心の傷の本当のお医者さん

 新しい話を始める前におさらいからはじめましょう。  

 

第1話では、「心の傷」を目で見ることができないことをお話しました。

 

あなたにとって傷つくことだったとしても、相手は傷つけるつもりがなかったかもしれないし、謝られても許せないかもしれません。

 

だから、あなたの心に傷をつけた犯人に心の傷は治せないことをお話しました。

 

そして、

1.心の傷のせいにして、自分の言動を正当化してしまっていないか?  

2.こんなことがあったから、私は可哀想な人になっていないか?

この再確認はできていますか?  

 

第2話では、心の傷の正体に迫りました。  

 

心の傷の正体は「許せないこと」でしたね。  

 

傷ついていると思っていることを具体化すると、忘れられないこと、こだわっていること、わかって欲しかったこと、望んでいた通りにならなかったことです。それらを飲み込む、受け入れることは難しいことですよね。  

 

それが、相手を許せないという気持ちになっていたり、自分を許せないという気持ちになっているという話をしました。  

 

第3話では、あなたが前に進めないブロック材料が「世界観」への理解という話でしたね。

 

どうしてもこだわってしまう「相手を理解できない気持ち」これは、世界観の違いが招いたものであり、起きた出来事に対しては「磨き粉」という認識よりも傷ついた事実がピックアップされてしまうことにあります。

 

心の傷を早く回復させる方法(全5話)
①心に傷をつけた「犯人」に心の傷は治せない
②心の傷の正体
③心の傷が回復しない原因
④心の傷の本当のお医者さん
⑤心の傷を早く回復させる方法
【概要】
1話
心の傷だと捉えているもの、心の傷にこだわった生活が与える不利益について考えます。 何かのせいにして考える癖に気づくことになります。

2話
心の傷の正体の全貌を明かします。傷つけたあの人が心の傷の正体ではありません。本当の心の傷の正体を知ることで、問題と向き合っていくために必要なことが何なのか見えてきます。

3話
なぜ、心の傷が治せないのかの真相に迫ります。 物事への否定と肯定が正しく理解できるようになれば、新しい一歩が踏み出しやすくなります。

4話
心の傷の本当のお医者さんって、誰なのでしょうか? ブラックジャック(魔法の手を持つ人)がいるのなら…そう探し続ける日々からもいよいよ脱却です。

5話
心の傷を早く回復させるための実践方法です。 これまで何をしてもダメだった、そんな人の心に光が差していくでしょう。 でも、そう選択できるかは、今からのあなた次第です。

 

第4話では「心の傷の本当のお医者さん」というキャッチ―な話をします。

私自身が長年悩んだことへの答えとも言えます。

 

もしも、早い段階で「心の傷の本当のお医者さん」を知っていたら、私は、もっと自分を労わり、大切に扱うことができたと思います。

 

だから、あなたにも伝えたい。

「心の傷の本当のお医者さん」が誰なのか…

 

心の傷の治療薬と呼ばれるもの

 

 
イーリス
心の傷薬って、一体何なのか考えてみたことはありますか?

 

かつて、精神科に通い、SSRIに分類される薬、精神安定剤、筋弛緩剤、眠剤…と、いろんな薬を飲んでいました。

これらの薬は「精神」に効く薬とされています。

 

飲めば、頭がぼーっとするから、無駄なことを考えなくて良くなったことも経験上ありました。

 

また、一時的に穏やかになった自分に気づいたことから、どれほど張りつめた状況にいたんだろうか…と感じたこともありました。

 

今からお話することは、精神科の薬の威力の怖さについての実体験であり、あなたが今処方を受けているのならば、それを止めるように助長するものではないことをご了承の上お読みください。

薬の断薬や減薬については、実際の主治医の指示の下で行ってください。

当サイトでは、いかなる責任も負いかねます。

 

誰かに邪魔されたくない

誰にも邪魔させない

私らしい人生を築いていく講座

私らしい人生とは?

最新情報をチェックしよう!

おすすめの最新記事8件