心を癒やし導くセラピスト・東洋医学のスペシャリストが提唱する

人との別れは…人生の門出!過去を引きずることは、人生の暗闇を引き寄せる!

 







この記事を書いている人 - WRITER -

Your Life Advisor.

アドラー心理学専攻・東洋医学専攻・介護福祉士。

人生幸せ学研究家・スピリチュアルと日常の繋がり研究家・断食と健康の研究家。

夫と3人の子どもを育てる母を両立奮闘中!!

詳しいプロフィールはこちら。

人との出会いがあれば、別れもあるものです。

人との別れを迎えるという事は、とても悲しい現実に突きつけられることもあるでしょう。

しかし、その現実は、本当に悲しいものでしかないのでしょうか?

その悲しみを経験したら、あなたの未来は、真っ暗でしかないのでしょうか?

その暗闇を照らすことが出来れば、早期に出口を見つけ、あなたは、輝かしい門出へと向かっていくことができるはずです。

そんな別れの経験や悲しみを抱えている人の心に届けたいコラムをお届けします。

別れるという事は、振ることも・振られることも同じです

どちらの経験もしないで生きて行けたのなら、とても理想的でしょう。

しかし、別れという現実は、全ての人間関係・社会生活では、必ず付き纏うものです。

別れ、旅立ち、分岐点

自分だけが味わうものではないことを忘れてはいけません!

人から離れていくこと…それは、様々な場面で経験して、人は、人生を歩んで行くのです。

それは、生きる上で、必然的に決まっている別れもあります。

学生であれば、月日を過ごした教室、仲間、教師との別れが待っています。

生まれてきたならば、死へ向かって、誰しも歩んでいます。

避けることの出来ない別れの時間と言うのは、このように生じていますよね。

その中で、出来れば誰しもが、味わいたくない別れというのは、人間関係が崩れて生じる別れであると思います。

必然的に生まれた時から決まっている別れに関しては、想像もしやすいですよね。

旅立っていく方と見送る方は、涙を流しながらも、別れていくのです。

生徒だけでなく、学校の先生などの教育機関にいる人からしたら、一緒に過ごす中で、湧いた情も堪えて見送らなくてはなりません。

ある一定期間の接点の仕事とはいえ、心から嬉しいばかりではないのが心情でしょう。

そして、人生の最期に迎えるのが、死という旅立ちです。

取り残されていく人の悲しみだけが聞こえてしまいますが、もっと明日を生きたかった人の亡き心の声というのも存在しているはずです。

つまり、どんな立場の人も悲しみや辛さがないとは…言えないのです。

人間関係から生じる別れは、負・悪であるというマイナスな感情に変換してしまいがち…

別れを切り出した方、切り出された方問わず、別れるという事象自体が、とても最悪な出来事であったという認識を双方が持つことと思います。

友人関係でも、恋人関係でも、社会生活に関わる関係でも…どんな関係の間柄であっても、「別れる」という事象は、とてもマイナスな感情しか残らない悪い出来事であったと印象に残りやすいのです。

その証拠に、その当事者同士が、顔を偶然にも合わせることがあれば、自ずとパッと避けてしまいたくなる心理が働くと思います。

その気まずさにばかり囚われてしまうことが、今回のコラムのテーマである、別れるという事象は、人生の門出なんですよ!というメッセージを無にしてしまうんです。

なかなか、広い視点で考える気持ちになれないこともあると思いますが、どう考えていくと、人生の門出であったと思えるのかを解いていきましょう!

 

別れを人生の門出に変えていける生き方のポイント!

自分の人生が、幸福でありたいという願いは、誰しもが同じなのではないでしょうか?

その願いがあるのなら、幸福な生き方へと歩みを休めず進んでいきたいですよね★

幸せを感じる、未来、明るい

あなたのためのステージがあるからこそ、別れがあるのです★

感情的に物事を見つめると、とっても苦しい事ばかりがあるようにしか思えないことって多くありませんか?

今日は、ツイてないことばかり起きたと落ち込んでしまう日もありますよね。

ポジティブ変換を無理にする必要はありませんが、どんなものごとも陰陽…即ち、必ず、表と裏があるのです。

表面的には、人生最悪の出来事が、悪夢が起きたとまで思えるような事態に招かれたように思えることもあります。

しかし、裏面を見てみよう!!

そんな風に考えて、視点を変えられる人と言うのは、どれほどいることでしょうか?

必ず、別れを迎えた出来事には、何かしらの依存という事象がどこかに発生していたことと思います。

まず、その依存できる存在がなくなるので、パニック状態になるのです。

大切だと思ってきた誰かを失う現実を受け容れたくない気持ちで一杯になりますよね。

私たちが、普段、着目してしまうところは、この受け容れたくないという否定的な気持ちが大部分を占めてしまいますよね。

本当に悲しいことしかないのかな?ちょっと広い視点で、眺めてみよう!!

辛く、悲しい出来事で打ちのめされてしまうような気持ちにはなりますが、少し、視点を広げてみましょう。

自分自身のために時間やお金を有意義に使えていたでしょうか?

本心で行きたい場所・食べたい飲食店ではない所へ出かける機会が増えるのは、人との付き合いがあるからこそです。

人との付き合いを大切にすればするほど、実は、自分の自由を失っていくものです。

その付き合いがリセットされたのなら、自分のやりたかったことに、時間やお金を掛けることができるようになります。

これは、無理な発想の転換でもなく、可能になることです。

例えば、和食の苦手な人と過ごし、いつも外食は、洋食か中華だったとします。

1人になったことで、和食を好きな時に食べに行くことが出来ます。

また、しばらく会えなかった人と接点を持つことも可能です。

恋人関係で考えると、束縛の強い彼氏を持っていた、彼女は、着たい服も制限されていて着れなかった…なんて、よくある話ですよね。

束縛心がなくても、趣味じゃなくても、彼氏に好かれる服装を心掛けたりしますよね。

自由な服装で、外出が出来るようになるのです。

ただ、そこにあった今までの習慣というものの影響は大きいので、時間を持て余してしまったり、どのように過ごしたらいいのかわからなくなってしまったり…そういった気持ちを依存というのです。

無意識に出来てしまった習慣・依存から脱出しよう!

分析してみると…習慣化してしまった日常や、いつも一緒という依存心等が無意識に生まれていることに気づいていけると思います。

その無意識に作りあがってしまったものと向き合っていくことを人は恐れれるのです。

何をしても楽しく無かったり、時間を持て余す…

この状態のうちは、なかなか、上手く前が向けていないので、自分の心も苦しいですよね。

そして、代わりになるようなものを見つけたり、違う人と同じことをしてみても、やっぱりあの日のような楽しさがない…

無意識に追い求めるものが、習慣ですよね。

そして、その習慣化されたものが、新しい習慣に生まれ変わっていくのも、また無意識に作業を進めていく自分なのです。

少しずつ、新しい習慣を作り直していくことは、みんなが無意識に行っています。

意識的に働きかけて動くこともあるでしょうが、気づけば、引っ越した家に馴染むのと同じで、新しい習慣が出来上がっていきます。

こんな理屈を知っているだけで、自分を自分で支えていけるようになっていけるのが、このポイントの特徴です!

 

もっと、新しい世界が沢山広がっている!そこに気づかなきゃ損!!

習慣化に対する依存心から、新しい事にチャレンジが億劫に感じてしまったり、消極的になってしまいがちです。

無意識に、その習慣化した依存心を防衛しようとする自分がいるということが、最大の敵であると言えます。

鏡、自分、向き合う

新しい生活がスタートしたのに、悲しみに打ちひしがれ、前向きになることもなく、何もかもネガティブに感じてしまうのは、過去に対する依存だとお伝えしてきました。

そんな時こそ、自分の顔を鏡で見てみよう♪

あなたの顔の表情は、いかがですか?

辛さに勝てず、ご飯が喉を通らないこともあるかもしれません。

ご飯が喉を通らないという事は、生命維持に必要な栄養を摂取することができません。

数日たって、数週間経って、数ヶ月経って、数年経って…

時間と言うものは、誰にでも平等に訪れるのです。

もっと、過去の自分を振り返ってみましょう!

あなたは、幼稚園・保育園・小学校の時に味わった嫌な経験を…今どれだけ鮮明に覚えていますか?

どんなに記憶の良い人でも、ついさっき味わったかのような出来事ほどの印象は、薄らいでしまっているはずです。

つまり、時の流れは、誰にでも平等。

心の辛さを時間が解決してくれることも確かなのです。

ということは…ここに大きな学びのポイントがありますよね♪

<無意識に作り出した依存から抜け出す方法>

今日訪れた悲しみや辛いことは、数日、数週間、数ヶ月、数年…時を重ねていけば、その辛さは、比例するように薄らいでいくものです。

いつしか、振り返れば…そんなこともあったなと振り返られる自分がいるものです。

しかし、辛さが大きければ、大きいほど…その前向きな志向は、無意識に作り出した自分と依存心でかき消されてしまい、暗闇の中を彷徨うことになるのです。

あなたが、今、真っ暗闇にいたとしても、必ず出口の光は、見えてくる日を迎えることが出来ます。

これまで生きてきた人生、どんなに辛かったことも「そんなことがあったもんだ(笑)」と言えている自分がいるはずです。

今日受けた心の傷は、数日の間、化膿するように治りは悪いかもしれません。

心の傷をつけるのは、他人だけではありません。

そして、自分でもあるのです。

これ以上、自分の心を傷つけるのは、やめましょう。

暗闇をもがき続けるのは、海で溺れているのに、もがき続けて体力を消耗するのと同じ事です。

海で溺れた時には、力を抜いて、浮き上がるのが鉄則です。

心も同じ。

力を抜いてみましょう。

どれだけかの時間と共に過ごしていけば、必ず、今日とは違った明日がやって来ます。

その未来の自分のことを大切にすることもなく、更に後悔するような今を歩むか、明るい未来を手に入れるために歩くかの分岐点にいるのです。

さて、どちらの進路を選びますか?

自分のために生きよう!誰かがいないと…という脇役な人生ではなく、あなたの人生の主役は、あなたです!!

さぁ、今回のコラムのまとめに入っていきたいと思います。

人生と言うのは、いつも昇り続けられるわけではありません。

しかし、時折、転落するかのように感じる出来事も、捉え方によっては、いくらでも昇りのままでいられるものなのです。

何かが起きた時に、クルッと180度転換できるほど、器用な人は多くありませんが…

苦しみ・悲しみ・辛さの中から、いくらでも発想の転換をすることは可能なのです。

そして、数年経って、自分の心も落ち着いた時…その時の相手に出くわすこともあるかもしれませんよね!

そんな時、あなたは、脇役のまま過ごしていたら…オドオドして、心臓バクバク、冷や汗タラタラの瞬間を迎えることになります。

しっかり、自分と向き合って、依存だった部分を認識し、乗り越えるために歩き続けていけたのなら、相手が悔しがるほどの輝いた自分で居られると思います!

これは、友人関係でも、恋人関係でも…どんな関係でも同じですよね!

よく、ありがちな話で例えると…印象の薄かった同級生が、大人になって、とても美人になっていた!イケメンになっていた!なんてありがちですよね。

自分の人生、自分は、脇役ではなく、主人公なのだ!!という認識の下で、過ごしていけると、印象の薄かった人の大きな変化かのように、とても、大きな変化を起こすことも可能であると思います。

よく言われることでいけば、別れた人が悔しがるような、幸せな今を過ごす自分になることが、最大の復讐であると言われます。

あなたは、どんな自分になって再会したいですか?

前よりも、輝いて、自信に満ち溢れた魅力的な人になっていたいとは、思いませんか?

人間関係で失敗することは、誰にでもあること。

自分を自分で傷つけ続けて、心療内科や精神科に掛かり続ける事よりも、自分を認めて解放していってあげられる自分になりたいですよね★

アヤメでは、どんなあなたも応援しています!

今回のコラムは、依存と向き合い、自分らしく生きて行こう!というメッセージを込めてお届けしました。

日々、更新していくコラムには、人生で困った時の答えが見つかるようにと願いを込めて書いています。

 

 

 

自分らしく生きていくために、訪れる分岐点はどうしますか?

人生の分岐点…後悔するのも、つまらなくするのも選択肢次第!!

こちらもご覧下さい。

 

 

最後まで読んで下さり、ありがとうございました。

気に入っていただけましたら、シェアして下さると嬉しいです♡

この記事を書いている人 - WRITER -

Your Life Advisor.

アドラー心理学専攻・東洋医学専攻・介護福祉士。

人生幸せ学研究家・スピリチュアルと日常の繋がり研究家・断食と健康の研究家。

夫と3人の子どもを育てる母を両立奮闘中!!

詳しいプロフィールはこちら。

<電子書籍のご案内>

AYAMEでは、イーリス著書の電子書籍を出版しています。

第一弾は

「依存は癖と束縛の言い訳」

依存問題にに悩む方必見です。

依存と束縛は、切っても切り離せない問題でもあります。

 

第二弾は

「幸せになる」暗示をかけましょう!

幸せになっていくために必要なノウハウを1冊の本にまとめました。

あなたもこれを読んで、幸せを掴んでいって下さい。

第三弾は

「あなたと私の上手な付き合い方」

対人関係の問題はどうして起こるのか?

それを解くカギはあるのか?

対人関係の問題に着目した一冊です。

お得に電子書籍を読みたい方は…

Amazonの

Kindle Unlimited会員になろう!!

AYAME BOOKSが無料で読めちゃう?!

 

 

「自分のことを好きになるために」行動したくありませんか?

ふと、気づくと・・・

「こんな自分が嫌だ!!」

そう思ってしまうことって、ありませんか?

・誰かに求めてばかりの私

・〇〇のせいにこだわって、前に進めない私

・自分のやったことを責め続ける私

・自分に自信が持てない私…etc…

常にネガティブな思考に陥りがちで、何かのせいにしてしまうことを毎日のルーティンにしていませんか?

 

あなたのルーティンを1つずつ変えていくことができたら・・・

どんな自分が未来に待っているでしょうか?

 

しかも、それが無料で、できたら?

 

 

<メルマガ機能は、Twitterへ>

これまで、毎週発行していたメルマガ配信をTwitterにて展開中です。

週に1回のメルマガより、ほぼ毎日更新されるツイートをどうぞご覧下さい。

人生に役立つ内容をツイート中!!

フォローの方もよろしくお願いします。

気になるキーワードで検索

あなたに合った記事が見つかるかも!検索してみて下さい。

Copyright© 幸せになるスタイル AYAME , 2017 All Rights Reserved.