人を愛すること!とは…恋と愛の違いって何だろう?

 




この記事を書いている人 - WRITER -
「楽しく毎日を送れるものなら送りたい!」そんな生き方さえ忘れてしまっていた過去がありました。 人生行き詰まって、生きる気力すら持てなかった私が"豊かな人生を生きられる"ようになりました。 その経験と気づきから、コラムを作り、セラピーを開き、あなたの人生も豊かにして欲しいと願いを込めて運営しています。

詳しくは、こちら

恋と愛の違いって何だろう?

よく聞くけど…わからない。

ふと、気付けば…パートナーに愚痴・不平不満が募り、爆発してしまう!

誰かに話すけど…モヤモヤしちゃう!!

そんな時に読んで欲しいコラムです。

あなたの大事な人、大切に想う心を見失っていませんか?

日々、生活していると…見失いがちなのは、「思い遣り」です。

双方が、日頃の生活に追われていくと…我欲ばかりになりがちですよね!

すれ違い、心が折れる

追われていく生活の中では、心の余裕が無くなり、いつしか…相手に不満と愚痴が山積みになってしまいがちです。

些細な事が、最後の火種となり…喧嘩に発展してしまうこともありますよね!

悪い所・嫌な所という短所になり得るところにばかり目がいってしまいます。

パートナーの本質など、目に入らなくなり、悪循環となってしまうのです。

現代人は、毎日が忙しいものです。

暇を暇としないというのも、問題かもしれませんね!

夜は、遅くまで、朝まで…大人は、遊ぶ所も豊富にあります。

家に居ても、テレビは、深夜番組も楽しみの1つになり、録画しておいた番組や映画などを見られますし、パソコンだけでなく、スマホも暇を暇としなくなるツールの1つとなりましたね。

向き合って、目を見て話す!そんな当たり前は、消えてしまったのか…?!

ながら作業をしてしまうのが、現代です。

人と話をするにも、片手は、スマホを握っていませんか?

誰とでも、24時間繋がれるスマホ

スマホって、便利ですよね!

LINEというアプリが始まって、メール交換なんて、しなくなりましたよね。

企業さえも、友達登録してね!なんて言う時代です。

LINEは、会話文で、誰かとやり取りがいつでも出来てしまいます。

次第に、夜・夜中に、連絡するという配慮は欠けてしまったように思います。

未読スルー・既読スルーも簡単に出来てしまいますよね。

誰かと話しながら、LINEやり取りも簡単に出来てしまいますよね。

少し前なら、SNS特有のコミュニティサイトが主流でしたが、不特定相手ではなく、身近な人と簡単に連絡が取れます。

プライベート時間の切り離しは、より難しくなったように感じます。

スマホアプリのゲームに没頭してしまう…

もう1つのスマホ依存になるのは、豊富にあるアプリのゲームに没頭してしまうことです。

我が家でもブームがありました。

クラッシュオブクランというゲームは、チャット機能の付いているもので、仲間同士で、会話も出来るし、一致団結で、チーム対戦もあるゲームです。

モンストを真剣にやっていた頃は、時間で、ステージが変わるので、時間に支配されます。

モンストには、チャット機能まではありませんが、どちらのゲームも、ユーザー数は、多く、失速してきた面もあるでしょうが、時間を忘れやすいです。

その他は、言い出したらキリがないですので、アプリについては、このくらいにしておきますが…

我が家でも、時間を忘れて、誰かと楽しんだり、家族で楽しんだりと…中心は、スマホゲームでした

よって、スマホアプリの何かが気になって、目の前の人を大切にしない傾向が強くなりました。

各々が、自由に生活をしているのに、ふと気付くと寂しくなる…

家での生活は、家族団欒食卓を囲んで、和気藹々とする!

なんてものは、昔の話なのでしょうか?

みんな、何かに夢中になって、友達と遊んでいても、見ているのは、友達だけでしょうか?

ふとした時に感じる孤独は、増える一方…

コミュニケーションが、現実で十分に取れない時代になってしまったことは、先ほどのスマホアプリの話で、ご理解して頂けたでしょうか?

話の中心は、現実であって、現実でないものが多くあるように思います。

会って直接話してもない友達の愚痴があったり、テレビの画面中心の会話しかなかったり…

ふと、気付くと…

直接的に、今日はこんなことがあったよ!と言う報告もすることがなかったり…

何かに夢中で、会話をしなかったり…

毎日顔を合わせる夫婦であっても、同じ空間を共にするだけ…ということに心当たりある方もいるのではないでしょうか?

目と目を見て、向き合わない時間が増えれば、歪みも生まれやすい

「夫・妻が何を考えているかわからない」

そんな、夫婦も多いのではないでしょうか?

何故、わからないのでしょうか?

自分と相手は、別の生き物だから…そう言ってしまえば、それまでかもしれませんが…

仕事で忙しい毎日を送る上に、向き合わなくても忙しくしてしまう現実が、沢山あることを上述までで、振り返ることができますよね。

専業主婦であっても、疲れるものです。

仕事の忙しい旦那さんも疲れているものです。

「自分は、疲れているんだ!」

それをお互いが抱え、向き合わないままにしておくと、すれ違いという歪みが生まれてしまいます。

どちらの事情も理解することなく、自分のことを理解して欲しくて、一方的になりがちですよね。

お互いに、1日ご苦労様でした。

そう言い合えている夫婦は、どれほどいるのでしょうか?

ここからは、もっと深く掘り下げて考えていきましょう!

よく聞く、恋と愛の違いって何?

上述までは、自分勝手な時間を使うこと、話をしないことについて、書いてきました。

ここからは、根の深いところを探っていきましょう!

パートナーのことは、嫌いじゃない!別れたいとも思わないけど、自分の欲求を求めるのは「恋」

はい!複雑な見出しだなぁ〜と感じますよね!

パートナーに対して、嫌いとか別れたいとまで思わない方は、沢山いると思います。

しかし、どうでしょうか?

相手に、自分の不満をぶつけて、改善点ばかりぶつけてしまうのは、どうなのでしょうか?

そこに「相手の気持ち」って、どれほどあるのでしょう?

私自身もまだまだ、ナタール先生に求めたくなることが多いものです。

書きながら、反省してしまいますね。

すべてを大らかに構えるのは、とても難しいことですが、相手の「質・力量」というものは、求めてもすぐに変えられるものではありません。

自分を変えるということは、自己覚知・自己認識して初めて、スタートできるものです。

無償に注げるのが「愛」と言うけれど…その無償って?

無償の愛について、友達の愚痴を聞いていて、答えを見つけたような気がしたので、書いてみたいと思います。

最大の無償の愛を注げる相手…

それは、生まれたばかりの赤ちゃんです!

赤ちゃんには、言葉を使うことができません。

泣いて、欲求を知らせるだけです。

その赤ちゃんに振り回される方もいらっしゃるでしょうが、その細かなところは、置いておいて…

赤ちゃんの欲求に応えようと、四苦八苦しますよね?

お腹が空いたのかな?オムツかな?抱っこかな?

いろんなことを想像して、赤ちゃんの欲求に応えようと努力するはずです。

その時に、赤ちゃんに対して、何かを求めるでしょうか?

お世話を一生懸命してあげたんだから「ありがとう」と言って!

シンドイ中、お世話をしたんだから「無理させてごめんね」と言って!

そんなことを求めたって、応えられるわけがないのを理解していますよね。

なので、こちらから一方的に、赤ちゃんの満足に向けて一生懸命働きかけをしますよね。

その時の気持ちが「人を無償の愛で愛する」という意味の答えに1番近いと思うのです。

パートナーに対して、どのようにしていけば、恋でなく愛になるのか…

相手からの見返りを求めてしまうことが、恋。

相手から見返りを求めないことが、愛。

言葉で表現する、恋と愛の違いです。

相手のためにしてあげたのなら、してあげたことに対する見返りを捨てる!

人間って、卑しい生き物ですから、見返りを求めたくなるんですよね!

美味しいご飯を作ったから…「美味しい」と言って欲しい。

一生懸命選んだプレゼントだから…「ありがとう」と言って欲しい。

このような例えの行動の前には、自発的に行ったという気持ちが隠れていることが多いです。

食事を作り手側・作ってもらう側で考えると…

ご飯であれば、これを作って欲しいと頼まれていないけれど、奥さんであれば、旦那さんのために、ご飯を作ったりしますよね。

そのご飯に対しての評価が、返ってこないと…作ってあげたのに!!(怒)という感情が浮かんできます。

作ってくれた人に対しても、まず、一生懸命自分のために作ってくれた気持ちを「いただきます!」と、手を合わせることをしなくてはいけませんよね。

食材に感謝をし、次に、作ってくれた人に対する感謝も必要です!

プレゼントを贈る側・もらう側で考えると…

誕生日やクリスマスプレゼントなど、イベントに対するプレゼントを選ぶ時って、喜んでもらえるかな?って想像しながら、買いますよね!

プレゼントは、中身でなく、まず「気持ち」を受け取るものです。

それなのに、中身が気に入らなかったら、粗末にその辺にポンと置いてしまったり、露骨に嬉しくない態度をしてしまうことってありますよね。

もらう側の態度も、「相手が自分のために選んでくれた気持ち」を1番に受け取ることをしなくてはいけません。

そして、高評価な反応がなかったからと言って、腹を立てるのは、プレゼントではなく、押し付けですよね。

このように、人を思い遣った行動をすることができるようになれることが、人を愛するということに繋がっていくのだと思います。

お互いが、相手に見返りを求めなくなった時、本当の夫婦になれるのかもしれませんね!

見返りを求めることをやめることは、無理をした我慢をすることのように、一見聞こえてしまうかもしれませんね。

そうではないのですよ!

相手の反応って、一緒に居たらわかってきますよね?

そこで、喧嘩をしたりと、衝突することもあるでしょう。

相手の喜怒哀楽・行動のすべてをひっくるめて、受容できる時が来たら、それは、恋から愛へと変わっていくのだと思います。

老夫婦、睦まじい、仲良し、愛

若い頃には、なかなかこのような境地に達することはできないかもしれませんね。

お互いの表面ではなく、本質や芯を見抜けるようになれれば、腹を立てることもなくなります。

目指したいのは、離婚という別れる道ではなくて、老夫婦になった時に、仲睦まじくいられる2人ではないでしょうか?

そんな2人を目指すのなら、表面だけを見続けることを”やめる”ことからはじめなくてはいけませんね!

人を愛するのは、文句を我慢して言わないのではなく、相手を理解してあげる自分になることです。

その例えが赤ちゃんだったのです。

赤ちゃんの欲求が分かった時に、とても嬉しい気持ちになりますよね!

パートナーに対しても、自分が幸せにしてあげよう♡そんな気持ちを注いであげられるようになれることが重要なのではないでしょうか?

そんなことが、仲睦まじくいられる夫婦の秘訣にもなるのかもしれませんね!

さぁ、まず始めよう!

表面のパートナーの行動ばかり見ていないで、心の内側を見るように★

ありがとうと言われたくて、相手のために何かをするんじゃなくて、相手の笑顔を見られれば、それでいいんだ!

そんな輝いた自分になろう!!

最後まで読んで下さり、ありがとうございました。

一緒に幸せな老夫婦を目指していきましょうね!

恋愛中の方は、そんな2人になっていけるように、これからも愛を育んで下さいね!

気に入っていただけましたら、シェアして下さると嬉しいです♡

The following two tabs change content below.

Iris(イーリス)

サイト オーナー
「楽しく毎日を送れるものなら送りたい!」そんな生き方さえ忘れてしまっていた過去がありました。 人生行き詰まって、生きる気力すら持てなかった私が"豊かな人生を生きられる"ようになりました。 その経験と気づきから、コラムを作り、セラピーを開き、あなたの人生も豊かにして欲しいと願いを込めて運営しています。

詳しくは、こちら

 晴咲心  

あなたの心が、広い空のように晴れ渡るように

あなたの心が、解放されて、笑顔で溢れるように願いを込めて

 

晴咲心(はさみ)カウンセリングを始めました。

 
この記事を書いている人 - WRITER -
「楽しく毎日を送れるものなら送りたい!」そんな生き方さえ忘れてしまっていた過去がありました。 人生行き詰まって、生きる気力すら持てなかった私が"豊かな人生を生きられる"ようになりました。 その経験と気づきから、コラムを作り、セラピーを開き、あなたの人生も豊かにして欲しいと願いを込めて運営しています。

詳しくは、こちら

笑咲美

今の自分を変えたいと思った時に、何をしますか?

新しい自分に出会うきっかけがここにあります。

スポンサーリンク

Copyright© 幸せになるスタイル AYAME , 2017 All Rights Reserved.