌いと言える人というのは、本来いないはずです。

もし、ロクに付き合ったこともないのに”嫌い”と思う人がいるのであれば、それは”苦手な人”という方が正しいと思います。

その人を知らないのに、もし、”嫌い”と決めつけてしまっていたら、心の中でいいので謝ることをお勧めいたします★

嫌いになるには、何らかのトラブルが発生した後に、言える言葉かもしれませんね。

それでも、基本的には、嫌いというよりは、”苦手”の方が心理的には、正しいのかもしれないなぁとこの頃思います。

意識改革一つで楽になれる

自分の思いどころで、とても楽になれる方法があることを最近気づきました。

この方法を知ったら、1人でニヤニヤしてしまいました(笑)

仲の良かった頃を、思い出す

親友、友達

その対象になる人と、嫌いになる理由があったから、今が”嫌いな人”や”苦手な人”という言葉が現在あるのだと思います。

特に友人関係の場合は、仲の良かった頃という過去があることが多いと思います。

その中の良かった頃や、元々好きだった相手のことを思い出してみましょう。

いつも自分のことを気にかけてくれる人だったとか、面白い発想の人だったとか、真っ直ぐな人だったなぁ…など、いろんな良かった点というのが出てくると思います。

良かった点が出せたら、あとは心持ちを変えるだけ

私が提示した方法で、相手を見つめると…きっと楽しかったなぁ~という懐かしさのようなものを思い出せた方もいらっしゃると思います。

つまり、何らかのトラブル等が起きる前にタイムトリップすればいいという、単純な話です。

尊敬していた筈の誰かでも、付き合っていた恋人への嫌悪感でも同じです。

何かを失った結果に起きた負の感情については、負の感情を抱く前に戻るだけです。

その頃、相手に想っていた自分の気持ちって、どのように感じられますか?

私の場合、とあるYさんを例題にしてみます。

”あぁ、Yさんって、こんな素敵な人だったな!いつも、気にかけてくれる心配性な人だったなぁ~いつだったかは、私の気持ちに対して涙を見せるほど、感情の表現が強い人だったな~そして、一生懸命他人想いなところがあったな”

このような印象を思い出しました。

その当時に全てをトリップさせてみると、微笑ましくYさんの事を思い返すことができました。

好きだった気持ちを思い出せたら、その気持ちの維持が秘訣

自分の中で、相手の良かった点・好きだった点を思い返します。

この点を思い浮かべれることができたら、本質的に自分の中で”相手を赦す”ことにも繋がると思いませんか?

現実問題、自分から関わりを持たなくても大丈夫です。

まず、良かった過去まで戻ることが大切なのです。

過去の気持ちを取り戻すことができたら、その気持ちを自分の心理に教え直してあげましょう。

赦せないことがあったかもしれません。

でも、それは、ちょっと押し入れにでもしまっておきましょう。

過去に戻った気持ちのままで、相手と会うことを想像してみましょう。

あら?不思議とそれまであったトラウマって消えるような気がしませんか?

苦手・嫌い…と思って、悪いことをしていないのに避けてしまう…

そんな必要なく、堂々とその人に挨拶さえ出来てしまうのでは?と思いませんか?

でも、時の挨拶をすることは、礼儀として日本の文化でありますよね。

その時の挨拶さえ交わすことなく去ってしまいがちな問題が対人関係だと思います。

自分から、スパッと「こんにちは!」なんて言えちゃうような勇気が持てるまで、イメージできれば成功です。

相手を愛することが出来たら、あなたの成長です

このイメージトレーニングのような方法で、私が見えるのは、もう一度相手が愛おしく思えることです。

大切な友達と思っていた記憶が蘇りました。

けれど、現実は、特に関わろうと思っていません。

でも、その人が…もし、目の前で困っていたら…

イメージトレーニングする前の自分であったら、素通りしてしまう可能性って高いと思いませんか?

しかし、イメージトレーニングできていたら、サラッと「大丈夫?どうしたの?」と声を掛けることって簡単だと思いませんか?

このイメージトレーニングから、声を掛けることができる自分に成長することができると、それまでの問題を赦すことが可能になり、その人を愛することが出来ると思います。

愛するという言葉は、視野が広く、特定の恋人や家族だけを指すものではありません。

相手のことを想えることこそが、愛することです。

本日も読んで下さり、ありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -

Your Life Advisor.

アドラー心理学専攻・東洋医学専攻・介護福祉士。

人生幸せ学研究家・スピリチュアルと日常の繋がり研究家・断食と健康の研究家。

夫と3人の子どもを育てる母を両立奮闘中!!

詳しいプロフィールはこちら。

<電子書籍のご案内>

AYAMEでは、イーリス著書の電子書籍を出版しています。

第一弾は

「依存は癖と束縛の言い訳」

依存問題にに悩む方必見です。

依存と束縛は、切っても切り離せない問題でもあります。

 

第二弾は

「幸せになる」暗示をかけましょう!

幸せになっていくために必要なノウハウを1冊の本にまとめました。

あなたもこれを読んで、幸せを掴んでいって下さい。

 

 

「自分のことを好きになるために」行動したくありませんか?

ふと、気づくと・・・

「こんな自分が嫌だ!!」

そう思ってしまうことって、ありませんか?

・誰かに求めてばかりの私

・〇〇のせいにこだわって、前に進めない私

・自分のやったことを責め続ける私

・自分に自信が持てない私…etc…

常にネガティブな思考に陥りがちで、何かのせいにしてしまうことを毎日のルーティンにしていませんか?

 

あなたのルーティンを1つずつ変えていくことができたら・・・

どんな自分が未来に待っているでしょうか?

 

しかも、それが無料で、できたら?

 

 

<メルマガ機能は、Twitterへ>

これまで、毎週発行していたメルマガ配信をTwitterにて展開中です。

週に1回のメルマガより、ほぼ毎日更新されるツイートをどうぞご覧下さい。

人生に役立つ内容をツイート中!!

フォローの方もよろしくお願いします。

 

あなたに合った記事が見つかるかも!検索してみて下さい。

Copyright© 幸せになるスタイル AYAME , 2017 All Rights Reserved.