ただいま、リニューアル中につき、サイトが非常に見にくいことをお詫び申し上げます。

【秘策】不安な世の中だから「未来を楽しく生きるコツ」

毎日「今日の感染者は〇〇人です」

こんなことを気にするようになって、2年という数字も見え始めましたね。

 

何の制限もなかった暮らしも忘れてしまった気がしませんか?

外出には、マスクが標準で、他者との距離感ばかりが気になりますよね。

一体、どんな対策をすれば…自分や家族を守れるのか…

 

そんなことばかり考えてしまいませんか?

 

実は、今こそ、

心と身体のバランスをうまく保ち続けることが本当に大切なことだと考えています。

 

なぜなら、心と身体が密接につながっていることを知らない人が多いからです。

 

東洋医学では、心と身体が密接につながっていることを

「心身一如」と言います。

 

例えば、うつ病の人は、同時に身体の不調を訴えることが多いです。

また、疲れが溜まっていると、些細なことで怒りっぽくなったりします。

 

この記事では、心と身体のバランスの取り方について解説していきます。

  • 心が喜ぶこと
  • 身体が喜ぶこと

この記事を読むと、この両面がわかるようになり、毎日を楽しく生きるコツへとつながります。

 

 

心と身体のつながりについて知ってみよう!

 

あなたは、心と身体が密接につながっていることをご存知ですか?

 

東洋医学では、心と身体のバランスを最重要視しています。

 

心の不調として、代表的なうつ病と、身体の不調として、疲れが溜まった状態を見てみましょう。

 

実は、うつ病の人は心だけじゃなく、身体的な不調も同時に訴えている

代表的なうつ病の人の訴えは…

  • 何をやっても楽しくない、楽しめない
  • 外出を避ける、人に会いたくない
  • 不眠または過眠
  • 食欲不振または過食
  • 病気でもないのに毎日身体が怠い

こういったことを訴える人が多いです。

 

この中で、身体的に関わっているものをピックアップすると

睡眠食欲です。

 

なぜか、不思議なことに…心の元気がなくなると、適度な睡眠を取ることが難しくなり、適量の食事を取ることも難しくなるのです。

 

もしも、しっかり眠ることができたら、身体のダルさは軽減されるでしょうし、しっかり食べることができたら、エネルギーを保つことができます。

 

身体に動力となるエネルギーを蓄えることができなければ、行動力に支障が出ます。

 

身体を上手に動かすためには、適度な睡眠と食事は欠かすことができません。

 

人が生命を維持するうえで大切な条件です。

 

では、疲れが溜まっている時はどうでしょうか?

 

疲れが溜まると、涙もろくなったり、攻撃的になりやすい

疲れが溜まるって、どんな時でしょうか?

  • 多忙でゆっくりする暇がない
  • 睡眠不足が続いている
  • タスクが多い

主に何らかの理由の続きに、上記のようなことが組み合わさっている時ではないでしょうか?

 

自分らしくいる間がなくて、心がだんだん苦しくなってしまいます。

 

悪化すれば、うつ状態を発症するような条件さえ整ってしまいます。

 

心の余裕がないと、些細なことで、怒りっぽくなって攻撃的になってしまったり、相手の言動が受け止められなくて、涙もろくなったりします。

 

イーリス
こうして考えてみると、心身のバランスは上手に保ちたいね。
ナタール
それは誰しもが願うことだよね。
イーリス
でも、心身のバランスが上手に保てないから、人は悩むのよね。
ナタール
うん。
バランスが取れなくなってくると、毎日が楽しくないって感じちゃうんだよね。

 

【課題】心身をベストなバランスに保つコツはあるのか?

 

令和2年、厚生労働省が行った調査1362人の回答結果をご覧ください。

引用:令和2年度 健康実態調査結果の報告

1,362人中、約1,000人、全体の7割の人が、日常に悩みやストレスを抱えているという結果がありました。

そして、男性よりも女性の方が、悩みやストレスを感じやすいということが分かります。

 

また、睡眠の調査の結果もご覧ください。

こちらは、複数回答していますが、睡眠に対して何らかの問題を感じた人たちのすべての項目でも、男性より女性が問題を感じていると回答をしています。

 

この2つのデータから読み取れることは、

男性よりも女性の方が、心因的なものを感じやすいまたは、抱えている傾向があるということが分かりました。

 

しかし、男性がタフであるとは言えません。

 

女性との差も大きくないことを忘れてはいけません。

 

また、コツを見出すためには、マイナスを知ることから始めなくてはなりません。

 

あなたの日常生活は大丈夫ですか?

 

あなたの大切な人も大丈夫ですか?

 

 

【予想】身体をベストに持っていければ心の不調を回避しやすくなる

 

今度は、身体の元気度のある・ないで考えてみましょう。

 

猪木さんが「元気があれば何でもできる」という言葉が最適だなと思います。

<身体の調子がいいと起こること>

  • 積極的に外出したくなる
  • 溜め込んでいたものを片づけたくなる
  • 気力が湧き上がって来る
  • 誰かに優しくなれる

確かに元気があると、アクティブに活動したくなりますよね!

新しいことに挑んでみたり、断捨離する気になったりするものです。

 

心理的にも、自分の心地良い方向に進む傾向があります。

 

その真逆を考えてみましょう。

 

<身体の調子がよくないと起こりやすいこと>

  • やる気が湧かない
  • 布団から起き上がれない
  • 食欲がない
  • 眠くならない
  • 心が不安定な感じになる

確かに、疲れ切って布団から起き上がれないとか、寝ても寝ても眠いとか、ご飯を食べる気になれないとか…

あらゆる不調が起きる感じがしませんか?

 

疲れが溜まってくると、心の余裕を同時に失いやすいので、対人関係でもトラブルが起きやすくなります。

 

例えば、夫婦喧嘩に発展してしまったり、

いつもなら受け流せることが、受け流せない状態に陥りやすいです。

 

イーリス
これって、心が病んでいてという話ではなくて、身体の調子がベースで起きていることよね?
ナタール
うん、そうだよ!
僕たちも夫婦喧嘩になりやすい時は、お互い疲れがピークで溜まっている時だよね(笑)
イーリス
あー!確かにそうだね(笑)
疲れている時って、売り言葉に買い言葉みたいになりやすいよね。
ナタール
大切な人に対して、いつもベストでいられたらいいんだけどね…
その関係を大切にしていくためにも、できれば身体はベストに保っていたいよね。

 

 

【考察】身体をベストに持っていくために必要なこととは…

 

健康になるための指標として言われていることは

  1. 適度な運動
  2. 適度な睡眠
  3. バランスの良い食事

 

この3つって、わかっていても…物理的にできない境遇にいる人って多いと思います。

 

適度な運動と睡眠を取るには、ライフサイクルに影響されます。

 

仕事の時間拘束で、物理的に無理なこともあります。

 

子育てをしていて、適度に取れるものなら取りたいと思う人もいます。

 

いろんな理由があって、この3つは、逆にできないことを言われていてストレスに感じるものでしょう。

 

ちょっと面白いデータを見つけたので、こちらもご覧ください。

厚生労働省が推奨している

1日の野菜摂取量は350gです。

 

これをクリアしている男性は、647人中18人。

女性は、715人中39人です。

 

350gの推奨された野菜を摂取できていたのは…

男性は、2%ほど、女性は、5%ほどです。

 

この数字からもわかるように必要な栄養素を取り入れるということさえも難しい現実があるということがわかります。

 

イーリス
資本の身体づくりさえも難しいのが現状ということね…
ナタール
運動、睡眠、食事が適切に取れないということは、身体を壊しやすいリスクも負っていることになるね…

 

 

 

【提案】「改善しよう」は難しいことがいっぱいだから「日常にプラス」の習慣を!

 

世の中に多い文言って

「改善しましょう」

という誘い文句ですよね。

 

これって、わかっているけど、それができたら苦労しないよ…と言いたくなることが多くありませんか?

 

「改善しよう」と言われて、簡単にできたら苦労しませんよね。

 

だから、私たちAYAMEは、今の不安な世の中を生きていくために、ストレスを与えることなく「日常にプラス」という提案をします。

 

日常にプラスすると良さそうなものの種類

今の生活に負荷を与えることなく、生活スタイルを維持したままで「プラス」できそうなものに注目してみました。

 

  • サプリメント
  • 栄養ドリンク
  • 乳酸菌
  • 野菜ジュース
  • お酢
  • 発酵食品

パッと挙げるだけで6つの種類を思い浮かべることができたりします。

 

でも、どれをどのように選ぶべきなのでしょうか?

 

日常にプラスすると良さそうなものの選び方

今回は、日常生活を変えることなく「プラス」できるものに注目しています。

 

まず、あなたが規則正しい生活をしているのか、不規則な生活をしているのかで補いたいものが変わりそうな気がしますね。

 

あとは、身体に良いと言われていても、好き嫌いもあるでしょう。

食べれないもの、飲めないものを「身体のため」だと言って、摂取するのもストレスになりませんか?

 

場合によっては、アレルギー食材が気になって不安になることもあります。

 

ストレスが増えると、不安な世の中を楽しく生きるパワーにはなりにくくなります。

 

そういうものは、極力減らせるようにしておきたいですよね。

 

日常にプラスすると良さそうなものの比較

それぞれを比較して考えてみましょう。

メリット デメリット
サプリメント 手軽に気になる栄養素を選んで飲むことができる 本当に自分に必要な栄養素がわからない
栄養ドリンク 手軽に購入し、飲める 依存性が高く、過剰摂取の危険がある
乳酸菌 手軽に飲んだり、食べたりできる 人によって、お腹を下す可能性がある
野菜ジュース 手軽に飲める 塩分や糖分、添加物が含まれているものが多い
お酢 カプセル状で飲みやすいものもある 東洋医学的には、人と季節を選ぶ食材である
発酵食品 毎日のおかずにもなる 東洋医学的には、人と季節を選ぶ食材である

 

普段、メリットに羅列したようなことに注目して、取り入れている人が多いのではないでしょうか?

 

実際は、デメリットを考えていないことの方が多いと思います。

 

イーリス
確かに、デメリットに注目して、こういう商品を選ぶことって少ないよね!

 

ナタール
そうなんだよね。
自分自身を理解するって簡単じゃないからね。
イーリス
本当は、何でもバランス良く適量が1番なんだろうな。
ナタール
その通りだね。
不足しているものとか、補うと良いものにばかり注目してしまう傾向があるもんね。

 

 

日常にプラスすると良さそうなもので「1番オススメなもの」

結局のところ、何が1番良いのか…となりませんか?

 

ストレス社会だと言われている日常に負荷は、誰だってかけたくないわけです。

 

適度な運動、睡眠、食事…

わかっているけど、できないことだらけでしたよね。

 

でも、自分をベストな状態に置いておかないと…

これから先を生きていくことに不安を感じませんか?

 

みんなが知らない東洋医学の話

東洋医学では、すべての事柄には、陰と陽があると考えています。

それは、食べ物も同じです。

陰は、冷やす作用。

陽は、温める作用。

このバランスも実は、食事には大切なことです。

 

実は、東洋医学の観点から考えると、あなたに合った食材を答えるには、あなたのことをよく知らないと答えられません。

 

また、「積極的に取りましょう」と言われている食べ物には、旬もあるし、冷えの作用、温める作用があります。

 

健康的になりたいのに、野菜を…と真冬にサラダを食べれば、身体を冷やすことになって、身動きが取りづらくなったり、体調を崩してしまうことにもつながることがあります。

 

でも、日本人の9割以上の人は、野菜不足であることも統計データからわかりましたね。

 

睡眠時間の確保も、適度な運動をする習慣もわかっていたって、改善するには、あなたの都合だけじゃ難しいことも多いはずです。

 

今、私たちが晒されているのは、八方塞がりに近い状況です。

 

だから、日常にプラスするという簡単なことで、効率の良いものを取り入れられたらいいなというわがままを考えたくなります。

 

  • 陰と陽のバランスが取れていて
  • 1日に必要な栄養素を補えて
  • 安心・安全なもので
  • 離乳食期の赤ちゃんから高齢者までOKで
  • 消化吸収に負荷をかけないもの
  • アレルギー食材でも大丈夫
  • 保存料や添加物のないもの 

 

こんなわがままをクリアできる「日常にプラス」できるものがあったらどうでしょう?

 

 

\それを可能にしてくれるたった1つの商品/

解約休止の縛りなし・返品返金保証もあり

 

※アレルギー食材でも、酵母菌がアレルゲンを分解して、「栄養素」だけになっているので、本物の酵素ドリンクは、安心して飲める「野菜ジュース」です。

 

実際に、日常にプラスしてみた感想

私たちは、コロナが世界中を震撼させたときに考えました。

 

第一波、第二波…第五波…と、感染者はゼロになることはなく、不安ばかりが煽られますよね。

 

ウイルスを撲滅することに成功はせず

 

どんどん新種の形に姿を変えて、私たちへの戦いを挑み続けているのが現状です。

 

仮に、コロナウイルスの撲滅に成功したとしても、健康を考える必要がなくなるわけではありません。

 

別のウイルスや細菌が登場する可能性だって、今後にはあります。

 

そんな時、必要なものは何でしょうか?

 

 

大切な我が子たちは、好き嫌いが多いです。

稼ぎ頭の夫に倒れられたら、生活が心配です。

家庭を回さなければならないお母さんは倒れる訳に行きません。

 

そんな理由から「免疫強化」のため、元気を維持するために始めた酵素ドリンクの優光泉習慣です。

  • 食事バランスのストレスが大きく緩和
  • 子供の好き嫌いに柔軟になれる
  • 野菜の高騰も気にならなくなる
  • 腸の調子が整ってくる
  • 肌の調子が上がる
  • 心にゆとりが生まれる

 

実際に感じている感想です。

 

酵素ドリンクの優光泉さえ飲んでくれたら、不安から、子供にガミガミ言わなくてもよくなった。

 

スーパーに並ぶ野菜が高くても、優光泉があれば、買いやすい食材で献立を考えればよいと、心にゆとりが生まれた。

 

良い排便習慣があると、ストレスが減ることに気づいた。

 

やっぱり、「快便」って気持ちいい。

 

野菜不足やストレスは、吹出物のもとにもなる。

 

身体に足りてくると、お肌の調子も変わるし、肌質への悩みも減る。

 

やっぱり、

自然の食材の効果ほど強いものはないと感じています。

 

日常にプラスする具体的な方法

じゃあ、優光泉ってどうやって飲めばいいのかな?

 

断食の置き換えドリンクとして、酵素ドリンクは選ばれてきました。

 

断食の時の置き換え

=生命を維持するベストなもの

ということが言えます。

 

私たちは、最高21日間の断食を経験しています。

 

21日間、優光泉を飲み続けても、体調を崩すこともなく、むしろ元気に過ごした経験です。

 

 

断食では、1~2時間おきに飲むようにしますが…

 

通常の食事を取りながら、優光泉を補助食品として使用する場合には、1日のどこかのタイミングで1杯飲むようにします。

 

この1杯でも、大きく変わります。

 

胃腸の弱い二男は、毎日のようにお腹が痛いと言うタイプです。

 

優光泉を飲むようになって、不調を訴えることが少なくなりました。

魔法かよ?ってツッコミたくなるほど(笑)

(※あくまでも使用した感想です)

 

具体的には、優光泉を20㎖、炭酸水か、水100㎖で割ります。

 

大人は、スッキリさっぱりの梅味が好みだし

息子たちは、梅よりはスタンダード味が好み

末の娘は、1番甘くて飲みやすいプレミアム

 

それぞれの好みに合わせて、選ぶこともできます。

 

飲むタイミングは、食前がベスト!

 

炭酸水で割れば、食事摂取量も抑えやすくなるので、ちょっとしたダイエットにもつながります。

 

忙しい朝で、朝食抜きにするくらいなら、プチ断食感覚で、朝に飲むのもオススメです。

 

毎食飲めるゆとりのあるご家庭では、ぜひ、ご家族で毎食にプラスしてみてください。

 

我が家は、5人家族なので、1日1杯を目標にしていますよ。

 

断食は、腸のリフレッシュ休暇をさせるものです。
私たちの意識していない部分で、胃腸は休むことなく活動しています。
健康にもう少しシフトしたいと考える場合は、夕食から朝食までの間隔を12時間以上あけるように意識してみるだけで「プチ断食」になります。

 

 

【まとめ】身体が喜ぶ状態になると心のゆとりも生まれやすくなる

 

話を最初に戻しましょう。

 

今、この世の中は、不安なことで埋め尽くされています。

 

不安なことが強くなると、身体はこわばりやすくなって、肩こりや頭痛が酷くなったと思うこともあるかもしれませんね。

 

不安が強いと、自分にも、大切な人にも優しく接することができなくなります。

 

それは、どんなに相手のことを思っていても、あなた自身の心にゆとりがなければ、相手に想いをちゃんと伝えることはできません。

 

 

最後に東洋医学の話を1つ。

 

東洋医学では、胃腸は「思い」をつかさどる器官だと考えています。

 

相手に想いを上手に伝えるには、胃腸が元気なのが1番です。

 

\それを可能にしてくれるたった1つの商品/

解約休止の縛りなし・返品返金保証もあり

 

 

まず、身体をベストな状態に整えて、大切な人と「今」というかけがえのない時間を大切にしませんか?

>【秘策】不安な世の中だから「未来を楽しく生きるコツ」

【秘策】不安な世の中だから「未来を楽しく生きるコツ」

毎日「今日の感染者は〇〇人です」 こんなことを気にするようになって、2年という数字も見え始めましたね。 何の制限もなかった暮らしも忘れてしまった気がしませんか? 毎日、不安だ、楽しくないと言い続けることをしていませんか? こんな生活の中で、私たちが考えなくてはならないものは一体何なのでしょうか? AYAMEが提案する秘策をお届けします。

CTR IMG