自己肯定感が低い人でも”愛され上手”になれる3つの方法

少し前までは、自分に自信が持てないとか、消極的、内気…なんて言葉を使っていましたが、ここ数年で「自己肯定感」という言葉が浸透しましたね。

 

自己肯定感とは、簡単に言えば、自分を自分で肯定的に評価できることです。

 

「自己肯定感」という言葉が浸透したといっても、自己否定の方がみんな得意だと思います。

 

その背景には、まだまだ薄れてきたとは言え、日本の文化には「謙遜する」というものがあるからです。

 

人からどんなに褒められたとしても、

そんなことないです。

と、否定的に返答することが美徳とされてきましたし、肯定的に思ったとしても、それを表に出さないものですよね。

 

でも、謙遜されると、褒める側も良い気持ちがしない時もあると思いませんか?

 

さて、今日は、対人関係のやり取りで困らない人になり、自分の人生をより有意義にしていく「3つの愛され上手になる方法」をお話します。

 

1.ネガティブワードを使用禁止にしてみよう!

 

【チクチク言葉】

相手の気持ちを害する言葉=自分の気持ちも害する言葉です。

  • 可愛くない
  • 不器用な自分が嫌い
  • 自信がない
  • どうせ私なんて…

こんな言葉を自分自身に浴びせていませんか?

 

自分に対して、チクチク言葉ばかり使っていると、自己肯定感が上がることはありません。

 

その想いは、顔にも出ます。

 

なんか、この人のオーラ、雰囲気嫌だなぁと感じることってありますよね。

それは、内面が滲み出るからこそ感じる印象です。

 

ということは、チクチク言葉であるネガティブワードの使用を全面禁止にしてみたら、何か変わる気がしませんか?

実は、こんな繋がりがあるんです。

▼   ▼   ▼

2.自分自身が聴いていることに気づこう!

常日頃、他者からの評価や反応を気にしがちですが、誰よりも先にすべてを聴いている人がいます。

それは、

あなた自身です。

 

あなたの思うことを全部聴いているただ1人の存在は、あなた自身です。

 

聴いてるつもりなんてないと思うかもしれませんが、そんなことはありません。

いつも聴いています。

 

どんな風に感じたか、どんな感情を抱いているか、どんな言葉を思い浮かべているか、建前から本心までも…すべてを知っているはずです。

 

問題なのは、

いつも聴いているはずなのに「自分に聴かせている」という認識がないことです。

 

ネガティブワードをいつも聴かされていたら、いつも居心地が悪くて当たり前です。

楽しくない、つまらない、イライラする、苦しい…

それは自分のことに限りません。誰かの言動を思い返して考えることもあると思います。

 

好きな芸能人を思い浮かべている時は、ウキウキして楽しい気持ちにもなりますが、嫌いな人、嫌なことをされたことばかりを思い浮かべていたら、沈む一方です。

いつもチョイスしたい言葉は“フワフワ言葉”

▼   ▼   ▼

3.愛され上手になるコツは”フワフワ言葉”

 

愛され上手になるということは、自分自身を笑顔に変えてあげることからです。

 

自分自身を笑顔に変えてあげるためには、”フワフワ言葉”の使い手にならなくてはなりません。

 

【フワフワ言葉とは】

相手の心を癒すフワフワ言葉=自分の心も癒す言葉です。

  • 今日もありがとう
  • がんばれたね
  • できたね
  • やればできるじゃん
  • 可愛いね
  • 優しいね

こんな言葉を自分自身に掛けてあげたことはありますか?

 

そんな言葉を自分に掛けられるようになると、自然と口角が上がるようになって、優しい目つきになって、穏やかな表情や心へと変わっていきます。

 

愛される人は、いつも柔らかいオーラを纏っていて、笑顔の絶えない人だと思うんですよね。

そして、その状態が、自己肯定感が高い状態です。

 

まとめ|自己肯定感を気にするより、聴き心地のよい言葉使いになろう!

 

今日の3つのコツのおさらいです。

①ネガティブワードの禁止
②自分がいつも聴いているという認識
③フワフワ言葉を使う心掛け

 

この3つを考えるようになることは、あなたの毎日の生き方が変わるコツにもなります。

 

自己肯定感が高いとか、低いとかを気にするより、自分に聴かせても大丈夫な言動へと意識を傾けるだけで、自然と自己肯定感が上がります。

でも、どうしてもネガティブな気持ちになった時には、自分の相談相手になってあげれば大丈夫です。

 

詳しくは、サブスクコンテンツ
自分の心の操作法にて解説しています!
どうぞご活用ください。

最新情報をチェックしよう!