心を癒やし導くセラピスト・東洋医学のスペシャリストが提唱する

心の整理は断捨離と同じ!デトックスさせて、後ろ向きな私を捨てる!!

 







この記事を書いている人 - WRITER -

Your Life Advisor.

アドラー心理学専攻・東洋医学専攻・介護福祉士。

人生幸せ学研究家・スピリチュアルと日常の繋がり研究家・断食と健康の研究家。

夫と3人の子どもを育てる母を両立奮闘中!!

詳しいプロフィールはこちら。

自分を変えたいのなら…

心の整理(デトックス)を優先させよう!

 

「いろんな物事を上昇志向にさせたい」こんな願望を持つ人は、とっても多いものです。

口にするのは、簡単。

 

何が難しいって…実践して、何かを変えることが苦手な人間です。

 

でも、今のままじゃ満足できないし、嫌なんだ。

そんなことを悶々と考える…一体どうしたらいいんだろう?

 

部屋を片付けるために、先に整えておきたいのは…心。

そんなに注目していきましょう。

そして、日常生活を円滑に送るにも、心の安定は、とっても大切です。

 

こんなあなたに読んで欲しい

心に溜まる毒素を排出したいけれど、排出方法のわからないあなた

変わりたいと思うことはあるのに、何一つ変えられないあなた

動き出すためにどうしたらいいかわからないあなた

 

【AYAME3コマ劇場】

1.心のモチベーション下降気味の時の特徴

2.心のモチベーションが下降していると、些細な事で不満を口にしてしまっている?!

3.デトックスの仕方を知っている人は、空が明るくなることを知っている

 

そんなのキレイ事だ!

私には無理!!

そんな簡単に変われるわけがない!!!

 

そんな気持ちを持っていてもいいんですよ。

その気持ちがなければ、これから先のコラムを読む意味がない。

もがいて、辿り着いて下さったあなた…ありがとう♡

 

そんなあなたの心の紐を解いていきましょう。

 

 

願望を持つこと・述べることは得意なのに…実行できないのはなぜ?

 

もっと、明るい私だったらいいのに…

もっと、積極的になれたらいいのに…

もっと、人付き合いが上手だったら、寂しくなかったのに…

 

落ち込む、ネガティヴ

過去のことをこだわらない私がいたら良かったのに…

 

あの人は、いつだって、楽しそう…

私は、いつも楽しくない。

 

あの人は、いつも沢山の人に囲まれてる…

私は、いつも独りぼっち…

 

こんな私…嫌だ…

 

 

どんな心境でも、心を整理して、それまでの想いをデトックス(排出)させることは、できるんだろうか?

 

自分の味方でさえいることをやめてしまいたくなるほど、深い闇に覆われてしまったら、そこから抜け出すことは出来ないのでしょうか?

 

デトックスさせる意義を知れば、あなたも抜け出すことは可能なんですよ!

 

その意義について、1つずつお話していきますね。

 

 

「心が不安定では、動力が生まれない」この仕組みを知ってまずは、納得することからスタート!

 

心がザワザワして、立ち止まってしまうことって…誰しもあるものです。

そんな時に…自分自身で追い打ちをかけてしまう。

脳裏に浮かぶ、真逆のあの人…

「あの人には、そんなものあるわけがない!」

妙な苛立ちに苛まれ、更に苦しくなる…。

 

身近にいる人に、羨ましいという気持ちだけ感じ、自分を振り返り、更に落ち込むことって、あるあるですよね。

しかも、羨ましいなんて気づいたら、もっと動けなくなってしまう…。

 

<心は体の活動エネルギー!>車で例えるなら…心はガソリン

 

ガソリンで走る車は、ガソリンがどれだけ入っているのか、メーターを見ればわかりますよね。

 

でも、心のメーターを見る機械は、残念ながら開発されていないからわからない。

 

もしも、エンプティを表示させることが出来たら、誰かが優しくしてくれるかもしれない。

 

そんな想像をしても…悲しくなりますね。

 

でも、実際に活動的に動くには、心が充足していないと動けません。

最近、体に異常はないのに、自分の動きが鈍くなったなと感じたり、いろんな物事が億劫に感じた時には、心の電池切れかも?と、疑ってみると…思い当たることがあるかもしれませんね。

 

 

まるで「天使と悪魔」が住みついてる?!あなたはどっちに従う?

 

「もっと、社交的な私になりたい」

 

こんな願望を抱いた時…

 

無意識の世界で、天使と悪魔が喧嘩を始めます。

 

天使は

「勇気を持って、今度あの人にご飯行こう!って誘ってみよう」

そんな思考を送ります。

 

 

 

しかし…

 

 

 

悪魔は

「断られたらどうする?断られるくらいなら、行動しない方がマシなんじゃない?」

即座に、こんな思考を送ります。

 

いつも私たちは、まるで、天使と悪魔に操られているかのように、無意識に対極的な志向に振り回され、更に、心が不安定となり、動くことをブロック(阻止)してしまっているんです。

 

更に、動けなくなってしまう、ブロック材料は「過去」にもあります。

次に過去の出来事についてお話します。

 

 

過去の出来事の清算と踏ん切りこそがデトックスとなる

 

先に書いた話は、時系列的には、過去の影響を受けてブロック(阻止)してしまっている物事となります。

では、更に時間を戻して、過去に焦点を当ててみましょう。

過去の出来事を清算したり、踏ん切りをつけることは、一見難しいですよね。

過去を直視することは、自分の最大の弱点を抉られるような気持ちになる。

その原因は、一体どんなものなのでしょうか?

正体を見てみましょう。

 

<終わったことが認められない>過去進行形を「現在形」に変換することの大切さ

 

過去のない人など、1人として存在していません。

誰しもが、過去の上に今があり、未来があるのです。

 

 

ある日の、あの出来事…

 

心から忘れ去ることができない

 

そんなあなたに…

 

その出来事は、現在も続いているのでしょうか?

 

辛かったかもしれませんね。

 

現在は、どんな状況なのでしょうか?

 

現在も続いているのなら、それは「今」の苦しみです。

現在は、続いていないことなら、それは「過去」の苦しみです。

 

 

「自分と他人」の存在を切り分け、そして、認めることから始める大切さ

 

過去の苦しみは、自分だけ…ということは、少ないものです。

大半は、あなた以外の誰かが関わっているでしょう。

 

 

あの人は、どうして?

 

 

過去の他人の言動をこだわる人が多いです。

 

あの人が変わらないから、私は変われない。

こんな公式のようなものを成立させてしまうんですよね。

 

あの人には、あの人の事情があるのです。

 

あなたには、あなたの事情があるから、他人の言動に囚われて抜け出せなくなってしまう。

 

全く同じ…

 

あなたがそう思うように、相手にも思う理由があったのです。

 

それを理解できるかどうか…それは、別のことです。

 

相手には、相手の事情があった。

あなたには、あなたの事情があった。

 

たったそれだけのことです。

 

これをすり合わせようとするのは、あなたの事情に相手を当てはめたいから…

 

どんな内容であったにせよ、相手にも理由があったのです。

そう思えれば、過去の出来事を手放すこともできるようになっていきます。

さぁ、次は、過去と心の繋がりもわかってきたので、それを元に活用していくにはどうしたらいいのか…考えていきましょう!

 

新しいことを始めたいなら、白いキャンバス(スッキリした頭)を持てた方が都合が良い!

 

新しいことを始める時、アイディア満載で、どんなものにしようか…

ワクワクしながら、白いキャンバスに描いていくことが比喩されますよね。

 

もし、新しいことを始めたい時…描こうと思っているキャンバスが白くなかったら…

こんなことを考えてみると、如何に自分の頭の中が整理出来ていた方が都合良いかわかりますよね。

キャンバスの続きを描くのならいいけれど…

 

浮かんだ願望を消し去ったり、否定してきたのは…私

 

例えば…

いつも俯いて、他人と関わらないようにしてきた私が、

社交的で気さくな私になりたいと思った時…

 

急に、こんな私になったら…周りの人は何て思うだろう?

こんな考えに支配されたことはありませんか?

 

新しい環境でもないのに、いきなり変化したら…白い目で見られるのではないか…

 

そんなネガティブ思考に支配されて、結局…ウジウジ考えて行動できないまま、時間だけが過ぎてしまう。

 

この一連に関わったのは…自分だけです。

 

あなたが、自分を変えようとして、評価を下したのは…あなた自身。

周囲の人たちは、「そんなあなたが素敵」だと言ってくれたかもしれないのに…

 

やりたいことを遠慮せず、描ける私に気づけたら…どんどん運気は上がっていく♪

 

先ほどの例えをそのまま継続的に考えていきましょう。

 

社交的で気さくな私…一大決心しました。

ドキドキしながら、出勤時間を迎えます。

 

大きく深呼吸をして、会社のドアを開きます。

 

 

 

 

 

「おはようございますっ!!」

爽やかな笑顔と共に、今までにない挨拶をしてみました。

 

 

 

すると…

 

 

 

同僚たちは…

 

 

 

 

 

「何?どうしたの?」

と、一瞬戸惑ったように見せたけれど…

 

 

 

「○○さん、そんな笑顔するんですね!いつも俯いてるから、話し掛けにくかったんだけど、そっちの方が良いですよ!それに今日の服、オシャレですね!前からセンス良いと思ってたんですけど、なんか話し掛けにくくて…」

 

と、相手から意外な反応が返ってくるかもしれませんよね!

自分の勝手な先入観で、殻に閉じこもって、勝手に他人からの評価をして、自信を失ってしまうけれど…

 

「相手は、そんな風に思っていないかもしれない。」

これが、なかなか考えられないブロック材料になっていたんですよね。

 

でも、思い切って踏み出してみると…相手からの反応も良くて、実は、人から嫌われていたのではなく、自分が人を寄せ付けようとしていなかったことに気づけるかもしれません。

 

これをきっかけに自信も持てるようになって、今までやりたかったことをどんどんチャレンジしていけそうですよね!

 

笑顔でいる毎日を手にすることも、思い込みを捨てた瞬間から気づけるのかもしれません。

 

 

【まとめ】心のデトックスを実践しよう!自分をブロックしてきたものは、ゴミ箱へ…

 

如何でしたか?

運気を下げているのは、不運の下に生まれたせい…ではないのです。

 

いつだって、その気があれば…運気を上げていくことはできる。

 

後ろ向きな私を捨てる。

心の整理(デトックス)に目を向けてみよう!

 

そのために、ブロック癖をやめよう!

 

心がこんがらがったままだと、思うように行動は出来ません。

 

主語と述語を考えてみると…時系列と誰の出来事なのかを整理できます。

 

さぁ、あなたは、これからを…

どう描いていきますか?

 

 

 

 

 

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

気に入って頂けましたら、シェアして下さると嬉しいです☆

 

「こんなコラムが読みたい!!」

「でも、探しにくい…」

そんなあなたのために検索しやすいシチュエーション別マップを作りました。

↑画像をタップで、シチュエーション別マップに行けます。

毎日「幸せになれないのはなぜか・・・」というテーマのツイートしています。

良かったら、見に来てくださいね☆

フォローもして下さったら、嬉しいです。

イーリス

 

この記事を書いている人 - WRITER -

Your Life Advisor.

アドラー心理学専攻・東洋医学専攻・介護福祉士。

人生幸せ学研究家・スピリチュアルと日常の繋がり研究家・断食と健康の研究家。

夫と3人の子どもを育てる母を両立奮闘中!!

詳しいプロフィールはこちら。

あなたに合った記事が見つかるかも!検索してみて下さい。

Copyright© 幸せになるスタイル AYAME , 2017 All Rights Reserved.