心を癒やし導くセラピスト・東洋医学のスペシャリストが提唱する

つい子どものワガママを聞いて甘やかしてしまう…そんな私の対処法

 







この記事を書いている人 - WRITER -

Your Life Advisor.

アドラー心理学専攻・東洋医学専攻・介護福祉士。

人生幸せ学研究家・スピリチュアルと日常の繋がり研究家・断食と健康の研究家。

夫と3人の子どもを育てる母を両立奮闘中!!

詳しいプロフィールはこちら。

子どもが求めることを受け容れるのが、愛情とは限らない

今回は、子育てについて少し触れてみたいと思います。

私も思春期~幼児まで、振れ幅の多い年齢層を子育てしている真っ最中です。

若かった頃は、右も左もわからずに突き進んでいたこともありました。

子どもに育てられ、10数年…私も少しは成長できたから言えることもあると思います。

さて、子どもは、いろんなことを求めると思います。親は、その要求をどこまで飲み込んだらいいのでしょうか?

要求ばかり聞いていると、どうなるのでしょうか?

子どもが求めることを聞いてあげたくなりますが、それは、本当に子どものために聞いていますか?

わがまま、怒る

ついつい可愛さゆえに甘やかしてしまいがち…

私も、子どもが可愛いのでつい甘やかしてしまうことってよくあります。

しかし、子どもが主導権を握るような甘やかし方をするのは、成長と共に問題が生ずるケースも往々にしてあるのです。

「ダメ!」ということを教えないで、子どもの要求通りに過ごしていくと、将来訂正の難しい未来が待っていることもあるのです。

そのさじ加減は、忘れないで接していきたいものですね。

自制心のない子に育ってしまう危険性も…

子どもの言う通りに何でも聞いていたり、子どもの気持ちを考えているつもりが、本当は、自分の弱さ故に言えないまま、毎日を過ごしてしまう方を見たことがあります。

子どもには、軽度の障害が見られるようです。

しかし、その子は、適切な環境では育ちませんでした。

思春期に入って、反抗心もより芽生え、理屈が通らない子に育ってしまっています。

もっと早くに、きちんと躾が出来ていたら、自制心ももっと育てることが出来たかもしれません。

今一度見直そう…それは親の態度です

親とは、一体どういう存在であるべきなのでしょうか?

残念ながら、模範解答と言うものは、存在しない気がします。

どんな人にも、一長一短あるものです。

しかし、日本という国において、守っていかなければならない秩序は、大人として全員にありますよね。

尊敬する人が、あなたにはいますか?

厳密に、尊敬できる人が○○さんです!なんてなくても構いません。

先ほども、一長一短あるのだと書いたので、この部分では、○○さんのようでも十分だと思います。

親である自分が尊敬できる人がいないと、どうなるのでしょうか?

子どもは、親の鏡です。また、子も親の鏡です。

あらゆる人を見下して生活していれば、子もまたそのようになってしまいがちなものです。

最低限、見下してはいけない人を、親・学校の先生というように並べます。

子育て中の子どもは、まだ一人前ではありませんから、子育てを一緒にする環境にいる人は、大人ですし、必ず恩師というものは、誰にでもありますよね。

先生もまた人です。失敗することだってあるでしょう…しかし、親が敬うことを教えなければ、子どもは敬うことを知らずに成長していってしまう可能性が高いのです。

教師をバカにしていると、子どももバカにしてしまい、自分が優位に立ってしまう危険もあるのです。

もし、自分の子どもが学校の先生よりも、自分が優位だと思っていたらどうしますか?

挨拶の大切さ

これは、本当に昔から言われていることだと思います。

現在、挨拶の大切さについて、改めて伝えていきたいのは、ネット社会だからこそです。

自分というものを全て隠すことができるのもネットならでは。

LINEというツールも現在は主流です。

子どもたちの中でも、日々トラブルが起きるネットです。

人格が変わってしまう子とも沢山います。

敢えて、表現する場として取り組んでいるのだったら、素晴らしいのですが、文字と言う攻撃ツールを使う手法が今は多いです。

現在の大人の大半は、ネットなんてなかった世代です。

ポケットベルからPHS・携帯と進化を見てきた世代が中心に子育てをしていると思います。

しかし、そんな大人さえも挨拶をしない人って、どんどん増えてきているんですよね。

携帯がなかった頃は、電話をしていい時間というものを考えて生活していたはずです。

都合のいいことだけを相手に一方的に伝えることができるのも、LINEの特徴かもしれません。

でも、ネット社会になっても、必ず対面しているのは、なのです。

そして、現実生活なしで生きていくことなんてできません。

もう一度、私たち親世代は、子どもたちに挨拶の大切さと言うものを学ばせ、教えていかなくてはいけないと感じます。

伝えたいことは、文字ではありません。

本来は、人の目を見て、心を持って話すことだと思います。

親である私たちが、きちんと子どもと向き合う姿勢を取ることを忘れてはならないことだと思います。

忘れてしまいがちだったことをこれを機会に見直そう

沢山の常識っていう言葉の中の意味って、忘れていってしまいがちですよね。

そして、先ほどのネット社会のように新しいルールが追加されたりもしています。

自分自身が、他人に対しての振舞い方が間違っていなかったかを再度振り返り、子どもに真似されても恥ずかしくない自分でいられるようになっていきたいものですね。

 

 

 

子育てに重要な叱ること、叱らないこと、褒めることってどうなのでしょうか?

叱らない育児・叱り過ぎな育児・褒める育児…推奨する育児とは?

こちらもご覧下さい。

 

 

本日も読んで下さり、ありがとうございます。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -

Your Life Advisor.

アドラー心理学専攻・東洋医学専攻・介護福祉士。

人生幸せ学研究家・スピリチュアルと日常の繋がり研究家・断食と健康の研究家。

夫と3人の子どもを育てる母を両立奮闘中!!

詳しいプロフィールはこちら。

<電子書籍のご案内>

AYAMEでは、イーリス著書の電子書籍を出版しています。

第一弾は

「依存は癖と束縛の言い訳」

依存問題にに悩む方必見です。

依存と束縛は、切っても切り離せない問題でもあります。

 

第二弾は

「幸せになる」暗示をかけましょう!

幸せになっていくために必要なノウハウを1冊の本にまとめました。

あなたもこれを読んで、幸せを掴んでいって下さい。

第三弾は

「あなたと私の上手な付き合い方」

対人関係の問題はどうして起こるのか?

それを解くカギはあるのか?

対人関係の問題に着目した一冊です。

お得に電子書籍を読みたい方は…

Amazonの

Kindle Unlimited会員になろう!!

AYAME BOOKSが無料で読めちゃう?!

 

 

「自分のことを好きになるために」行動したくありませんか?

ふと、気づくと・・・

「こんな自分が嫌だ!!」

そう思ってしまうことって、ありませんか?

・誰かに求めてばかりの私

・〇〇のせいにこだわって、前に進めない私

・自分のやったことを責め続ける私

・自分に自信が持てない私…etc…

常にネガティブな思考に陥りがちで、何かのせいにしてしまうことを毎日のルーティンにしていませんか?

 

あなたのルーティンを1つずつ変えていくことができたら・・・

どんな自分が未来に待っているでしょうか?

 

しかも、それが無料で、できたら?

 

 

<メルマガ機能は、Twitterへ>

これまで、毎週発行していたメルマガ配信をTwitterにて展開中です。

週に1回のメルマガより、ほぼ毎日更新されるツイートをどうぞご覧下さい。

人生に役立つ内容をツイート中!!

フォローの方もよろしくお願いします。

気になるキーワードで検索

あなたに合った記事が見つかるかも!検索してみて下さい。

Copyright© 幸せになるスタイル AYAME , 2017 All Rights Reserved.