幸せとは何か?不幸との違いは?過去と現在が表すあなたの心

 




この記事を書いている人 - WRITER -
「あなたは私らしく生きていますか?」私は、かつて私らしく生きることができませんでした。今では様々な出来事が磨いてくれたおかげで「幸せになるスタイル」を生み出せるようになりました。誰だって、上手くいく時もあれば、そうでない時もあるものです。でも、どんな人も「生き方のコツ」を知れば、幸せ全開になれるんです。最初から私だってマスターしていたわけじゃない…それを励みにして頂ければ幸いです。

詳しくは、こちら

<結論>

ポジティブな言葉と感謝の言葉が言える時…それを幸せだと言い換えることができる。

 

 

幸せとは、何か?

 

不幸って何なのか?

 

その答えが知りたくて探しているあなた。

 

<質問>

もし、「幸せ」という定義があったら…あなたは、そこに同意・納得し、それを「幸せ」なんだと飲み込むことができますか?

 

こんなあなたに読んで欲しい

毎日、幸せになりたいと願うも、幸せって何かわからないあなた。

不幸だと嘆き、幸せになれるのか、疑問を抱くあなた。

幸せになってはいけないとブロックしてしまうあなた。

 

【AYAME3コマ劇場】

1.未経験なものからは、幸せも、不幸も、測れない。

2.ネガティブだけでは気づけない。

3.ポジティブだけでも気づけない。

 

人の数だけ考え方・感じ方・捉え方…があることでしょう。

それを無限∞と言うのかもしれませんね。

 

けれど、その中に共通点があったとしたら?

 

幸せになるスタイルAYAMEが提唱する「幸せとは」本編へお進みください。

 

 

人は何故、「幸せとは何か?」を探し求めるのか…

 

このコラムを作るきっかけになったのは、長男の一言でした。

「幸せって何?」

何てことはない家族団らんのひと時の話でした。

 

<疑問>

幸せや不幸せに「定義」は存在するのか?

 

途端に考えさせられました。

そう言えば…「幸せ」って言葉をよく使ってきたけれど…

 

そもそも、「幸せ」って何なんだろう?

 

考えればとっても深い…

 

何気なく使ってきた「幸せ」って、言葉で説明もできないのに…

 

「幸せになりたい!」とか言ってたこともあったなぁ…(汗)

 

わかってないくせに、何を追い求めてきたんだろう?

 

好きな人といること自体が、幸せなのかな?

美味しいものを食べてる時が、幸せなのかな?

お金に不自由してなかったら、幸せなのかな?

 

何だか…どれも幸せって感じもするけれど、それを人に説明できる物でもない気がする…。

 

 

 

だって、個人の主観だもん。

 

 

 

逆に

 

好きな人といない時間の方が、幸せな人もいるかもしれない。

苦手な食べ物を克服したことに、幸せを感じるかもしれない。

お金じゃないことに、幸せを感じるかもしれない。

 

考えれば、考えるほど…わからなくなってきた。

そんな私が息子に説明するに至った経緯を綴っていきますね。

私の頭の中の続きをどうぞ☆

 

 

未経験なものから、幸せも、不幸も、測れない

 

大抵の物事は、案外無知な事が多いもの…。

それに対して、良いだの、悪いだの評価することって多い。

その立場に立ったことがないことなのに、「それって○○だよね~」と簡単に言ってしまったり…

やってもないことに「いや、そんなの楽しそうじゃないから嫌だ」と言ってしまったり…

つまり、未経験なことにまで評価をしてしまっている。

 

何も経験したことがなかったら、何も感じることはない

 

私たちは、今日までに、いろんな経験をして、生きてきましたよね。

 

私の育った家庭環境は、幸せだったと言えるものではなかった。

でも、そんな家庭環境だったから、仲良し父娘を見ると…

 

(私のお父さんが、あんな風に、いつも笑顔でいてくれたら…お母さんと和気藹々としてたら…)

 

そんなことを想い眺めていた記憶が、ふと蘇ることがある。

 

そう、単純な話…

 

良くも悪くも、何かの経験があるから、思うことがある。

 

もし、無人島で、一人ぼっちで生きていたとしたら(現実ありえませんが)、両親についても、友達についても、思うことなんて何もない。

 

DVな家庭だったけれど、その経験があるから、そんな家庭環境は、良くないものだって知ることができた。

 

だから、母を大切にしたいと思い続ける私がいる。

だから、同じ家庭環境にしたくないと、笑顔の多い家庭を作る努力をする私がいる。

 

無限に当てはめていける経験の結果で、やっぱり経験は、財産なんだなと思う。

 

次に、経験したこともない物事について考えてみた。

 

 

未経験で判断することこそが、不幸だ

 

自分の趣味でもなくて、今まで考えもしなかった物事に誘われることがありますよね。

 

人生におけることをすべて経験できるとは言えないし、倫理的に、やってはいけないこともある。

 

けれど、倫理的な問題が発生しない物事なのに、自分の生活習慣で判断してしまう時がある。

 

すごく単純な話は、ご飯は、食べる。

けれど、ご飯を調理することは、したくない。

 

一度も包丁を握ったこともなくて、味付けをしたことも、調理方法も知らない人は、「自分は、出来ないから」と言うパターンがある。

 

一度もやったことのないことを「出来ないこと」と答えたり、「楽しくない」と決めつけたりする。

 

こんな人に、お祭りの主催者になろう!

模擬店で、たこ焼き屋をやらない?

と、誘ったとしたら…

 

「料理は、出来ないし、食べること専門だから嫌だ。それに、模擬店なんて、人前で、恥ずかしいからやりたくない。」

 

こんな理屈を並べて断るかもしれない。

 

明日、フランス料理を作ってと頼まれれば、難易度が高すぎて無理だと断ることはあったとしても…

 

料理をしたことがないから、料理の楽しさを知らない。

人に裏方として振舞う経験をしたことがないのに、それがつまらないことか、自分に合わないことかなんて、やってもないのに答えが分かるわけがない。

 

 

中学生の頃の私…親友にサマーボランティアに誘われたあの日…

 

「人見知りだし、老人ホームとか、汚い感じがするし、行きたくない。」

 

そう答えていたら…今、ここに居なかったと思う。

 

実際に、私はそんなことを考えたけれど…親友が誘ってきたことだからと、しぶしぶOKした。

 

 

結果…目からウロコ。

こんな素晴らしい世界があったのか…思い知らされた。

 

 

もし、あの日の私は…自分の持つ主観のみで断っていたら、どんな「今」を過ごしていたのだろう?

 

考えたら…少し怖くなった…。

 

 

でも、感謝って、こういう気づきから生まれていくものだと思う。

 

 

次に、ネガティブって何だろう?と、考えてみる。

 

 

ネガティブな要素だけでは、不幸せだと断言できない

 

不幸だと嘆くことって、一体何だろう?

ネガティブな要素は、誰もが持ち合わせているもの。

じゃぁ、みんな不幸せだと嘆いているかと言えば…そうでもない。

ネガティブって何なんだろう?

マイナス思考や後ろ向き、暗そうなイメージしかない気もする。

やっぱり、暗そうなイメージ通り、不幸せなんだろうか?

 

 

そもそも、何故、ネガティブに感じるのか?

 

ネガティブになることって、陰の要素の強いものが浮かぶ。

 

失敗した

言えなかった

嘘を付いた

怒った

言い過ぎた

羨ましい

 

もっと、深いシチュエーションになると…

 

悲しいことだった

辛いことだった

腹の立つことだった

嫌な目に遭った

許し難いことだった

 

こんなようなことは、日常茶飯事…よく起きることで、程度問題は人それぞれ…

 

単なる事実なら、「こんなことがあったのだ。」で、済ませれば良さそうなんだけど…

 

その余韻から離れようとしないから、いつまでもネガティブな状態を維持してしまう気がする…。

 

そんな状態から気づくことはできるのだろうか?

 

 

ネガティブから気づくものは、ポジティブ精神!

 

経験って、やっぱり財産な気がする。

 

私の幼少期を振り返ってみても、嫌だったことの二の舞も、過去の失敗も繰り返したくないから、こんな風になろう!こんな風に生きよう!

 

そう言える私がいる。

 

大切な人を失った悲しみからも…

 

だから、今日を、「今」をどう生きるべきなのかを考えられるようになった。

 

明日、大切な人が居なくなってしまうかもしれないなんて、考えるのは嫌だけれど…

 

そんな悲しい経験をしたからこそ、伝えたい言葉を溜め込んでおくんじゃなくて、その都度伝えることの大切さを知った。

 

いってらっしゃい!って、人を見送るのは…

ちゃんと、目に焼き付けておきたいから。

 

笑顔で言うのは、どんなにネガティブな気持ちだったとしても、その先の後悔を自分にさせないために努力する。

 

 

その瞬間の感情が後悔を招くことがあるから、笑顔でいよう!

そう頑張れる自分を生み出す。

合わせて、そこには、「感謝」と言える気づきもあったりする。

 

 

そんな行動がポジティブ精神の1つかもしれない。

 

ネガティブだったからこそ、笑顔でいるための努力ができる!

 

 

じゃぁ…ポジティブでいれば幸せなのかな?今度はポジティブについて考えてみる。

 

 

 

ポジティブな要素だけでも、幸せだと断言できない

 

ポジティブって言葉は、明るいイメージを沢山生み出す。

明るいものに包まれていたら、とっても心も美しくいられる気がするんだけれど…

 

なんだか、そこには落とし穴がある気がしてならない。

ポジティブでさえいれば…

この言葉から想像できるものは、ネガティブを生み出している気がする。

 

 

ポジティブ精神の落とし穴!それは自分に対する負荷

 

「もっと、前向きでいなさいよ!」

 

 

ふとした時に、使ってしまったこともあるし、言われたこともある。

 

この言葉って…実は、ストレスになるんじゃない?

 

ポジティブ精神の落とし穴…それは…

 

笑顔でいた方がいい!

笑っていれば良いことが必ずある。

良い行いをしていれば、必ず自分に返ってくる。

 

一見、有難い学びのある戒めの言葉…

 

誰だって、そのようになれれば良いことは、想像ついている。

 

 

でも、そんなこと言われたって、出来ない!!

そう感じる苦しみを抱えることだってある。

 

 

自分が負荷に感じるなら、そのポジティブ精神は、前向きに進んでいるんじゃなくて、後ろ向きに進む呪術にも変わり得る。

 

ポジティブという言葉が必ずしも、プラスに働いているとは限らないということを頭に入れておくといいのかも…。

 

 

でも、ポジティブであることに気づくきっかけって何かあるのかな?

 

 

ポジティブに気づくためには、ネガティブは必須条件?!

 

よーし!頑張ろう!!

今度こそ、成功させるぞ~!!

 

こんな意気込みを持てる時…どうして、そんなことを思うのか考えてみた。

 

 

さっきの「ネガティブから気づくものは、ポジティブ精神」と同じことが言える。

 

 

失って気づくものがあるから、今度は、失わないための努力をしようと考えることが出来る。

 

 

過去の出来事が、自分を奮い立たせてくれる。

そのための努力をしようと思える自分を導いてくれる。

 

それがきっとポジティブだ。

うん!簡潔で1番納得できる。

 

 

これだけ揃えば「幸せ」と言えるのかな?

次に、間違えてしまいそうなことを考えてみる。

 

 

 

3つの幸せの追及のために取る間違った行動

 

未経験なことに言及できるものがなくて、経験したから言えるようになることがある。

そして、その経験から、ネガティブだったり、ポジティブに気づくことができる。

それらを活かせば「幸せ」に近づけそうな気がするんだけど…注意点とかってあったりするのかな?

もし、間違えてしまったら、幸せからかけ離れてしまうのだろうか?

 

 

<間違った行動1>「あなたは、幸せね」の2通りの意味

 

他人から言われる言葉の王道と言えば…

「あなたは、幸せね」

 

言われて、そうでしょ~♪と嬉しくなることもある言葉。

でも、皮肉を言われていることもある。

 

人って、羨む生き物。

 

「あなたは、幸せね」という言葉は、自分が言われることもあれば、自分が他人に言ってしまうこともある言葉。

 

羨ましさからくる皮肉をこめて「あなたは、幸せね!」

 

素直に、相手への祝福の意を込めて「あなたは、幸せね♡」

 

他人から言われる言葉は、どうすることもできないけれど…自分から言う言葉は、後者の「あなたは、幸せね♡」と言える自分でありたい。

 

人にやっかみを言わないように気をつけよう!

 

 

<間違った行動2>幸せを追求すれば「幸せになれる!」という思い込み

 

何でも限度というものがある。

 

度を越せば、それは問題になる。

 

もちろん、想像することも大切なんだけれど…

 

単に思い込んでいるだけでは、何も変わらない。

 

行動に移すことは、とっても大事だけれど…ストイックに行動しすぎることは、「幸せ」からかけ離れていく場合があることを忘れてはいけない。

 

 

自分の幸せのためならば、他人を傷つけても良い。

 

こんなことを考えてしまったら、本末転倒。

それは、幸せと言えるのか…と言えば、未来には、幸せではなかったという答えを自分が気づくかもしれない。

 

そう、未来は、過去と現在の組み合わせのその先。

 

わかりやすい表現だと、タイムセール・バザーといった人混みの中から、勝ち取って欲しいものを買えた時の喜びを「幸せ」と表現することがある。

 

でも、その時に、人を押しのけて、怪我をさせてまで勝ち取ったとしたら…その物にどこまでの「幸せの価値」があるのか振り返ってみる必要がある。

 

宗教的要素もここに含まれるかもしれない。

 

幸せの追及=自分のためという利己的な感情を生み出さないように絶えず修正する必要がある。

 

こんなことを忘れると、間違った追及をしてしまいそうだ。

 

 

<間違った行動3>自分の過去や現在への否定

 

未来は、過去と現在を合わせたその先にあるもの。

 

どんなに嫌な事が起きても、どれだけ否定したかったとしても、その出来事が起きたから、今の自分がどうであれ存在する。

 

「幸せ」を見つけ出すには、過去が絶対に必要。

 

過去なしで、未来などあるわけがない。

今の積み重ねが、未来。

 

未来を作っていく基盤は、今この瞬間より前にある。

 

自分が気づけたことは、今より過去の出来事があったお蔭で気づけた。

過去なしでは、学びは1つも生まれなかった。

最初の無人島で生きていたらどうだったのか?に話は戻ることができる。

 

どんなに無かったこととして、闇に葬り去りたい過去や今があったとしても、そのお蔭で、志すことのできる今より先を知ることが出来た。

 

そして、そうではないことに「幸せ」が存在するのでは?と答えを持つことが出来るようになった。

 

どれ1つ抜けても、今の自分が成り立たなくなるという公式を否定してはいけないんだ。

 

いろんな考えが浮かんだところで、しっかりとまとめてみよう。

 

 

【まとめ】「幸せ」とは、過去と現在を超越して、発する・感じることができること…その積み重ねが、未来を創り上げていく

 

「幸せって何?」

そう聞いた長男の言葉に、いろんなことを瞬時に巡らせて考えた。

 

幸せとは…

ポジティブな言葉と感謝の言葉が言える時

それを「幸せ」だと言い換えることができる。

 

ポジティブな言葉と感謝の言葉が言えるのは、今より前の経験があるからだ。

 

嬉しいと気づくには、悲しい経験をしなければ気づけない。

 

楽しいに気づくには、つまらないを味わってこそ

 

優しくしようと思うのは、辛い経験があるから

 

ありがとうと言えるのは、救われた経験があるから

 

それらの感覚を言い換えれば、すべてが「幸せ」と言えるものだ。

 

辛かったことの裏には、嬉しいと感じられる自分がいる。

そこに安堵したりする。

 

当たり前化したものを「幸せ」と思うのは、難しい。

 

何か、ネガティブなことがあって、改めて「幸せ」なんだと噛みしめる。

 

反抗期で腹の立つ時も増えた息子。

だけど…

「ママだから、どんなにムカついても、家に帰ろうと思う…」

そう言ってくれた息子の言葉に涙したのは…

 

嫌気がささずに子育て出来る人がいるなら…お目にかかってみたい。

やっぱり、辛さの裏返しにある嬉しさを感じたからじゃないかな?

だから、この子たちのママになれたことは、「幸せ」なことなんだって、言えるんだと思う。

 

夫婦だって同じ。

毎日顔を見てたら、腹の立つ日だって、考えの合わない日だってある。

でも、自分を大切に想ってくれている気持ちに気づけたら…「幸せ者」だなって思う。

 

 

自分ばっかり!!って、腹立ってくるんだけど…

やっぱり、夫も子どもたちも大切だから…気持ちを切り替えて、笑顔になろうと努力する。

頭を冷やして、文句言いたいことを抑えて「ありがとう」って言ってみる努力もする。

 

そして、分かり合えて、他愛もない会話で家族団らんを今日もする…

 

 

そっか、それをきっと「幸せ」って言うんだろうな…。

 

 

 

夫婦とは何だろう?↓

恋と愛の違いって何だろう↓

人生の不思議について考えてみる↓

 

 

 

<晴咲心セラピーは、こんなことを考えるところ>

人生を憎んだことも過去にはありました。

何で自分ばかり、こんな不幸なんだろうと…。

嘆いているうちに幸せが見つかることは…ありませんでした。

いつも、そんな私を誰か救ってよ!そんな気持ちで過ごしていたように思います。

今では、いろんな視点を持って生活するようになり、不幸を嘆くことも無くなりました。

毎日幸せを噛みしめていられるわけではないけれど…誰かに「幸せですか?」と聞かれれば

「はい!幸せです♡」と、答えます。

 

そう答えられたら、どうですか?

 

そんな自分へのステップアップとして、答え探ししてみませんか?

1人じゃ無理だというあなたは、私と一緒に探していきましょう。

 

 

<晴咲心セラピーへのハードルが高いと感じるあなたへ>

 

まずは、簡単にお問い合せで気持ちを吐き出してみませんか?

お問い合せだけで、あなたを満足させられる言葉は言えないかもしれませんが、必ずイーリスが直接返信致します。

 

※お問い合わせは、無料です。

※メールが迷惑メールに振り分けられることがあることをご承知おき願います。

 また、返信までにお時間を頂く場合があることをご了承くださいませ。

 

「3案件無料」悩み相談が出来る「晴咲心っ子はさみっこ」が、晴咲心セラピーに加わりました!!

晴咲心っ子のLINEアカウントからもお問い合わせ可能です。

1案件=1つのお悩みのゴールが見つかるまで

9~21時の間で返信しています。

お気軽にご利用下さい☆

※混雑状況に応じて、返信までお時間を頂く場合がございます。

 

さ・ら・に…

 

晴咲心っ子では、毎週日曜日の夜にメルマガを発行していきます♪

新しい1週間の始まりに相応しい内容をお届け☆

一緒に「幸せになるスタイル」の追及をしていきましょう 😀 

悩み相談の利用も、お問い合わせに使うも、メルマガの購読をするも、全部利用するも…使い方は、あなた次第♡是非ご活用下さい!

 

晴咲心っ子アカウント

↓ ↓ ↓

友だち追加

 

10人限定の月額会員

晴咲心はさみLife」も同時募集中です!

 

最後まで読んで下さり、ありがとうございます。

気に入って頂けましたら、シェアして下さると嬉しいです♡

 

The following two tabs change content below.

Iris(イーリス)

サイト オーナー
「あなたは私らしく生きていますか?」私は、かつて私らしく生きることができませんでした。今では様々な出来事が磨いてくれたおかげで「幸せになるスタイル」を生み出せるようになりました。誰だって、上手くいく時もあれば、そうでない時もあるものです。でも、どんな人も「生き方のコツ」を知れば、幸せ全開になれるんです。最初から私だってマスターしていたわけじゃない…それを励みにして頂ければ幸いです。

詳しくは、こちら

 

<お知らせ>

イーリスからのお知らせ

「幸せじゃない!」と言いたくなるのは…

あなたが幸せを見ようとしていないから。

そんな自分を変えるか、変えないか…それもあなた次第。

「自分を幸せにしてあげよう♡」

そう思うのなら、即行動しよう♪

まだ、「晴咲心っ子はさみっこ」を知らないのなら、損してるかも?!

・毎週日曜日の夜に、新しい1週間を楽しく生きるためのノウハウの詰まった「メルマガ発行」

・晴咲心セラピーが3回分受けられる「無料悩み相談付き」

・お問い合わせとしても使える万能機能を持つのが「晴咲心っ子」

 

晴咲心っ子アカウントは、こちら

↓ ↓ ↓

友だち追加

 

 

 

 

 
この記事を書いている人 - WRITER -
「あなたは私らしく生きていますか?」私は、かつて私らしく生きることができませんでした。今では様々な出来事が磨いてくれたおかげで「幸せになるスタイル」を生み出せるようになりました。誰だって、上手くいく時もあれば、そうでない時もあるものです。でも、どんな人も「生き方のコツ」を知れば、幸せ全開になれるんです。最初から私だってマスターしていたわけじゃない…それを励みにして頂ければ幸いです。

詳しくは、こちら

AYAMEが優光泉を推薦する理由

あなたは知っていますか?

いつも何気なく食べている食事

素材には、冷やす作用のあるもの、温める作用のあるものがあるのです。

好き勝手に食べるのが幸せではありません。

体は、実は…泣いているかも…

続きはこちら

スポンサーリンク

スポンサーリンク




Copyright© 幸せになるスタイル AYAME , 2018 All Rights Reserved.