心を癒やし導くセラピスト・東洋医学のスペシャリストが提唱する

今の自分-仕事=残るものがつまらないならば充実の証

 







この記事を書いている人 - WRITER -

Your Life Advisor.

アドラー心理学専攻・東洋医学専攻・介護福祉士。

人生幸せ学研究家・スピリチュアルと日常の繋がり研究家・断食と健康の研究家。

夫と3人の子どもを育てる母を両立奮闘中!!

詳しいプロフィールはこちら。

毎日やる事盛りだくさんで「うんざり!」なんて思うことありますよね!

でも、その「うんざり」するような大変さって、実は、自分を維持できていたりするものなんですよ。

毎日を「充実させたい」と考える人は何故か多いのに、”毎日が充実している”と答えられる人って、少ない気がしませんか?

今回のコラムは、よく考えてみたら私(僕)充実してたわ!と気付けられるような展開にしていきたいと思います。

こんなあなたに読んで欲しい

目まぐるしく忙しい日々を送るあなた。

やる事の多さに、イライラしているあなた。

時間の使い方を上手くコントロール出来ていないと感じるあなた。

 

人生の時間は、今も過ぎ、あなたの一生の1秒は進んでいます。

 

忙しくて、心の余裕が持てない!

 

毎日が忙しいと、心の余裕ってなかなか持てないものですよね。

 

私も現在は、慌ただしい毎日を送っています。

ぼーっとしていても時間は、刻一刻と過ぎていますよね。

その1秒1秒は、大したことないように感じるかもしれませんが、気付けば○日!○月!

という具合に、あっという間に過ぎていますよね。

 

自分のやらなければならないことが多ければ多いほど、無意識に感じる負担やプレッシャーも含めれば、心の余裕って、どんどん追いやられてしまうものです。

 

特に「時間」に追われていれば、追われているほど、心に余裕を持てないものです。

 

ここで言う「時間」に含まれるもの

 

仕事の締め切りに追われていれば、当然、時間との闘いになりますよね。

責任のある立場や仕事を持っていると、達成しなければいけないところまでのミッション性で余裕を失いがちです。

また、意外と思われるかもしれませんが、「お金」も財産があるなしに関わらず「時間」に含まれます。

何故なら、支払いまでの期日、収入までの期日というのもまた「時間」です。

 

大切にしたい時間だけれど、日々、いろんな場面に囚われて、時間を大切にできず、余裕ばかりを失いがちですよね。

 

余裕がない”今”から、自分のやるべき事を引き算してみよう!

 

あなたが大変だなと感じる部分をピックアップしてみましょう。

 

イメージが大切!引き算してみる自分の今

 

仕事を持っている方は、まず、今の自分から仕事を引いてみましょう。

 

子育てをしている方は、日中の子育てを引いてみましょう。

 

忙しくても、削らないと趣味に費やす時間を持っている方、その時間も引いてみましょう。

 

よく、宝くじ当たったら、のんびり生活したいと言いますよね。

また、老後をのんびり暮らしたいなんて、若い人は口にします。

 

今、あなたが取り組んでいることを差し引くと、まさに理想の「のんびり生活」になります。

 

ここでは、お金などの現実的なことは、置いておきましょう。

 

単に、あなたが日頃「大変だな」と感じる「やるべき事」だけを取り払ってみるのです。

 

人として最低限しなくてはならない、家事は、引き算しないで残しておきます。

 

それ以外のあなたのやらなけらばならないものだけを引いてみます。

 

残ったものから”気付き”を導き出す

 

さて、引き算してみると、何が残りますか?

 

ここで、残るものは、それぞれの感性で答えが変わると思います。

 

仕事の責任を取り払った時、あなたは、心の底から楽になるのでしょうか?

 

子育てが大変だと嘆くあなたから、子どもを十分に見てもらえる環境が出来て、子育てをしなくても良い立場に変換した時、心の底から楽なことなのでしょうか?

 

趣味の時間をそれでも!と、無理して作って楽しもうとしてきたあなたから、趣味の時間を取り去ります。

 

基本的には、自分が感じる「感情」を考えず、日々費やしているものを取り払うと…

 

イライラ、ヤキモキしてきたことなのに、不思議とそれらが無くなってしまったら、ぽっかりと穴が空いたかのような気持ちに気付きませんか?

 

楽でいいと思ったあなたは、次に続く話を読んでもまだそう思えますか?

 

感情が余裕を見失わせているだけで、やるべき事を取り払ったら、人はつまらなくなる

 

感情が余裕を見失わせるとは、どのようなことなんでしょうか?

 

私を例題にしてみましょう!

 

かつて、私は専業主婦であった頃もあります。

現在は、3つのサイトを運営する日々です。

 

ふと考えました。

 

サイトを大きくするために頭を悩ませる日々、そこには、夢が沢山詰まっているのに、慌ただしいと心の余裕を見失いがちになります。

 

そんな私から、サイト運営を抜き去ったら、ただの専業主婦になります。

 

サイト運営の傍ら、家事と子育てを両立することは、時に困難を感じます。

 

現実的に考えれば、子育てはいつまでも手がかかるものではありません。

 

家事は、最低限、毎日コツコツやれば、それほど多くの時間はかかりません。

 

そして、私の主軸となるサイト運営を無くしてしまったら、どうなるでしょうか?

 

子育てと言っても、来年は、保育園に末娘は通います。

日中家で一緒にいる生活も間もなくおしまいです。

 

先程書いたように、掃除をこなすなら、洗濯の時間を多く見積もっても、全部で3時間あれば終えられます。

 

そんなことを考えてみたら、誰でも生きる上で最低限必要な家事をこなせばいいだけと考えてみたら、なんてつまらないんだろう…そんなことを考えました。

 

つまらないと感じる仕組み

 

私がつまらないと気付いたことについて、そのまま続きを書いていきますね。

 

忙しい生活をしていて、心の余裕さえも無くすほどの状況って、陥ってしまうことがありますよね。

どんなに自分で志したことであっても、困難に立ち向かわなくてはならないこともあるものです。

 

でも、そんな時こそ、引き算をしてみると…

 

自分のメリハリになっていたことに気付けると思います。

 

【まとめ】余裕がなくなったら、初心に戻れる引き算は有効的で「充実している自分」に気付ける!

 

ただの専業主婦だった頃、自分の描いてきたものは、家族を持つ夢でした。

 

子どもが生まれ、時間が出来た時、仕事に復帰し、それなりにやり甲斐を持っていました。

 

けれど、もっと大きな夢を持てる自分に出会うことができたから、今の私が存在しています。

 

あなたも、今は大変だなとか、心の余裕を持てなくなっているかもしれないけれど、ちゃんと自分が頑張ってきていることを「自分が理解している」ものなんですよ。

 

誰だって、逃げたくて物事から逃げているわけではないと思います。

 

本音の部分で考えてみれば、取り組んでいることを差し引きしたら、楽なのかもしれないけれど、その向き合っている自分に焦点を当てれば…

どれほど自分が頑張って取り組んでいて、そのための骨を折っているのかが見えてくるはずです。

そんな自分を客観視してみれば、

「あぁ、充実してたんだな!」と、気付けるのではないでしょうか?

 

 

 

 

 

最後まで読んで下さり、ありがとうございました。

気に入って頂けましたら、シェアして下さると嬉しいです♡

 

「こんなコラムが読みたい!!」

「でも、探しにくい…」

そんなあなたのために検索しやすいシチュエーション別マップを作りました。

↑画像をタップで、シチュエーション別マップに行けます。

毎日「幸せになれないのはなぜか・・・」というテーマのツイートしています。

良かったら、見に来てくださいね☆

フォローもして下さったら、嬉しいです。

イーリス

 

この記事を書いている人 - WRITER -

Your Life Advisor.

アドラー心理学専攻・東洋医学専攻・介護福祉士。

人生幸せ学研究家・スピリチュアルと日常の繋がり研究家・断食と健康の研究家。

夫と3人の子どもを育てる母を両立奮闘中!!

詳しいプロフィールはこちら。

あなたに合った記事が見つかるかも!検索してみて下さい。

Copyright© 幸せになるスタイル AYAME , 2017 All Rights Reserved.