AYAMEよりお知らせです☆『晴咲心』カウンセリングを始めました♪詳しくはこちら
出産後、なかなかお腹のたるみがへこまない!?運動をしても変わらないあなたへ! | 幸せの魔法の呪文 AYAME

      2017/09/04

出産後、なかなかお腹のたるみがへこまない!?運動をしても変わらないあなたへ!

 




この記事を書いている人 - WRITER -
鍼灸師です。主に、東洋医学からの視点を織り交ぜながら執筆にあたります。

詳しくは、こちら

ファスティングをした奥さんの身体のラインがシュッとしてきて魅力を再確認した鍼灸師のNatal(ナタール)です。

ナタール

出産後、自分の身体に関する悩みとして、多くの方が思っているのは、お腹のたるみ、お腹がへこんでこないことではないでしょうか?

このお腹のたるみの原因は、なんでしょう?

赤ちゃんを守るためにしっかりと蓄えた脂肪のせい?

運動不足などによって筋力が低下してしまったせい?

赤ちゃんが過ごしやすいように広がった骨盤のせい?

いろいろとお腹のたるみの原因が、出てきましたよね。

その対策には、筋トレを含めた運動や骨盤ベルト、補正・矯正下着などいろいろあります。ちゃんと結果も出るものもありますし、大切なことだとは思うのです。

ただ、赤ちゃん、子どもの世話が必要な中、まとまった運動の時間をとるのも難しかったり、運動をし始めても、なかなか結果が出ないなんてこともあると思うのですが、いかがでしょうか?

そこで、今回は運動を始める前に、お腹がへこまない原因をしっかりと見極めて対策していく方法を提案していきます。

 

出産後、お腹がたるんでへこまない4つの原因

赤ちゃんを身体に宿し、十月十日の産み落とす瞬間まで赤ちゃんを育てる環境をお腹の中で整えていきます。

肌を緩ませたり、骨盤を広げ開いたり、筋肉や靭帯を伸ばしたり、内臓の位置を変えたりと赤ちゃんのためにお母さんは頑張っているんですよね。

それでは、お腹がたるんでへこまない4つの原因を見ていきましょう。

肌・皮膚のたるみ

妊娠線と呼ばれるようなものができてしまうくらい、皮膚の限界を超えて肌は伸びてしまうのです。それだけ伸びてしまった肌がたるんでしまうのはしょうがないところもありますよね。

 

赤ちゃんを守るための脂肪

赤ちゃんを守るために脂肪というクッションをお腹周りにつけていきます。また、見た目には厄介かもしれないですが、身体にとっては大事なエネルギーです。授乳のための大切な栄養にもなると言われているのです。

 

運動不足による筋力の低下

妊娠期間中、どれだけ運動を取り入れても特にお腹周りの筋力は低下してしまいがちです。見た目にもわかる腹筋なども低下しやすいですが、内臓の位置を支えるような筋肉や腱も伸びてしまったりして、支える力は低下してしまいやすいです。

 

骨盤が開く

骨盤は、複数の骨で形を作っているのですが、骨同士を靭帯でつないでいて半関節と呼ばれています。関節といっても、普段は自分の意識では動かせないくらい固くなっているのです。

この骨盤は、妊娠するとホルモンの作用で関節部分が柔らかくなり骨盤を開き、赤ちゃんがより過ごしやすくなるようお腹の中の空間を作るのです。

 

内臓下垂といわれる胃下垂や腸下垂の可能性

妊娠中、胃腸に負担をかけやすい状態を作っています。子どもの栄養のためにと普段よりも多い食事をとることになり、胃腸には大きな負担になってきます。

お腹の中の赤ちゃんが育ってきてどんどん子宮が大きくなってきます。お腹自体大きく張ってきますが、胃腸もすごく圧迫されます。

疲労が溜まった胃腸は、出産後、内臓下垂になる方が多いのです。内臓下垂になると、特に下腹部に胃腸関係が落ちてくる感じになるので、お腹の下側がポッコリしやすくなります。

 

半年で、お腹のたるみは元に戻さないといけないのか?

半年以内にお腹のたるみを戻さないと、なかなか戻らないとかって、疑問に思いませんか?

確かに早いに越したことはないのでしょうが、半年という期間の根拠の一つとして、骨盤が開いたのがホルモンの作用で靭帯が柔らかくなっていることです。

出産をすると、骨盤の靭帯を柔らかくしていたホルモンは分泌されなくなります。徐々に骨盤の靭帯も元の硬さに戻っていきます。

ホルモンの作用というのは、確かにものすごく身体の状況を左右するような凄いものがあります。しかし、骨盤同士を結ぶ靭帯自体が決して動かない訳ではないので、必ずしも半年以内にたるみを戻さないといけないというのは言い過ぎのように感じます。

出産後、お腹のたるみが戻りにくいのはなぜでしょう?

お腹のたるみが戻らないのは、これまでに取り上げたように様々な原因が考えられます。

ある程度は、時間の経過とともに解決するものもありますが、なかなか解決できないものもあります。

この解決できないものの多くが、生活習慣の変化によるものと考えます。

赤ちゃんが生まれると、自分がどう意識しようとも生活習慣の大半が赤ちゃん中心になり今までのものとは全く異なったものになります。

 

その習慣が、体型を元に戻すのに苦労してしまうものになるのです。

 

元に戻すきっかけのために、効果を上げやすいと考える内臓下垂に注目してみましょう。

 

 

内臓下垂!?胃下垂や腸下垂が身体に与える影響

内臓下垂といわれる胃下垂や腸下垂は、病院へ行って、お腹の中を見ればわかるんですけど、病気として扱ってくれるケースは少ないようです。

とはいっても、内臓下垂の状況が続くと便秘になったり、冷え性になってしまったり、消化吸収もしっかりできないので、代謝が悪くなったりといろんな影響がでます。

なぜ、お腹のたるみをへこませるために内臓下垂に注目するのか

お腹のたるみの原因には、いろいろなものがありました。肌のたるみ、脂肪が余分に、筋力の低下、骨盤の開きといったことです。

この原因となるものの全てに対処できうるものであり、原因のもとにもなりうるのが内臓下垂なのです。

内臓下垂が改善して、胃腸の調子が整ってくると、消化吸収の効率が良くなって、栄養が身体に行き渡りやすくなります。

栄養が行き渡れば、肌や筋肉が活性化しやすくなり、肌は引き締まり、筋肉は力強くなりやすくなります。

鍼灸の施術をしていて感じることは、胃腸関係が弱っている方は、肌が緩くダラっとしているんです。施術をしていく中で肌の質が変わっていくことを実感しています。

次に、内臓下垂の改善にお勧めの方法を紹介していきます。

 

ファスティング・断食がオススメの理由

赤ちゃんのために頑張っているお母さん、それを支えるために頑張っているお母さんの内臓も休ませてあげたい!

ファスティング・断食と聞くと真っ先に思うのがダイエットではないかと思うのです。

しかし、僕が考えるのはダイエットによる体重の減少はあくまでも結果としてたまたまでたものであって、胃腸を休めることによる体質の改善が真の目的になりうると考えています。

 

内臓の働きを正常に機能させ、位置の調整をはかる

東洋医学の考えでは、胃腸関係の働きとして、昇清作用というものがあります。

この昇清作用には、大きく二つの意味があって吸収した栄養を心臓に昇らせて、血管を通じて全身に栄養を届ける役割と胃腸関係が下がってしまわないように維持させておく役割があります。

断食では、胃腸関係を休ませてあげることによって、本来持っている力を十分に発揮できるようになると考えています。

 特に、妊娠の期間は赤ちゃんを育てるためにいつも以上に食べる習慣がついたりすることで、余計に胃腸に負担をかけていたのだからなおさらです。

 

授乳期と離乳期で、ファスティング・断食のやり方を変えよう!

ファスティングのやり方は、授乳期と離乳期では分けた方がいいです。

授乳期は、当然ながら赤ちゃんへの授乳があるので、赤ちゃんへの栄養も考慮して、三食のうち一食を断食する方法をオススメします。

実際には、断食をしたとしても授乳自体には影響はないくらい蓄えがあるとは言われています。しかし、お母さんの心としては、自分がしっかり栄養を取らねばという想いは強いはずです。

なので、三食のうち一食を断食することで、必要な栄養を確保しつつ、胃腸を休める時間を確保するのです。

断食をする一食は、ダイエットを目的とするのなら効果を高めやすいのは夕食を断食することですが、お勧めしたいのは朝食を断食することです。

なぜなら、夕食後は消化や吸収のために内臓にはしっかりと働いてもらい、午前中は排せつに専念してもらうためです。

内臓の働きにメリハリをつけることで休める時間を確保するのが目的です。

 

離乳期におけるファスティングは、思い切って、3日間の断食に取り組みましょう!

3日間の断食の一番の目的は、胃腸を休ませることはもちろんなのですが、生活習慣を改善させることです。

特に、妊娠出産の経験をしてきたお母さんは、たくさん栄養を取らなければと必要以上に食事をしなければとなりがちです。

思いきった断食をすることで、少しの量でも十分に栄養も取れて、お腹が満足できることを知ることができます。

 

うちの話ですが、イーリスは3人の子どもを産んでいて、3人目の後は、なかなか体型が戻らず苦労していました。

ファスティングに出会い、酵素ドリンク を活用することで身体のライン、特にお腹周りのラインがすごく変わってきました。

 

 

ファスティングだけでなく、運動もとても大切!

運動というと、まとまった時間をするにはなかなか大変だったりしますが、普段のちょっとした心がけ次第で変わってくるものです。

立っている時や座っている時の姿勢を正しく維持するのも運動です!

壁を背にして、まっすぐ立ってみてください。案外、普段の立っている姿勢とは違って、人によってはしんどかったりします。少しの時間でいいのでまっすぐ立つというのを心がけてみてください。これだけでも、運動になり得ます。

また、座っている時も、深く腰かけるよう心がけて、背を伸ばすことを意識してみてください。スマホなどを触っている時は、特に前かがみになってるものです。背を伸ばし胸を少し広げることを意識してみると変わってくるものです。

最後に、内臓下垂の改善を意識した運動として、お尻歩きをお勧めします。

内臓を支える筋肉として、いくつかありますが、代表的なものの一つとして骨盤底筋があります。

普段、なかなか使うことを意識できる筋肉ではないのですが、お尻歩きをすることで鍛えることができます。

お尻歩きは、簡単ですけどなかなかハードです。少しずつやっていきましょう。

 

やり方は、足をまっすぐ前に出してじゅうたんや畳の上で座ります。

お尻の左右を交互に前に動かしてお尻で歩くようにするのです。見た目の動きは地味で、ちょっと恥ずかしい感じもしますが、かなり効果のある運動です。

 

ぜひ試してみてください!

 晴咲心  

あなたの心が、広い空のように晴れ渡るように

あなたの心が、解放されて、笑顔で溢れるように願いを込めて

 

晴咲心(はさみ)カウンセリングを始めました。

 
この記事を書いている人 - WRITER -
鍼灸師です。主に、東洋医学からの視点を織り交ぜながら執筆にあたります。

詳しくは、こちら

スポンサーリンク

Copyright© 幸せの魔法の呪文 AYAME , 2017 All Rights Reserved.