旦那を後悔させる最高の仕返し「あなたが執着心を捨てること」

旦那が浮気をしたり、モラハラ的な態度、DV的な態度、その他、理解できない言動に出た時、結婚生活という輪を乱された気持ちになりますよね。

 

そして、あなたの気持ちを分かろうとしない旦那の無関心な態度に傷つき、どうにか、後悔させてやりたいと考えませんか?

 

これまで、どんな思いで辛いことも辛抱してきたのか…

どれだけ、旦那のことを考えてきたのか…

 

馬鹿馬鹿しい気持ちで一杯になることもありますよね。

私もそうだったから、あなたの気持ちが、ものすごくわかるんです。

私も主人もバツイチ再婚をしています。私たちの実体験も含めて、最高の仕返しを一緒に考えていきたいと思います。

 

【前提】後悔とは自発的にするものであって、させるものではない

「旦那にしたことを後悔をさせたい」と思う気持ちは、痛いほどわかります。

でも、難しいのが、後悔させようと思って、旦那があなたの策略通り後悔するかは、全く別の話なんですよね。

 

ただ、後悔させることができないわけではありません。

 

過去に一度だけ、付き合っていた男性を後悔させたことがあります。

その時は、何か仕返しをしたとかではないんです。

 

言わなかった気持ちをストレートにぶつけたんです。

 

それまで、どれほど込めてきたか、その報いを受けることなく過ごしてきた私は、ある時、思いの丈をぶつけました。

意表を突かれた相手は、これまでと態度を一変させました。主導権が私に移り、別れないで欲しいと必死でしたが、もう遅いんですよね。

 

後悔とは先に立つものではないからこそ、相手が甘えてきた結果に打ちのめされることになる。

 

私にわかるような形で、後悔の意を見せたのは、この時の男性だけでした。

 

別れた元夫も後悔を見せたことはありません。

 

内心は、後悔することがあったかもしれませんが、目に見える形で後悔を感じるような言葉や態度を出したことはありませんでした。

 

私の経験からしても、自分にわかるような形で後悔の意を見せるというのは、余程の条件が整わないと難しいのではないかと思います。

だからこそ、あなたと一緒に考えていきたいと思います。

 

【整理しよう】旦那を後悔させたいと思った裏にあるあなたの気持ち

あなたが、私の友達なら、こんな言葉を贈りたいと思います。

あなたの夫がシタ夫の場合


すごく悲しかったよね。
一生懸命やってたのも知ってるし、どんな理由があったって、あなたのことも、子どものことも裏切っていいわけじゃない。
精一杯だったもんね。余裕ない中で頑張ってきたんだもんね。こんな裏切りはないよね。
何より、あなたがずっと信じてたことを私は知ってる。
分かるとしか言えないけど、あなたが傷ついた分だけ、私の心も同じように痛いよ。
こんな痛みを与えたシタ夫、ぶん殴ってやりたい。

 

あなたの夫がモラハラ・DV・その他の場合


自分の心に嘘ついて、自分の心を犠牲にして、よく頑張ってきたね。
きっと、私に話してくれたことなんて、ほんの一部で、もっと苦しい思いをしてたんじゃない?
そんなヤツに支配されて、あなたがあなたでなくなるようなら、この結婚から卒業を考えることも大事だよ。
私は、あなたが聞いて欲しいって思った時にしか助けになってあげられない。
あなたの幸せが、この結婚生活にあるなら、全力で支えるし、応援する!
でも、もし、幸せがないなら、これ以上、あなた自身の幸せも考えて欲しい。
どんな答えを選んでも、全力でサポートするからね。

 

あなたの状況に完全一致の言葉にはならないかもしれませんが、苦しい気持ちがそこにあるのだと思うんです。

旦那に後悔させたい

 

そう思う気持ちの裏には、

  • あなたの悲しかった気持ち
  • 苦しかった気持ち
  • 寂しかった気持ち
  • 悔しかった気持ち…

いろんな気持ちがあると思うんです。

 

そこには、どうして?約束したじゃないという裏切られた気持ちもありますよね。

 

ずっと、一緒に生きて行こう。

 

プロポーズの言葉を胸に苦しいことも頑張ろうとしてきたこともあったと思うんです。

 

私自身も苦しかった過去があるからこそ、あなたのその気持ちに手を差し伸べたいんです。

 

【注意】相手への恨みを浄化させなければ、幸せになれない

あなたの中で、納得できない想いが残ったままだと、相手を憎んだり、恨んだりする気持ちが、いつまで経っても消えません。

何かがあれば、

旦那のせいでこんな思いをしている。

 

そう感じて、前に進めないままになってしまいます。

 

ぎゃふんと言わせたい。
後悔させたい。

 

この気持ちに囚われていると、幸せが近づいてこれません。

と言うよりも、幸せが目の前にあっても気づけません。

 

なぜなら、あなたの頭の中は、「旦那を後悔させたい」という思いに支配されてしまうから。

 

友達がどんなに心配していても、どんなに手を差し伸べていても、その心に気づいてあげられないかもしれません。

 

お子さんがあなたに笑って欲しくて、いろんなことをしてみるけど、あなたは、お子さんの気持ちに気づかないかもしれません。

 

私は、よく自分が一杯一杯になると、友達と長電話をして、子どもが励ましてくれる素振りにも気づこうとしなかったと思います。

友達には、寄り掛かり過ぎて迷惑をかけたし、子どもたちには、寂しい思いを抱えているのに何のフォローもしてあげられなかったと、私の方が後悔しています。

 

身近にある大事なものに気づけなくなって、逆に傷つけてしまうことが、1番怖いことです。

 

【考察】後悔に繋がるのは「申し訳なさ」を痛感した時

さて、人が後悔する時について、深掘りしてみましょう。

あなた自身を振り返ってみてください。

 

誰しも、一度や二度は、大きな過ちを犯し、後悔の念に苛まれることがあると思います。

でも、その後悔って、どんな時に感じていると思いますか?

 

例えば、当然の報いだ!と思っていることだったら、その行いに後悔することはありませんよね。

 

相手にとんでもないことをした。

そう痛感した時、初めて申し訳ないことをした。

そう気づき、反省するのではないでしょうか?

 

 

相手の痛みに気づかない限り、本当の意味で後悔することはありません。

 

つまり、旦那に言い分があるうちは、あなたに対して、申し訳ないことをしたと後悔することはないということです。

 

あなたに嫌気がさして、浮気をした。

 

もし、そんな理由があるのなら、あなたを失ったことで、旦那が後悔するには、相当な価値があったことに気づかなければならないことになります。

 

浮気されたと知った時のNG行動として、相手を責めるような行動に出てはいけないとありますが、これは理に適った話です。

 

魔がさして浮気をしようが、嫌気がさして浮気をしようが、あなたが旦那に敵意を見せた段階で、あなたにすがる理由が旦那側には無くなります。

 

浮気の是非を問うのではありません。

 

これは子育てでも同じで、非がある時にさらに責められて、心を開く人はいないでしょう。

どんなに非があったとしても、自分のことをそれでも大切に想ってくれる…。

 

そんな時にハッとさせられるものです。

 

一度は怒ってもいいと思います。

 

でも、そこから、無視をするとか、関係を紡がない姿勢をあなたが出してしまったら、それを解いて紡ぎ直す術は、相手にも無くなります。

 

ここには、大人だから、男だから、旦那だからという理由は無いと思います。

 

あなたの言動を旦那が卑屈に取ることは問題だとは思いますが、もしも、卑屈に取らずに受け止められる人であるのなら、そもそも間違いを犯すことはなかったでしょう。

 

だから、後悔させようと思って何か作戦を立てるのなら、あなたが旦那にとって〝かけがえのない人であること〟を理解させなければ意味がないのです。

 

旦那への最高の仕返し「あなたが執着心を捨てて、イイ女になること」

どっちが傷ついたとか、どっちが辛かったとか言い争っても、そこで勝ち負けを決めるには、互いの気持ちを正当に量りあって、勝敗を付けるなんて難しすぎます。

 

これを読むあなたは、これから先、結婚生活を継続させるのか、離婚するのかはわかりませんが、あなたが幸せになるには、旦那への執着心を捨てなければならないのは、どちらの選択も同じです。

 

あなたが第三者であった時…そうですね、あなたに起きたことが、友達の身に起きたことだとしましょうか。

 

  • パンツは洗わずにタンスに戻すの
  • 嫌味をLINEで返すの
  • 懺悔の意味で奉仕させるの
  • フラバで毎回責めちゃう

こんな話を聞いたら、どんな気持ちになりますか?

 

浮気をした旦那は悪いかもしれないけれど、それはシタ夫の宿命だからと思えますか?

 

それよりも、そんなことばかり言う友達に魅力を感じますか?

 

友達に置き換えましたが、あなた自身の行いを客観視する必要があります。

 

〝逃がした魚は大きい〟という感覚が旦那側になければ、後悔させることができません。

 

具体的に言えば、逃した魚が大きいということは、あなたは、とてもイイ女だったということです。

 

イイ女って、どんな人を指すと思いますか?

 

旦那に腹が立っていると、困っているのに知らないフリをしたり、ざまあみろという発想を持つことがあると思いますが、これは、イイ女とは呼べない行動だと思うんですよね。

 

一度は怒ったとしても、翌日には気持ちを切り替えて、何事もなかったかのように接する。

  • 無視をしない
  • きちんと労いの意を見せる
  • 手の行き届いた行動を示す
  • 笑顔を忘れない

どうでしょうか。

 

もしかしたら、そんなことできない。したくないって思うかもしれませんね。

 

以前に美輪明宏さんが話していた、どこかの奥様は、ある日、ご主人が蒸発してしまいます。数年経って、突然家に帰ってきた時、お風呂を沸かし入れてあげたそうです。何も咎めない妻の姿に涙が溢れ、身勝手なことをした自分を黙って受け入れてくれる妻に頭が上がらなくなったという話だったと思います。

 

ここまでのことをするのは、並大抵の精神力ではできないと思います。

 

でも、イイ女というのは、あなたのご主人にとってであり、ご主人が評価できることも指します。

 

もう1つ、イイ女になる方法があります。

 

離婚を決めているのなら、あなた自身が旦那への執着心を捨て、自分の幸せに向かって歩いて行くことです。

 

何を言われても、もう遅いんだよ。

そう貫くのなら、後ろを振り返らず、前だけを向いて進む。

 

どれだけか経った時、あの日あなたにされたことで、私がどれだけ苦労してきたかわかる?と言う未来を迎えるのと…

 

どれだけか経った時、今、私は、こんなことをして人生を謳歌してます!逆に感謝してる!ありがとう!!

 

そう言える未来、どちらがイイ女ですか?

この場合のイイ女は、誰が見ても輝いて見える女性です。

 

1.後悔させたいのなら、大我な愛で受け入れる。

2.あなたがイイ女に生まれ変わって、新たな幸せを手に入れる。

 

大きくこの2つが、あなたが歩くべきこれからの道だと私は思います。

 

経験談から、あなたへのエール

最後に私たちの実体験からエールを贈りたいと思います。

 

イーリスからあなたへ

私は、サレ妻だった過去を持ちます。

シタ夫である元夫は、友達として紹介した年上の女性(既婚子持ち)と浮気をしました。

 

昨日まで普通に連絡を取っていた友達が浮気相手だったことが、どれほどショックで人間不信になったか分かりません。

元夫のことを許せずにこだわっていた頃、私は、うつ病MAXでした。

荒んだ家庭で育ってきた私にとって、温かい家庭を築きたかったのに壊れて行く現実が受け入れられませんでした。

 

改心して欲しいと思えば思うほど、真逆の行動が増え、心はどんどん壊れて行く毎日に再構築は叶わず離婚しました。

 

離婚してしばらく、なかなか精神的に不安定な日々を送りましたが、どうしても譲れなかった想いは、幸せになりたいと言う気持ちです。

 

幸せになりたい…

 

そう心に決め、前を向いて歩き始めた時、今の夫であるナタール先生に出逢いました。

どんな時も見放すことなく、私と向き合い続けてくれた姿と共に未来をつくりたいという想いが、このAYAMEというサイトを彩っています。

 

私が実現させたい夢、ナタール先生が実現させたい夢は、共に同じです。

誰かの光や道標、希望になりたい。

そんな願いで溢れた人生を送っています。

 

元夫との間には、2人の息子がいるので、時折、連絡を取ることがありますが、今の私は、離婚をした今、この人生に納得できています。

なぜなら、もう何も噛み合わないんです。こんなに考え方、価値観が違ったのかと驚いたくらいです。

 

元夫の言葉は、私が求める返答はできないことに大きな納得をしました。

それは、私が成長した証拠です。

 

離婚して、約15年、元夫も成長したんだと思いますが、一緒にいたら味わえないかけがえのない人生を手に入れました。

ずっと、許せないと執着していたら、得られなかった未来だと心から思います。

 

人生はまだ長いです。

残りの人生、恨みつらみを言って過ごす日々が幸せだとは思いません。

あなたの寿命が80歳だと仮に決まっているとしたら、その日まで、どう生きても残り数十年あるわけです。

それをどう過ごしますか?

 

どう処理していいかわからなくて困ることもありますよね。

でも、自分の感情に翻弄され、幸せに繋がらないことに一生懸命になっても、幸せの花はそこには咲きません。

 

離婚するしないを問わず、あなたのために、あなたが幸せになることを優先してください。

そこに今のご主人が必要ならば、もう一度、あなたから手を繋いであげてください。

 

ナタールからあなたへ

実は、ぼくも離婚歴があります。

元妻との間に子どもはいません。

 

何がいけなかったのか、確かな理由がわからないまま、元妻の心は、ぼくから離れて行き、離婚という現実を突きつけられました。

 

ちょうど、母親が他界したばかりで、本当に精神的にもキツい時で、本当に心の拠り所がどこにもなく、何を励みに生きていたのか思い出せないくらい荒んでいたと思います。

 

ただ、鍼灸師になろうという夢だけが支えでした。

西洋医学では治せなかった癌、東洋医学には何か希望があるのではないかと、思いを馳せ、ひたすらに勉強に打ち込み、それ以外の時間は、生活費と学費を稼ぐために仕事をしていました。

 

そんな生活だったからか、倒れたこともありました。

倒れても、そばに居てくれる人もおらず、本当に孤独だけがありました。

 

元妻は、鍼灸師になりたいという新たな夢を応援してくれることはありませんでした。

ぼくの身勝手さに嫌気がさしたのかもしれません。

 

ぼくが頑張って自分の店を開業して間もない頃にイーリスさんに出逢いました。

 

子どもが居なかったぼくは、元妻と離婚後に連絡を取ることはありませんでしたし、こうしてお話させてもらってはいますが、日常生活において、元妻を思い返すことは一切ありません。

 

浮気をしたという事実はありませんが、元妻にとっては、嫌になる一面を持っていたのだと思います。

 

これを読むあなたに伝えたいことがあります。

 

恨みたくなることもあるかもしれません。人間ですから当然です。

でも、どれほど恨んだとしても、あなたの存在がご主人の中から消えてしまえば、恨み損になってしまいます。

 

ぼくの元妻が、ぼくの幸せを願ったのか、不幸を願ったのかはわかりませんが、ぼくは、新しい幸せを手に入れて、過去を忘れて生きています。

イーリスさんの元夫も新しい家庭を持って暮らしていると言います。

 

終わってしまえば、新しい未来もある。

 

そう考えた時、後悔させるということも叶わなくなるし、そう願い続けるだけ、あなたの心身はダメージを負うと思うんですよね。

 

それが、どれだけ許せないことだったとしても、相手の行動や未来を制止することはできません。

 

どんなに辛いことが起きたとしても、信じていれば、未来には明るいことがあるものです。

 

ぼくたちは、あなたにそれを伝えたいんです。

 

あなたの幸せのために生きてください。

あなたが幸せにならない選択をしないでください。

あなたを幸せにしてあげませんか?

 

その傷を消すために一緒に道を探していきましょう。

 

心のコントロールが必要なことは、サブスクコンテンツ:自分の心の操作法で詳しく記載しています。

こちらも合わせてお読みください。

最新情報をチェックしよう!