AYAMEよりお知らせです☆『晴咲心』カウンセリングを始めました♪詳しくはこちら
プロの大人・プロの社会人になれない人が多い現代 | 幸せの魔法の呪文 AYAME

      2017/04/26

プロの大人・プロの社会人になれない人が多い現代

 




この記事を書いている人 - WRITER -
コラムには、生きる上で、大切なことだったり、コラムのように考えたら、人生を謳歌しやすくなるような言霊を…「幸せの魔法の呪文」として、UPしています。

詳しくは、こちら

先日、とても心の温まるSNS上で、応援メッセージを頂きました。送って下さった方、こんな未熟な私どもにエールを送って下さり、とても励みになります。併せて感謝をお伝え致します。

現代人は、欠け過ぎた物が多すぎる…

ちょっとしたことを人は、何故忘れてしまうのでしょうか…

自分本意に生きてしまう方がどうにも多いように感じて仕方がありません。

とある、女性サイトをスマホのアプリで登録していますが、そんな人がいるの?!とビックリするような投稿も多々あります。そのような内容が、所謂釣りであることを願うばかりです。

私が気づいたことをご紹介していきますね。

現代人の悲しいあるある…

こんな大人になっていないかチェックしていきましょう

驚く、呆気

1.働く意味をわかっていない人

最近の見聞きする人で、驚くことに、プロ根性を持っていない人が多すぎる気がします。

特に主婦に多いのが、年配の方は、「ボケ防止に働いているのよ♪」という遊び場的な発想を持たれる方が多いのです。子育て期の主婦の方は、「家に1人いてもつまらないから、働く」と言う方もいらっしゃいます。

働くことに変わりないように聞こえますが…

暇つぶしの上にお金がもらえてラッキー♪と思う方がいるのです。

また、男性でも何となく働いているという、その仕事においてのトップを目指す気のない人。

つまり、意味があって働いている人が少ないのです。

そもそも、お金をもらえてラッキーというのは、雇用主にもお客様にも失礼な話です。

お客様がいらっしゃるから、会社は儲けることができ、自分が頑張った報酬として、お給料を頂いている。

このように考えられる方というのは、どれだけいるのでしょうか?

毎日を感謝1つせず、自分が働かせて頂いているという感謝も失くし、自分が働いてあげてると思ってしまったり、自分の暇つぶしにしている方は、これを機に、改めて取り組むようにできると素晴らしいですね。

また、雇用主として会社を経営されている方は、傲慢になっていないかをチェックすることも大切です。社員がいるから会社が存続していけるのだと、忘れていたら、思い出すことも大切です。

2.時の挨拶をできない人が多い

お寺参りをしていると、しばしば、同士とすれ違うことがあります。同士と出会うと、どちらともなく、「こんにちは」と、双方気持ちの良い挨拶を交わすことがあります。

また、お寺に従事されている方は、挨拶の作法等が素晴らしいです。どのように返したら、足りるのかわからないほど、心に行き届く挨拶をして下さるのです。

とあるファストフードでは、「いらっしゃいませ。こんにちは」という決まり文句がありますが…これも気持ちを込めて言わないと伝わらない言葉になってしまうのですが、それでも、社訓として決まっているだけマシに思えます。

いらっしゃいませも言わないお店が存在するほど、人は、挨拶をしなくなったものですね。

通りすがりのご近所さんでさえ、どなたかわからないのも現代のあるあるです。

ご年配の方は、小さい娘を連れていると声を掛けてくださいますが、同じような子育て世代の人になるとお互い知らん顔で通り過ぎる方が当たり前な世の中です。

もっと、「こんにちは!いらっしゃいませ!」と愛想良く始まり、「こんにちは!○○が欲しいのですが…」と、気軽に交わせると清々しい気持ちで、買い物もできるような気がするのですが…

話しかけてほしくないと思う方も多いようですし、どんどん人との大切な関わりがなくなっていく世の中ですね。

連絡も、どんどん簡略化され、今では、LINEを使えば…気持ちもスタンプで済ませられる。社交辞令も無理しなくても、スタンプで…そんな寂しい世の中になってしまったと、便利な反面思います。

3.挨拶できない人の延長線にあるのは、感謝のできない人

みなさんは、日頃、感謝することがありますか?

私は、毎日必ず感謝をするようにしています。

”今日も無事にみんなが1日過ごせたことを感謝します。明日もみんなが笑顔で過ごし、無事に帰ってきますように”

このように手を合わせる習慣を持っています。

今日もお寺参りに行った先で、私より先に参拝に来ていた方なのですが、お賽銭をポン!と勢いよく投げ入れました。(お賽銭を投げ入れる行為は、神様・仏様に物を投げつけるのと同じ行為です。)

なんて失礼な!と思いましたが、私の方が年下でしたし、素直に聞くような方でもないと思い、胸に閉まったのですが、言い方を選んだとしても、「そうなのですね。教えてくれてありがとう」と言える人は、なかなかいない世の中ですよね。

注意したいこと、教えてあげたいことを、こちらから素直に伝えるのには、躊躇してしまう悲しい時代です。

子育てをしていても、他人の迷惑を考えられない人というのも見かけます。余所様のお子さんをこちらが注意しようものなら、逆切れされてしまうというケースも多々聞きます。

こういったやり取りを後世の子どもたちに教えていくことが正しいとみなさんは思うのでしょうか?

大人だって、親だって、時に間違っていることがあって、誰かから教えてもらうことがあったら、素直にありがとうと感謝を伝え、子どもの前だとしても、自分だって知らないこと・間違えることもあるのだと教えることこそが、子育てでもあると思います。

現代の風潮に負けない社会を作っていきたい…

どのような言葉掛けをしていくと、社会の風潮を変えていくことができるのでしょうか?

自分本意すぎず、他人と他人が結び合って、地域・社会・国というものは、出来上がっていると思います。

私は、コンビニで物を買った時も、売って頂けたことに感謝の意を込めて「ありがとう」と伝えます。

お金を払っているのだから当たり前とは思いません。

そのような思い遣りを持つきっかけの1つにAYAMEが貢献していければと思い、本日も書かせていただきました。

そして、私も人間ですから、まだ不出来です。

未熟なことも、真摯に学んでいけるように日々精進して参りたいと思っております。

本日も読んで下さり、ありがとうございます。

The following two tabs change content below.

Iris(イーリス)

サイト オーナー
コラムには、生きる上で、大切なことだったり、コラムのように考えたら、人生を謳歌しやすくなるような言霊を…「幸せの魔法の呪文」として、UPしています。

詳しくは、こちら

 晴咲心  

あなたの心が、広い空のように晴れ渡るように

あなたの心が、解放されて、笑顔で溢れるように願いを込めて

 

晴咲心(はさみ)カウンセリングを始めました。

 
この記事を書いている人 - WRITER -
コラムには、生きる上で、大切なことだったり、コラムのように考えたら、人生を謳歌しやすくなるような言霊を…「幸せの魔法の呪文」として、UPしています。

詳しくは、こちら

笑咲美

今の自分を変えたいと思った時に、何をしますか?

新しい自分に出会うきっかけがここにあります。

スポンサーリンク

Copyright© 幸せの魔法の呪文 AYAME , 2017 All Rights Reserved.