心を癒やし導くセラピスト・東洋医学のスペシャリストが提唱する

酵素ドリンクを選ぶポイントは3つ!体質改善を目指せるものは?

酵素ドリンクは、身体に良いらしい?

どんな根拠なのかよくわからないけど、痩せれるらしい?

芸能人やモデルの紹介があったり、一時期のブームもあって、いろんなメーカーが酵素ドリンクを販売しています。

販売されている価格も安い物から高い物までさまざまです。

メーカー側の売り文句もいろんなことを言っていて、何を信じたらいいのか困ってしまいます。

 

特徴のある3社の酵素ドリンクを比較しながら、選ぶポイントを一緒に学んでいきましょう。

それでは、3社の比較に入る前に、まず体質改善を目指す上で、酵素ドリンクとはどういうものかを見ていきましょう。

 

 

体質改善を目指し、断食を補助するための酵素ドリンク

 

酵素ドリンクが飲まれるようになった一番大きな理由は、断食をするために最低限の栄養を補給するために活用されています。

また、断食はしないまでも、健康的に過ごせるように腸内環境を整えるために飲まれるようになってきました。

 

それでは、断食をすることがなぜ体質改善につながり、酵素ドリンクにどのような役割があるのか見ていきましょう。

 

断食の一番の目的は、胃腸を休ませてあげること

 

断食は、食事を制限することで究極的に痩せるものだと思っていた方は・・・

「エーーー?!」って感じがしませんか?

 

断食をしようと思うあなたは、痩せるためには今までのやり方ではダメだと覚悟を決めて食事を断とうと考えているかもしれません。

また、なんとかしたい不調を抱えていて、断食をすることで体質を改善したいと考える方もいます。

 

断食をすることで一番に達成できることは、胃腸関係を休ませてあげることです。

胃腸関係を休ませてあげることで、身体のいろんなところに様々な影響を及ぼすと考えられています。

胃腸が休むということは、内臓に休日を与え、また元気に働いてくれる効果を期待します。

それを結果的に「体質改善」という言い換えができてしまうのかもしれませんね!

イーリス

それでは、断食をするのに、最低限の栄養補給となる酵素ドリンクについてみていきます。

 

酵素ドリンクの酵素は、野菜や果物に含まれる酵素とは違う

 

酵素ドリンクと名付けられてしまったため、酵素が補給できるものと思われてしまっています。

さらには、痩せるために利用されることが多いですが、決して痩せる栄養分が入っているわけではありません。

 

酵素ドリンクは、酵母菌などによって野菜や果物を発酵熟成された飲み物です。

野菜や果物には、それぞれに様々な酵素が含まれているのですが、その酵素を摂取することが目的ではありません。

 

発酵されていく中で、とても細かく分解されているので、胃腸の消化や吸収の負担を抑えて栄養が補給できるように考えられているのです。

 

また、人の体内には、消化酵素や代謝酵素など様々な酵素があり、生活していく上でとても大切な役割を果たしています。

それらの体内の酵素が活発に働ける助けになるような役割が考えられています。

胃腸を休ませたいわけですから、極力、胃腸に負荷を掛けないもので、尚且、栄養補給ができて、体内酵素も活発に導いてくれるスグレモノが「酵素ドリンク」と表現すると分かりやすいですよね!

ナタール

続いて、断食と酵素ドリンクが、なぜ体質改善を目指せるのか見ていきます。

 

身体のうちから環境を整えることで体質改善を目指す!

 

<1つの大きな目的>

断食をして酵素ドリンクを飲むことは、腸内環境を整えること

この腸内の環境が整ってくることで、身体全体にもいろんな影響を与えると考えているのです。

 

ところで、東洋医学において、脈を診たり、お腹を診たりしながら、患者さんが抱える不快な症状が、どこからきているのか、病の根源を探します。

極端な話をすると、肩コリや腰痛みたいな内臓関係と関係のなさそうな症状であっても、身体の弱りは内臓関係から始まっているというような考え方です。

そのことから、まず腸内の環境を整えることが、体質的に改善を促して、不快な症状を軽減させることができるだろうと考えています。

 

もちろん全てが、断食や酵素ドリンクで解決できるとは思いませんが、身体の内側から見直すには断食と酵素ドリンクは非常に良いものだと思っています。

 

それでは、お待たせしました。

 

酵素ドリンクを選ぶポイントを、3社の商品を具体的に確認しながら見ていきましょう。

 

 

酵素ドリンクを選ぶポイントは最低限3つを抑えよう!

 

酵素ドリンクを選ぶポイントは、細かく見ていくとたくさんありますが、一番抑えておきたいのは3つのポイントです。

 

その3つとは、まず1つ目が、添加物をどのような取り扱いをしているか。

2つ目は、商品の原材料がどのような考えで選ばれているか。

3つ目が、発酵をメインに製造過程がどうなっているかです。

 

この3つを見ることで、酵素ドリンクを製造しているメーカーの想いが見えてきます。

世の中には、沢山の商品がありますが、どんな商品も…どの点が良いのか知らずに買ってしまっていませんか?

野菜選びだったら、新鮮さ・価格・大きさ等を考えて、納得や妥協して購入しますよね?

イーリス

あなたが、納得した商品を選べるように、見ていきましょう。

 

酵素ドリンクに入っている添加物をチェック

 

添加物が含まれているかどうかをチェックしていくのですが、どんなものが入ってると気になるものでしょうか?

 

添加物としてチェックするのは、大きく2つです。

 

防腐剤果糖ブドウ糖液糖などの甘味を加えるものをチェックしましょう。

 

<防腐剤>

安息香酸ナトリウムが代表的なものですが、この防腐剤の役割は酵素ドリンクを腐らせないように、発酵をさせないように入れるものです。

発酵がメインの酵素ドリンクであれば、本来入れる必要がないものです。

 

 

<果糖ブドウ糖液糖などの甘味>

酵素ドリンクにプラスしてジュースを入れているようなものになります。

単純な話ではないですが、あえて例えるなら、果汁100%のものを選ぶか果汁20%のものを選ぶかというものです。

 

それでは、具体的に販売されている商品を見てみましょう。

 

1.ベルタ酵素

ベルタ酵素の原材料の表示を見てみると、果糖ブドウ糖液糖が含まれています。

ピーチ味にしていることからも、香料などで味わいを調整していることが伺えます。

あと、防腐剤などの保存料は含んでいないので、開封後の冷蔵庫で冷やしておくことを勧めています。

 

2.酵素八十八選

酵素八十八選の原材料の表示を見てみると、糖類として、てん菜糖やオリゴ糖、黒砂糖、はちみつが明記されていますが、糖類を利用する目的が発酵のためと書かれています。

そのほかに、珪素とパントエア発酵抽出物が加えられてはいますが、酵素の働きを助けることが目的であることが書かれています。

これは、なんだろうと感じるものには、説明を加えているのは好感が持てますよね。

防腐剤などの保存料は含んでいないため、開封後の冷蔵庫で冷やしておくことを勧めています。

 

3.優光泉

優光泉の原材料の表示を見てみると、野菜や果物が中心で添加物にあたるものは一切ありません。

発酵のために、麦芽糖を利用していますが、発酵により麦芽糖は分解されるため、原材料の表示には記載されないとのことです。

防腐剤などの保存料も含んではおらず、保存は冷蔵庫でとなりそうなのですが、冷暗所で保存を勧めています。

優光泉の保存用のキャップには、実は小さな穴が空いていて、開封後も酵母菌による発酵を促すようにしているのです。

 

無添加かどうか添加物についてのまとめ

 添加物保存方法特記事項
ベルタ酵素果糖ブドウ糖液糖・香料冷蔵庫ピーチ味にしてある
酵素八十八選なし冷蔵庫不明点には説明書きがある
優光泉なし冷暗所開封後の保存にも配慮

 

今回、チェックした3種類の酵素ドリンクには、防腐剤などの保存料は使われていませんでしたね。

無添加をうたっていない酵素ドリンクの多くには、添加物が使われていたりしますのでチェックは必要です。

 

保存料が使われていなくても、保存の推奨が違っていたりして、考える要素がありました。

また、糖類などの甘みに対しては、それぞれ違う要素がありましたよね。

発酵に対して利用するものなのか、酵素ドリンクの甘みを増すために利用するのか、その差は大きなものだと考えます。

 

続いて、原材料についてさらに詳しく見ていきましょう。

 

酵素ドリンクの原材料を詳しくチェック

 

酵素ドリンクの原材料は、その多くが野菜や果物です。

この野菜や果物などを酵母菌などを利用して発酵させて製造されたのが、酵素ドリンクなのですから当然といえば当たり前すぎますよね。

この野菜や果物を、メーカーとしてどのような基準で選んでいるのか、私たちからすれば、その基準がどんなに身体に良いものなのかが気にかかるところです。

 

それでは、先ほどと同じように3社の商品を具体的に見ていきましょう。

 

1.ベルタ酵素

ベルタ酵素は、165種の野菜や果物、野草を配合しています。

数ある酵素ドリンクの中でも、種類の多さが際立っていますね。

ただ、どのような基準で、野菜や果物、野草を選んでいるのかは判断できませんでした。

数多くの栄養、酵素が補給できるのであれば、身体に良い影響があるでしょうとの考えがあるようです。

ベルタ酵素では、野菜や果物などの発酵させたものに加えて、美容成分を3種類配合しているのがポイントと言えます。

酵素による健康と美容成分による美しさの両方を手に入れることを目指しているのが大きな特徴です。

 

2.酵素八十八選

酵素八十八選は、商品名にある通り88種類の原材料で、野草を中心に野菜や果物などを配合しています。

野草は、古来より身体に良いとされているものを選び、88種のうち60種類が野草なのです。

酵素ドリンクというと、野菜や果物が中心と思いがちでしたが、この酵素八十八選では野草が中心であり、野草の内容を見てみても漢方薬の材料にもなるものを活用していて、胃腸関係の働きに関わるものも多く含まれているようです。

また、酵素の働きを助けるための珪素を配合しているのも大きな特徴であります。

 

3.優光泉

優光泉は、60種類の野菜や果物、野草などを配合しています。

今回比較している酵素ドリンクの中では、原材料の種類は一番少ないです。

優光泉では、60種の野菜や果物などを選ぶにあたって、食物のそれぞれが持つ冷やす作用や温める作用を考えて、私たちが飲む際に身体を冷やさないような配合を考えています。

また、野菜や果物の産地であったり、旬のものを取り入れるため、季節ごとに野菜などの量の配分が変わるようです。

 

原材料を詳しく見てきたまとめ

 野菜・果物の種類配合の特徴特記事項
ベルタ酵素165種類不明美容成分配合
酵素八十八選88種類野草が中心酵素の働きの補助に珪素配合
優光泉60種類野菜の作用を考慮季節に適した配分

 

これまで、3種類の酵素ドリンクの原材料について、より詳しく見てみました。

あなたは、どのように感じましたか?

単に、酵素を補給しようというものではありませんでした。

メーカーそれぞれの想いが、原材料を通じて感じるものがあったのではないでしょうか。

 

それでは、最低限3つのチェック要素のうち、最後の製造過程についてみていきましょう。

 

酵素ドリンクの酵素を発酵する製造過程をチェック

 

酵素ドリンクは、野菜や果物などを発酵させて抽出されたものであることが重要です。

 

メーカーとしては、発酵させる製造過程にこそ想いが乗っかるのが人としての情ではないでしょうか。

その点に触れられていない酵素ドリンクは、メーカーとして重要視していないことになってしまいます。

 

それでは、恒例となった3社の酵素ドリンクを実際に見てみましょう。

 

1.ベルタ酵素

ベルタ酵素については、酵素の発酵に関する製造過程の記載は確認することができませんでした。

ベルタ酵素も酵素ドリンクでありますから、なんらかの形で野菜や果物を発酵させてはいるのでしょうが、その点を私たちにわかる形で見せないのは、製造過程については重要視はしていないようです。

 

2.酵素八十八選

酵素八十八選は、ものすごく詳細に製造過程が記載されています。

製造過程にこだわりがあるからこそ、見てもらいたい想いがあるのでしょう。

酵素八十八選では、陶製のかめで発酵熟成させることにこだわりがあります。

野草を中心とした厳選された原材料を煮出し、陶製のかめで2〜3週間の発酵させ、さらに1年間から1年半の熟成期間を経て酵素ドリンクとして出荷されているのです。

 

3.優光泉

優光泉は、先ほどの酵素八十八選に比べると製造過程に関する記載は控えめです。

出来上がってくる酵素に対する想いが大きい印象があります。

優光泉では、発酵熟成させるのに木の樽を利用しています。

産地や旬を意識した原材料を使い、3ヶ月ほど木の樽で発酵熟成させて、発酵のために活躍している酵母菌がしっかり働きがある期間を見定めて酵素ドリンクとして出荷されているのです。

ここで印象的なのは、実際に商品が届いてからも発酵熟成が進むような配慮がされていることです。

 

製造過程を見てきたまとめ

 熟成させるには販売までの熟成期間特記事項
ベルタ酵素不明不明製造過程が不明
酵素八十八選陶製のかめ1年~1年半煮出し、発酵、熟成し出荷
優光泉木の樽3ヶ月酵母菌の働きに重視し出荷

 

3社の商品を見ると、製造過程に関する記載はほんとにまちまちでした。

酵素ドリンクの製造過程で一番気にかかるのが、何を使って発酵させているかということです。

 

日本では、味噌や醤油、酒など様々な発酵食品があります。

昔から発酵に利用されているのは、陶製のかめや木の樽です。

近代的になってくると、ステンレス製のものやホーローのものを活用したりしています。

 

陶製のかめも木の樽も、それぞれ発酵に良い点があるので、どちらが良いか比較するのは難しいところがあって、優劣をつけることができません。

 

私たちが実際に目にして、食しているのは酵素ドリンクそのものです。

 

ただ、その結果だけ見るのではなく、どのような経緯で出来ているのか、そこに関わる人たちがどのような想いを抱いているのか、なかなか感じとることができないものではあるかもしれませんが、その想いに共感できる商品を選びたいと改めて感じたのでした。

 

続いては、酵素ドリンクで良いものを探せたとしても、どうしても気になるのは価格と飲みやすさです。その点もチェックしていきましょう。

 

 

やっぱり気になる酵素ドリンクの価格と飲みやすさ

 

体質改善を目指すとなると、酵素ドリンクを一本飲めばできると言えるものではありません。

価格的にもお値打ちで、飲み続けられるような味わいなのかも大事ですよね。

 

3社の酵素ドリンクの価格を比較してみよう

 

3社の販売方針であったり、実際の酵素ドリンクの量が違ったりするので、条件を合わせながら見ていく必要があります。

最終的には、一杯あたりの価格を比べなければいけませんよね。

 

単品購入で3社を比較

 ベルタ酵素酵素八十八選優光泉
単品ベルタ酵素ドリンク野草原液レギュラー
710ml720ml1,200ml
7,118円16,200円9,180円
断食1食相当量60ml120ml20ml×3回
647円2,700円459円

※送料・税込価格表記(R元年10月現在)

比較商品は、各社酵素ドリンクの最安値商品で比較。

赤字は、比較した結果で優秀なものを意味する。

 

定期購入価格で3社を比較

 ベルタ酵素酵素八十八選優光泉
定期購入ベルタ酵素ドリンク野草原液レギュラー
710ml×2本(サプリ付)720ml1,200ml
10,200円11,314円7,452円
断食1食相当量60ml120ml20ml×3回
443円1,884円372円

 

キャンペーンで3社を比較

 ベルタ酵素酵素八十八選優光泉
キャンペーン価格ベルタ酵素ドリンク野草原液レギュラー
710ml×2本720ml1,200ml
5,378円8,800円6,372円
断食1食相当量60ml120ml20ml×3回
233円1,466円318円
特典2回目以降
同一内容で、11,016円
2回目も同一価格で購入可PREMIUM720ml変更可
ハーフボトル550ml×2変更可
ポイントで商品交換・値引きあり
2回目以降定期購入へ移行

※優光泉は、キャンペーン終了告知あり(R元年11月30日まで)

 

3社の酵素ドリンクの飲みやすさを比較してみよう

 

酵素ドリンクの飲みやすさは、どうしても人それぞれ好みなどが違うので、なんとも言えないところはあると思いますが比べてみますね。

1.ベルタ酵素

ベルタ酵素は、ピーチ味です。

ジュースのように味を整えているので、飲みやすくなっています。

 

2.酵素八十八選

酵素八十八選は、味付けはしていないので、原材料の中心となる野草の苦味が出るのかと思うところがありますが、プルーンのような独特の甘みがあります。

また、とろみが強く感じます。

 

3.優光泉

優光泉は、原材料の野菜や果物の中でも大根の割合が高めのせいか、ハチミツ大根に割りと近い味わいです。

梅味も用意されており、大根っぽさが感じにくくさっぱりと飲みやすくなっています。

 

 

【まとめ】選ぶポイントを絞って比較してきた事を商品ごとにまとめてみましょう

 

今まで、全部で5つの視点から3社の酵素ドリンクを見てきました。

酵素ドリンクは、腸内の環境を整えることを目標にしています。

その目標に合わせて、選ぶポイントを絞り込んで商品を見ていくとあなたの選択もより絞り込まれてきたのではないでしょうか。

最後に、商品ごとに、今まで見てきたことをまとめてみますね。

 

問合せ窓口時間平日9:00~19:00毎日9:00~18:00

火~土10:00~17:00

(LINE受付あり)

 ベルタ酵素酵素八十八選優光泉
各社のこだわり飲みやすいように改良
美容成分にも注目
価格では勝負しない
熟成抽出にこだわり出荷
無添加で野草が中心
酵母菌の働きに注目
無添加、国産素材にこだわり、梅味は抽出過程によるもの
長期購入者に特典あり

 

1.ベルタ酵素

 

ベルタ酵素は、酵素による健康と美容成分による美しさの両方ともを手に入れることを目指したドリンクです。

 

果糖ブドウ糖液糖が、添加物として入っているのもあってか、3社の商品の中で一番お値打ちな価格で購入することができます。

 

原材料のメインである野菜や果物などを165種類もありますが、選ばれた基準は見えず、製造過程が見えないなど酵素ドリンクへのこだわりがたくさんの野菜を入れたよという感じです。

 

ピーチ味に調整していることもあり、飲みやすさと価格から選ぶのであれば、ベルタ酵素が3社の中で一番ではないでしょうか。

酵素ドリンクを選ぶポイントを踏まえて、公式サイトを見てみるとどのように見えるでしょうか?確認してみてください。

 

ベルタ酵素の公式サイトへは、下記のボタンからどうぞ。

 

 

2.酵素八十八選

 

酵素八十八選は、ドリンクの製造方法にとてもこだわりがあり、身体に良いとされる野草を中心にした原材料でメーカーのこだわりが強い酵素ドリンクです。

 

酵素ドリンクは、野菜や果物を中心にした原材料で発酵させることが多いのですが、酵素八十八選では、88種類のうち60種類も野草にしているのが大きな特徴であります。

 

無添加にこだわりもありますが、酵素の働きを助けることを目的に珪素を加えているのは、より酵素ドリンクに対するこだわりを感じるのではないでしょうか。

ただ、酵素ドリンクに対するこだわりからか、価格は一番高くなっています。

 

プルーンのような味は、クセが強く思われる方もいるかもしれません。

酵素ドリンクに対するこだわりは、とても強いので、一度、酵素八十八選の公式サイトもご覧になってみてください。

 

酵素八十八選の公式サイトへは、下記のボタンからどうぞ。

 

 

3.優光泉

 

優光泉は、元々断食道場を運営してきたノウハウから生まれてきた酵素ドリンクということもあり、断食のサポートに徹底された酵素ドリンクです。

 

産地や旬を大事にした野菜や果物を中心に、食物が持つ身体を温めたり、冷やしたりする作用を考え、身体を冷やさないように原材料を配分しているのにとてもこだわりを感じます。

 

無添加でありながら、無添加の酵素ドリンクの中ではかなり価格が抑えられている印象です。

 

味についても、大根っぽい味のするレギュラーと梅味も用意されており、飲みやすさにも配慮が伺えます。

 

断食と酵素ドリンクの組み合わせをしっかりと考えられている優光泉の公式サイトも見てみてください。

 

優光泉の公式サイトは、下記のボタンからどうぞ。

 

<もう少し詳しく知りたい方へ>

・酵素ドリンク優光泉の効果は?口コミではわからない。原材料をしっかり分析したら分かった事!

 

 

 

たくさんある酵素ドリンクの中から、3種類の酵素ドリンクを選んで、ポイントを絞り込んで比較してみました。

あなたにとって、選んで良かったと感じる酵素ドリンクが見つけることができたら幸いです。

Copyright© 幸せになるスタイル AYAME , 2019 All Rights Reserved.