2017/08/20

PMSとの上手な付き合い方をマスターして、辛いイライラ・モヤモヤ気を乗り切ろう!

 




この記事を書いている人 - WRITER -
「楽しく毎日を送れるものなら送りたい!」そんな生き方さえ忘れてしまっていた過去がありました。 人生行き詰まって、生きる気力すら持てなかった私が"豊かな人生を生きられる"ようになりました。 その経験と気づきから、コラムを作り、セラピーを開き、あなたの人生も豊かにして欲しいと願いを込めて運営しています。

詳しくは、こちら

女性特有の悩みであるPMS…月経前症候群に毎月左右されて、心は、イライラ・モヤモヤしてしまうことって、多いですよね!

身体もだるだる~っとしてしまって、仕事も家事も育児も…何もかも放棄してしまいたい!と、心が悲鳴をあげてしまうこともありますよね。

そんな女性と共に向き合って考えていきたいと考える私たちから送るコラムです。

無意識に心が憂鬱に…多くの女性が悩まされています!

PMS=月経前症候群でお悩みの方は、多くいらっしゃると思います。女性のホルモンは、1ヶ月の間に変動します。この変動に伴って起きる症状をいいます。

症状については、個人差が大きいので、人によって様々です。

よく女性の会話で出るのは、イライラしてしまったり、憂鬱になったり、やる気が起きないなどのメンタル的な症状を訴える方が多いです。

特に自分で意としていないので、”ハッと気づく”こともありますよね。

とってもイライラする、落ち込みやすいな~なんて、気づいた時に人は、自問自答をすることが多いと思います。その時に考えてみると、精神的な病気というよりは、このPMS、つまりホルモンの働きに左右されているということが言われています。

また、東洋医学的な視点で考えると、肝・血の動きが変わることによって、あらゆる症状が起きると考えて診ています。

東洋医学では、この肝・血の動きが正常であるように導くような治療をしますが、東洋医学を学んでいる先生が全員同じ考えで、同じような治療をするかということは、ここでは断言できませんので、ご了承ください。あくまで、当治療院の考え方です。

自分と向き合う癖をつけよう

少し話題を変えますが、みなさんは、自分と向き合うことを常日頃からしているでしょうか?

自分を知らずして、他人のことを知るのは難しいものです。

では、どのようにして、自分を知るかというと、自分自身と会話をするということです。

私たちは、脈診を通して、患者さんの身体と話をします。

脈には、その人の身体の状態を伝える術を実は持っているのです。テレビや実際の病院などで経験されることは、単純に脈拍を数えているものになります。それとは、異なるのです。

患者さんの脈を診たときに、患者さんが楽になるような=自然体で、健康な状態になれるように導く治療を私たちは普段から行っています。それには、患者さんを知ることが必要不可欠なわけです。

しかし、これは他人を診るという行為で本題からずれているように思われるかもしれませんが、私たちの治療院に来る患者さんは、自分の状態を細かく教えてくれることも多くあります。

つまり、どこか不調が起きると、それを改善・治療したいと人は考えるので、他人に情報を伝えたくなるのです。

この時、そういえば○日前から、不調があったな~など振り返ることをしますよね。逆に私たちのような治療をする立場の人から、「いつから調子が悪いのですか?」と質問されて考えることもあると思います。

つまり、自分の変化に気づいた時には、自分自身に「どうしたの?」と尋ねてあげる癖をつけるのです。

最初は、ぎこちなくて構いません。慣れてくると、自分の状態の異常を自分自身がSOSとして受け取ってあげることが出来るようになってきます。

あなたは、ダメな人ではない!!自分を否定しすぎないこと☆

上手に自分にSOSを感じることができたとしても、自分がダメだ、悪い奴だと否定し続けることは、自分自身で、自分を追い詰めていくことになります。

そんなあなたへ、アドバイス☆

自分を褒めることも知るのは、大事!

×今日は、調子がなんだか悪い。

うん!じゃあ休んじゃえば…と、甘やかしすぎるのは、ただのだらしのない行動です。

◎今日は、調子がなんだか悪い。

うん!そうだね。こんなに頑張ったものね。休んでも大丈夫なら、休めてあげない?

という自分との相談をすることも大切なのです。

特に、生理になると生理痛で辛い方もいらっしゃると思います。生理痛も東洋医学で改善していけるものですが、今日の明日というほど簡単にはいかないです。しばらくどんなことも辛抱が必要です。

本当に辛い時に、休める環境があるのなら、休むことが大切です。小さなお子さんを育てている方などは、休みきれないでしょうが、必要最低限で留めたり、甘えられる環境の方は、甘えましょう。

ただ、甘えの常習犯は、ただの怠惰になるので、自分の評価を下げることにもなります。注意しましょうね。

そして、できなかったことを否定しすぎない自分になりましょう。

物事を決断するのも、行動するのも自分です。

誰かが自分の心を100%理解するのは、難しいのです。

その難しいことは、否定ではありません。

しかし、ホルモンのせいだから!と言い放つのは、他人には不愉快な行動です。

ホルモンのせいにするなら、きちんと、他人に謝罪と感謝を持てるようになりましょう。他人は、都合のいい生き物ではありません。

自分の最大の味方について、知っておこう!

この心がザワザワしてしまう時期には、自暴自棄にもなりやすいですよね。他人に対しての話と同じく、自分を嫌な奴だと否定しすぎないことをしましょうね。

誰よりもあなたの味方は、あなた。

あなたを支えてくれるのも、あなたです。

時に上手くやれない日があってもいいのです。

また、立ち上がればいいだけですよ。

疲れたら、休みましょう。

でも、怠けるのはダメですよ。

きちんと、ただ寝るなどではなく、自分の心身を休める休息をとってこそ、疲れたら休むという効果があるのです。

いつも通り行動できないことをストレスに感じるよりも、自分を休ませてあげよう☆

普段、自分の中で決まって行う日課や予定がありますよね。

しかし、急にやってくるPMSの症状は、阻害してきます。

阻害された時にどのように考えるのかが、ポイントです!

心に余裕は、誰しもが持ちたいものです。

心身のバランスが崩れてしまうこの症状は、不快なものです。

ですが、当治療院を選択されても、PMSが瞬時に消えてしまうほどの効力はないかもしれません。(その場の辛い症状を改善するのは、得意です)

体質改善という言葉が、治療のイメージには、合っていると思います。

となると、それなりの時間を掛けながら、改善に向けていくというニュアンスが正しいと思いますので、全く症状を出さないようにするのは、難しいのです。

ですから、1番に考えてあげて欲しいのは、自分を休ませてあげてもいいと思える、自分に対する優しさです。

自分に優しくする方法って、どんなもの?

自分に優しくしてあげようと言われても…さて、どうやって?そんな風に思う方もいらっしゃるかもしれませんね!

何かお役に立てればと、私が思い付くことをピックアップしてみますね!

・自分の好きな食べ物を食べる

・自分の好きな場所に出掛けてみる

・休日に切り替えて、睡眠に充てたり、のんびりする

・気の許せる人と話をする

・感情移入できるドラマや映画を観る

・趣味の時間に費やす

心がリフレッシュできそうなことだなと感じるのであれば、いろんなことにチャレンジしてみるのもいいですよね!

毎日を自分の特別な日にしてしまったら、リフレッシュすることも、優しくすることも思いつきません。

しっかり、頑張っている自分にご褒美なのだ!

そんな感覚で、優しくしてあげて欲しいと思います。

もちろん、これを読んで下さった、彼氏さん・旦那さん・お父さんなどの男性陣の方は、PMSかという判断は、難しいと思いますが、生理でもない時に、女性が辛そうにしていたら、優しくしてあげて欲しいと思います。

女性ばかりを優先させる必要はありませんが、意図的にダラダラしているわけでも、イライラの捌け口にしているわけでもありません。

そんなことをご理解頂けると、女性としては救われるものです。

PMSだからって、何でもかんでも許されるわけではないことを頭に入れておこう!!

コラムの締めくくりとして、戒めを書いておきたいと思います。

とてつもない理由のない心のざわつき…

これって、止める術もわからなくて苦しいですよね。

でも、言ってはいけない言葉・やってはいけない行動というものがあります。

言い過ぎてしまうことは、誰にでも、どんな時にでもあります。

けれど、どんなにPMSの症状が辛くとも見境の付かない自分になってはいけませんよね。

それは、相手が、理解してくれていたとしても…越えてはいけない大切な領域です。

その領域を越えてしまったら、大切な人が、傷ついてしまうかもしれません。

そんなことを頭に入れながら、自分にも優しくしていきましょうね★

 

本日も読んで下さり、ありがとうございます。

気に入って頂けましたら、シェアして下さると嬉しいです♡

The following two tabs change content below.

Iris(イーリス)

サイト オーナー
「楽しく毎日を送れるものなら送りたい!」そんな生き方さえ忘れてしまっていた過去がありました。 人生行き詰まって、生きる気力すら持てなかった私が"豊かな人生を生きられる"ようになりました。 その経験と気づきから、コラムを作り、セラピーを開き、あなたの人生も豊かにして欲しいと願いを込めて運営しています。

詳しくは、こちら

 晴咲心  

あなたの心が、広い空のように晴れ渡るように

あなたの心が、解放されて、笑顔で溢れるように願いを込めて

 

晴咲心(はさみ)カウンセリングを始めました。

 
この記事を書いている人 - WRITER -
「楽しく毎日を送れるものなら送りたい!」そんな生き方さえ忘れてしまっていた過去がありました。 人生行き詰まって、生きる気力すら持てなかった私が"豊かな人生を生きられる"ようになりました。 その経験と気づきから、コラムを作り、セラピーを開き、あなたの人生も豊かにして欲しいと願いを込めて運営しています。

詳しくは、こちら

笑咲美

今の自分を変えたいと思った時に、何をしますか?

新しい自分に出会うきっかけがここにあります。

スポンサーリンク

Copyright© 幸せになるスタイル AYAME , 2016 All Rights Reserved.