心を癒やし導くセラピスト・東洋医学のスペシャリストが提唱する

罪や問題を起こした人が悪人ならば、それを批判し一斉攻撃する人・社会は極悪人だ

 







この記事を書いている人 - WRITER -

Your Life Advisor.

アドラー心理学専攻・東洋医学専攻・介護福祉士。

人生幸せ学研究家・スピリチュアルと日常の繋がり研究家・断食と健康の研究家。

夫と3人の子どもを育てる母を両立奮闘中!!

詳しいプロフィールはこちら。

息子の学校の先生が問題を起こして捕まった。

今まで他人事だと、どこか思ってニュースを見ていた…それが、現実に起こった。

明日は、我が身って正にこの事である。

人として想うべきこと…何故忘れてしまうのだろう…

昨日まで、普通に話してた先生が逮捕された…

息子の通う学校で、不祥事が起きた。

前日、「今日、〇〇先生と話をしたんだ!」そう報告した息子…

とても、嬉しそうだった。

このところ、精神面で悩むことも多い長男には、幼い同級生よりも、先生と話す機会を持つ方が、学校が楽しめるんじゃ?と、話をしていたのです。

その私の言葉通り、先生と話してみよう!という勇気を出し、楽しかった成果を得て帰ってきたのに…

翌日、その先生は、学校に来なかった…。

逮捕されてしまったから、来なかった。

逮捕、捕まるその罪状とは…

正直、ネット社会ですし、どこまで書くかという点に関しては、悩みました。

しかし、明日は我が身。

倫理観というものを今一度考えるべきことだと思い、書こうと思います。

罪状

未成年の少女に対し、淫らな行為を行った疑いで、逮捕されました。

概要

掲示板等で、援助交際を求める書き込みがあり、金銭を支払って、行為に及んだと認めている。

それが、現状発表されていることです。

行為に及んだ時、この教師は、大学生でした。

急遽開かれた保護者説明会に参加してきた

テレビやニュースで見る展開…学校では、急遽保護者説明会が開かれました。

校長、教頭から、謝罪・事件の説明・今後の事

事件についての改めての概要と謝罪が、校長よりありました。

そして、教頭より、今後の対策等の説明を受けました。

昨日まで、先生だったのに、校長の口から出た言葉は、〇〇容疑者でした。

もはや、先生という敬称などなく、容疑者です。

そして、一心に頭を下げる先生方…

どの先生も、ジャージという通常のラフなスタイルではなく、厳粛さをうかがい知れるダーク色のスーツ姿。

私は、当初出席するつもりは、ありませんでしたが、アヤメを書く立場として、世に発信するべきでは?と思い、出席を決意しました。

アヤメのモットーは、幸せに生きるためには…です。

学校と保護者の質疑応答

この質疑応答という時間…保護者は、何を考えたのでしょうか?

飛び交った話は…私にとって、耳を疑うような言葉さえ飛び交いました。

憶測で物を言う。

ネットも同じですが、言ってしまった言葉は、取り返しがつかないですよね。

そして、人は…

問題が起きると必ず言うのが…

「そう言えば」

と言う言葉です。

そう言えば、あの人こうだった、ああだった…。

根も葉もないところから、並べる「そう言えば」

そして、本来誰が子を育て、躾けるか、育てるのは、学校なのでしょうか?

責任転嫁という言葉を知らないのでしょうか?

その辺りの詳しい経緯をご紹介していきたいと思います。

最大の見直すべき点は、学校や教師だけなのだろうか?

ここからは、私の考えるエシカル的発想で綴っていこうと思います。

親しき方から、エシカルという言葉を教わりました。

エシカル=「倫理的」「道徳上」という意味の形容詞を指すそうです。

ハッカ、徳、美徳

まず、考えるべき点は、罪状

今回の最大の問題であることは、一言で言うならば…援助交際をしてしまったということでしょう。

そして、その点しか現状明るみになっていません。

元々の本人の思考が、ロリコン的発想であったのかさえ、答えは出ていません。

しかし、多くの保護者は、言いました。

「テニス部の顧問だった、部室等で、盗撮や盗聴していないだろうか?」

この点に関して、現状余罪として挙がってもない話です。

不安になる点は、わかりますが…少々行きすぎなのではないでしょうか?

教師が授業を教えることとは…

学校に大人である私たちもかつては、通っていましたよね。

少し、先生を振り返って頂きたいと思います。

自分の受け持って頂いた先生方は、どの先生も授業は、誰にでも分かりやすいものだったのでしょうか?

先生だから、分かりやすい授業を行いたいと誰しも思うのではないでしょうか?

そして、教え手も、受け取り手も個体差があるので、想いの通りに伝わるかと言ったら、伝わらないと思います。

それは、現に私が意図していることを違う方面で解釈して、読まれる方がこのコラム・アヤメを通して必ず存在すると思うからです。

言葉は、難しいです。

想いを伝えるのは、もっと難しいです。

そこに、”教える”という意味が含まれれば、もっと難しいはずなのです。

私は、受け持ってもらった先生方全員が、モチベーションの上がる授業を行っていたとは思いません。

人ですから、合う合わないということも関係していたと思いますし、私の個人的に好きではない教科については、やる気も持っていなかったと思います。

冷静な目で見れば、そういうことが隠れているでしょう。

そして、新任教師だから分かりにくい。

ベテラン教師だから分かりやすい…これも間違いだと思います。

ベテラン教師でも、私からしたら、つまらない授業をする先生もいましたし、若い先生で、熱意を持って教えて下さった先生もいました。

産婦人科医と同じ問題ではないでしょうか?

教師、生徒それぞれの個人を見ることなく、こうであるべきだ!!と、人であるという事を無視する発言は、今後、教師不足を誘発する事態となっていかないのでしょうか?

ましてや、今回、新人教師に対し、分かりづらい・ついていけてない生徒がいると発言した保護者がいました…これに関しては、どの教師にも当てはまることだと思います。

では、誰が授業を行えば、保護者の納得する授業を行えるのでしょう…

こんな問題が起きたから、尚更発言した意見にすぎないと私は思います。

スマホを子どもに持たせることについて

現代は、スマートフォンが主流となりました。

LINEは、子どもたちにとっても、コミュニケーションのツールの1つです。

良し悪しそれぞれありますが、それでも、大人が必要なように、子どもにも必要なものとなりました。

さて、その使い方について…

誰が教えるのが妥当なのでしょうか?

説明会で発言した保護者…学校に求めました。

使い方をどのように教えていくんだと…

耳を疑いました。

子どもに倫理観やモラルを教えてるのは、一体誰の仕事なのでしょうか?

学校・先生という家族ではない人が教えるべきことなのでしょうか?

1番教えなくてはならないことは、親が、子に教えることです!

小さい頃に、教えられてきませんでしたか?お子さんのいらっしゃる方は、教えませんでしたか?

「人に会ったら、時の挨拶をしよう」

「人に間違ったことをしたら、ごめんなさいを言おう」

「人に何かもらったら、ありがとうと言おう」

最低限、生きて行くのに、挨拶は、とても大切です。

その上で、肉付いていくものが、倫理観やモラルなのではないでしょうか?

その学びの基礎は、本来家庭で行い、また、学校という社会の場で、集団生活の倫理観やモラルを学んでいくのです。

してはいけないことを、叩き込んで教えたいのは、誰しも親ならば同じはずです。

しかし、何故、そういう基礎さえも学校に丸投げしてしまうのでしょうか?

勉強にしても、子どもが呑み込みが悪いのなら、親も協力するべきことではないのでしょうか?

それが、助け合いでもあると思います。

保育園・幼稚園に入り、社会生活を子どもが送るようになったら、そこで子育て終了なのでしょうか?

中学生になったら、肝心なことを教えることなく、済ませてよいのでしょうか?

今一度、この点について考えるべきです。

誰が、責任を持っていくべきことなのか、親として、学校に理不尽な教育を求めていないだろうか?

日常の個人的な相談とは、レベルの違う話です。

公の場で、学校に求めるのが、各家庭の協力合ってこその話です。

「私たち、保護者が一団となって、子どもに、他者との関わり方を教え直します!」

こういった発言が出て然るべきことではないでしょうか?

事件が起きる度に、何気なく取る周囲の態度は、人の命さえも奪うのではないだろうか…

私は、多くの学びがあったと思います。

タイトルに表記しました。

悪い事をしたら、更生の余地なく自殺しかする道がないのかと…

誰も言葉から発した責任の重みを感じない

あなたは、自分の言葉の責任の重みを考えたことはありますか?

私は、正直、”考えてきたつもり”であって、今回の事件で、本当に口は、慎むべきだと思いました。

いろんな事件や出来事が毎日起きます。

マスコミは、一般人から有名人まで問わず、事件を取り上げます。

そこで、その事件についての主観を皆が述べます。

そして、その述べた意見を”目で見ることができます”

それが、今の時代です。

無関係者までが、サイテー!!と罵る。

もっと、汚い言葉で書き綴る。

事件の内容も概要もしっかり把握してないのに、書き綴る。

悪い事をしたわけですから、叩かれて当然な部分ももちろんあるでしょう。

しかし…

叩く人たち。

私は、問いたい…

どれだけ、自分に言えるものがあるのですか?

人を非難する…自分は、一体どれほどの人間?

私を含め、芯からの善良な人間と言うのは、どこにいるのでしょうか?

ほぼ、いないと言った方が正しいでしょう。

虫一匹殺したことのない人、生まれてこの方、法律に触れないだけで、また、捕まることがなかっただけで、過ごしてきた人がほとんどでしょう。

例えば、今に始まったことではありませんが、不倫や浮気をする人って…公にならないだけで、ものすごく多いと思います。

ネットの相談投稿で、旦那が浮気した!と言った人は、毎日のように見ます。

そして、私の周囲にもそのような事態を招く人は、ゴロゴロいます。

少し前に問題になったベッキーさんの件。

多くの人が叩きました。

ナタール先生は、言いました。

「よく、ベッキー自殺しなかったね。してもおかしくないくらい叩かれたよね。」

ベッキーや絵音さんを本心から責められる人って、どれだけの人が実際いたのでしょうか?

自分のことを棚に上げ、批判した人って必ずいると思います。

アダルトな志向性について

そして、今回の教師の問題において…

コンビニに行けば、卑猥な雑誌並んでいますよね。

それって、需要があるから並んでいるんですよね?

そういうアダルト専門のお店もありますよね。

お店が成り立つのは、需要があるから、成り立っているんですよね?

私は、そういったものを買う趣味はありませんが、世に商品としていろんなジャンルの物があることくらい知っています。

そのアダルトなジャンルって、倫理的・モラルに反した非現実的なものが多数ありますよね。

そこに着目するのなら、妄想の世界であったら、犯罪になり得ることを推奨して良いのでしょうか?

痴漢・レイプ・ロリコン…こんなジャンルの物がありますよね。

人の志向だからという言葉で片付けて良いのでしょうか?

人がそれを見て、非現実的だから、萌える。

その段階で、おかしいと思いませんか?

アダルトで取り扱われている、ロリコンについて、おそらく、本当の女子高生がやっていたら、問題です。

それこそ、法的に問題になるような話ですよね。

しかし、需要があるから、商品として並んでいるのですよね。

ここを理性でと、片付けても、そんな妄想を持って、行動しないから問題ないというのは、おかしいと思います。

盗撮しなかった、痴漢しなかった、手を出さなかったから、偉い訳でもないと思います。

そして、どの倫理が正当な性に対する志向なのでしょうか?

男性が男性を。

女性が女性を。

大きな年齢差…それって、大人の中でも普通にあることです。

モラルなんて、あってないようなものではないでしょうか?

”普通”という価値観なんて、皆無です。

誰かが、普通を説けるような性志向なんてどこにもないと思います。

今一度、世に出回らせて良い物なのか、犯罪被害を呼ぶような物にならないかというのは、考えるべきことなのではないでしょうか?

人の頭は、インプットされれば、そういう行動をしたくなくても、してしまうことだってあるのではないでしょうか?

誰しもが、紙一重な話だと思います。

後世の子どもたちに、そういったことを根付かせたままで良いのでしょうか?

問題になっても焦点の当たらない、女子高生について…

私もまだ幼いですが、娘を持つ親です。

まず、女子高生と付き合う大人なんて沢山いる

私が高校生だった頃、友達は、10歳離れた社会人と付き合っていました。

もちろん、そこには、性的関係もありましたが、結婚の約束なんてしていません。

つい最近、私が微笑ましくみたカップルは、女子高生と社会人でした。

年下で、可愛いなって、接する男の子に、この子たち長く続くといいね!って、大人ながら、微笑ましく見えました。

不思議なもので、私とナタール先生は、8つ離れていますが、大人って異常とは言いませんよね。

しかし、私が14歳で、ナタール先生が22歳だったら、社会的制裁を受ける立場になりますよね。

どの段階になったら、自分の許容範囲に入れて良いものなのでしょうか?

実際、私が18歳の頃にお付き合いしていた男性は、20代後半の人がいましたし、それは、異常な性志向にはならなかったのでしょうか?

若い女の子サイドで考えれば、大人の男性には、甘えられるので、恋い焦がれるものでもあると思います。

援助交際をするような経緯に発展するのは、誰の責任?

本題の女子高生について…

援助交際を申し出るような状況にあるのは、家庭環境が正常ではないと言えるでしょう。

身体を売ってお金を稼ぐこと

また、お金をもらわなくても、不特定多数と行為に及ぶ女性は、沢山います。

そこに教師が手を染めてしまったという点が、今回の問題であります。

しかし、問題があった当時は、教師は、大学生でした。

擁護をするわけではありませんが、私は、双方の教師も女子高生も共に、育ってきた過程に問題があると思います。

お金を払って、行為に及びたいと思う思考。

身体を売って、お金を得たいと思う思考。

そして、大人世界で言うならば、風俗という仕事があること。

大人でも、自己処理で済ますことができないから、現代でも風俗という業界はなくならないわけです。

そして、いろんな話を聞きますが、お金を一気に稼ぎたいという想いで、風俗で働く女性がいるのも、また事実です。稀に、そういう仕事が好きな人もいるでしょうが…

お金に重きを置く人、快楽に重きを置く人…いろんな考え方の人がいるでしょう。

大人が認めてしまっていることを、子どもにしてはいけないと伝えていくことって、どうしたらできるのでしょうか?

少なからず、風俗業界も経済が回っているので、無くすことは難しいでしょう。

また、法律にどこまで関与するのかグレーですが、出会いを目的とした喫茶店もありますよね。

その後のやり取りは、自由であるというお店。

女の子にメリットのあるお店。

こういったお店があるのも事実です。

何故、大人だけが許されるのか、どういう考え方で、育てたらいいのか、どういう思考能力を身につけさせればいいのか…

子ども自身が、ネットで情報を仕入れもするでしょうし、周囲から直接聞くこともあるでしょう。

そんな世の中を、どう食い止めて行ったらよいのでしょうか?

私は、誇らしい教師だと思う…全力で、身を持って、子どもに教えたのは、一瞬の判断ミスで人生を行き止まりにするのだということ

物事、どんなことにも陰陽がある…ナタール先生はいつも言います。

私も、今回の事件で、大きな陰陽を学びました。

陰の部分

教師が信用失墜行為を行ったこと。

生徒・保護者・同職員になる教師たち・周囲の人々

多くの人に衝撃的なものを起こしました。

教師になる人が、冷静な目で、教師としてのモラルを判断すべき点だったと思います。

自分の夢が教師であるならば、してはいけないことに値すると考えるべきことだったということです。

それによって、傷つけた人たちが計り知れない人数であるという事です。

この教師のご両親は、引っ越しも余儀なくされることと思います。

そして、説明会の場でも、近隣を歩かせるな!と厳しい意見が出ました。

生きて行く場、このネット社会の日本と言う場において、彼らが生活できる場所とは、一体どこにあるのでしょうか?

名前も、住所も、顔も晒されます。

何を望むのでしょうか?

生き場を失うほど、追い込んだ先に、彼らが自殺をしてしまったら、どうするのでしょうか?

無関心でいるのでしょうか?

死んで然るべきだと思うのでしょうか?

ただの集団いじめにならないでしょうか?

しかし…一度書き綴ったことは、簡単に消えることがありません。

死刑になるほどの罪を犯していなくても、また、刑事的な問題に発展しなくとも、公に悪であると判断された場合は、更生の道さえ用意されることなく、生きろとするべきことなのでしょうか?

逆に、死刑にすること…

凶悪犯罪は、極刑を言い渡されるケースがあります。

反省をすることなく、悪いとも思わないまま、死刑にすることは正しいのでしょうか?

いろいろと、疑問に思う部分がありますが、今回について…

誰も赦すこともなく、ただ追い詰められ、生き場を失う。

悪い事をしたから、天罰だと罵る。

そうであるなら、その思考こそが、殺人であると思います。

陽の部分

最初から悪い事だと認識してやる罪もあれば、罪だと知らないことで、問われることもありますよね。

長男は、今回の問題が起きて言いました。

「認識することなく、犯す犯罪があるのなら、教えて欲しい…」

難しい問です。

私は、息子に

「今回の問題は、先生が浅はかだったね。私は、バカだな~!お金払うなら、風俗行けば、こんなことにならなかったのにね」

そう言いました。

「素晴らしい先生だね!一度犯した過ちは、ざっと生徒から保護者、先生を見積もっても700人以上の人に、衝撃を与えたんだよ。身を持って、間違いを犯すとこうなると教えてくれたんだ。誰しもが教えられることじゃない。悪い事をしたら、社会的制裁を食らって、世の中から消えることになると教えてくれたじゃない」

さらにそう言いました。

おそらく、この先生は、懲戒免職になるでしょう。そこを擁護するつもりは、ありません。

教職者として、模範にならない姿勢です。

そして、併せて、性についての話を息子たちともしました。

先生だけが悪い訳じゃないとも伝えました。

子どもたちと、人生について、学ぶ機会をもらったのです。

全てが悪い訳じゃない。

そして、教頭先生にも昼間電話を入れました。

「先生、大丈夫?辛かったね。先生たちが悪い訳じゃないよ!保護者たちの心無い言葉で、昨日は辛かったね!先生たちにこれ以上どうしろって言うんだろうね!」

私は、日頃からこのようなコミュニケーションを持てる関係性を作っています。

教頭先生は、涙声で

「ありがとう…本当にありがとう、ありがとう…」

そう繰り返されました。

これが、現実です。

共に謝罪する立場になり得る人、親も上司も職場環境…いろんな要因の元で、私たちは、生きています。

自分1人の浅はかな行動が、どれほどの人たちを傷つけ、どれほどの人たちの生き場を失わせるのでしょうか?

このコラムを読んで下さった方、賛否はあると覚悟しております。

お叱りを受けるような意見もあるかもしれません。

しかし、親しい方が教えて下さったエシカルというものであるには、違いないことであると考えます。

どう生きるべきか、どう人生に起きることを学びに変えるか…

どうにもならいことを追求し続けることが、人の命を左右するものにならないか…

子どものいじめを無くしたいのなら、親たち、大人たちが、まずいじめをやめるべきではないか?

そんなことを想い、発信することにしました。

どうか、同じように手を繋いでくださる方が、増え、豊かな社会、国、世界になりますように★

そんな願いを込めて、書きました。

想いは、まだまだありますが、大変な長文を最後まで読んで下さった方には、感謝を心より致します。

まだ、不出来であろう私のこの発信を納得いただける方、是非世に広めたいです。

1人でも多くの人にシェアして届けていただけたら幸いでございます。

 

 

そんな私からの願いにも繋がり、沢山の人が心に抱える後悔…

後悔は過去への執着?!受け止めることができれば未来への第一歩!

こちらもご覧下さい。

 

この記事を書いている人 - WRITER -

Your Life Advisor.

アドラー心理学専攻・東洋医学専攻・介護福祉士。

人生幸せ学研究家・スピリチュアルと日常の繋がり研究家・断食と健康の研究家。

夫と3人の子どもを育てる母を両立奮闘中!!

詳しいプロフィールはこちら。

<電子書籍のご案内>

AYAMEでは、イーリス著書の電子書籍を出版しています。

第一弾は

「依存は癖と束縛の言い訳」

依存問題にに悩む方必見です。

依存と束縛は、切っても切り離せない問題でもあります。

 

第二弾は

「幸せになる」暗示をかけましょう!

幸せになっていくために必要なノウハウを1冊の本にまとめました。

あなたもこれを読んで、幸せを掴んでいって下さい。

第三弾は

「あなたと私の上手な付き合い方」

対人関係の問題はどうして起こるのか?

それを解くカギはあるのか?

対人関係の問題に着目した一冊です。

お得に電子書籍を読みたい方は…

Amazonの

Kindle Unlimited会員になろう!!

AYAME BOOKSが無料で読めちゃう?!

 

 

「自分のことを好きになるために」行動したくありませんか?

ふと、気づくと・・・

「こんな自分が嫌だ!!」

そう思ってしまうことって、ありませんか?

・誰かに求めてばかりの私

・〇〇のせいにこだわって、前に進めない私

・自分のやったことを責め続ける私

・自分に自信が持てない私…etc…

常にネガティブな思考に陥りがちで、何かのせいにしてしまうことを毎日のルーティンにしていませんか?

 

あなたのルーティンを1つずつ変えていくことができたら・・・

どんな自分が未来に待っているでしょうか?

 

しかも、それが無料で、できたら?

 

 

<メルマガ機能は、Twitterへ>

これまで、毎週発行していたメルマガ配信をTwitterにて展開中です。

週に1回のメルマガより、ほぼ毎日更新されるツイートをどうぞご覧下さい。

人生に役立つ内容をツイート中!!

フォローの方もよろしくお願いします。

気になるキーワードで検索

あなたに合った記事が見つかるかも!検索してみて下さい。

Copyright© 幸せになるスタイル AYAME , 2017 All Rights Reserved.