あなたは、人に謝罪することができますか?人を赦すことができますか?

 




あの日、警察に捕まってしまった先生…

続編です。(前回の記事はこちら

実は、勾留されている留置所に出向き、面会をして来ました。

人に謝罪をしたことがありますか?

「ごめんね」

と言う言葉は、とても簡単に見えて難しい言葉です。

ごめん、謝罪、謝る

そして、「ごめん」って、とても言うのが難しいけれど、人に真意を伝える言葉かと言われると…

簡易的な謝罪の言葉ですよね。

本当に許して欲しいと願い使う言葉として「ごめん」は、適さない言葉です。

「申し訳なかった」

これも、まだ足りないですよね…

みなさんは、そんなことを考えたことはありますか?

人に謝罪をするとは、どういうことなのでしょうか?

留置所で、先生と面会

大きく賛否が分かれることでしょう。

批判も覚悟の上です。

しかし、真実を知らない人、真実を見ない人、世間の波に流されている人に、赤の他人を非難する権限などないでしょう。

留置所で面会するまで…

そもそも、逮捕されてしまった人に会う権限というのは、どうなっているのでしょうか?

まず、被疑者には、面会の制限が掛かっている場合があるので、その事件によって、異なるようです。

今回のケースは、特に面会の制限はなく、日程調整のみとなりました。

面会時間は、手続きを済ませ、15分と決まっています。

携帯等の持ち込みは、禁止されています。

もちろん、警察官立会いのもとで叶います。

先生は、あのガラスの向こう…

テレビでしか見たことのない世界…

穴の開いた強化ガラスで仕切られた向こうに警察官と共に来ました。

頭を下げ入って来た先生…

私から見たら、まだ22歳の若い青年です。

その辺で見る若い子たち、その他の大人たち…

ヘラヘラしている人に出くわすことの方が多いです。

人にぶつかっても、そこに居た方が悪いかのような振る舞いだったり

そこに人がいるのにも関わらず、目の前にいる人の存在が見えていない人の方が大勢です。




 

タイムリミットは、15分…

タイマーがセットされ、面会が開始です。

何から話そう…決めてきたはずなのに、15分という時間は、あっという間です。

長男と私で、面会をしました。

口を切ったのは、先生の方でした。

「今回、このような事件を起こして申し訳ありませんでした。事件の概要についてお話します。大学生だった時に、彼女と上手くいっておらず、自棄になっていて、やってしまいました。この件で、多くの方々の信用を失うような事になってしまい、本当に申し訳ありませんでした。」

話始めに戸惑う私たちよりも先に、真摯な姿勢で謝罪をされました。

先に言っておきます。

私も息子も、謝罪を望んで出向いたわけではありません。

先生に、この先、生きて欲しくて、私たちは、赦しているんだ。そして応援しているんだと伝えたくて、出向きました。

今まで、謝罪という出来事、クレームで謝って頂く立場になったことも、親として謝罪する立場になったことも、テレビで見る謝罪会見、家族や友人に対して謝る行為…

いろんな謝罪の場というものを経験してきました。

それは、みなさんも同じだと思います。

真摯に謝罪することって、誰にでもできると思いますか?

私は、今までの経験で見てきた謝罪、自分が謝罪する立場で謝罪したこと…

どれを取っても、この先生に敵う謝罪をする人に出会ったことはありません。

22歳の青年が、真っ直ぐ姿勢を正し、心を込めて頭を下げる。

それも生徒の前で頭を下げる。

みなさんなら、できますか?

相手の心にグッと突き刺さるような謝罪をすることができますか?

また、きちんと謝罪する気持ちを受け止めてあげることができますか?

人を赦すことができますか?また、当事者じゃないことを心得られますか?

私たちは、直接的に関係した生徒であり、保護者です。

批判する権利のない人が、どれほど汚い言葉を浴びせる世の中になったのでしょうか?

それも、自分が吐き出した言葉に、何の罪があるとも思わず、責任を感じることもありません。

批判、誹謗中傷、許さない

謝罪する人に対して、まだ罵声を浴びせる世の中

現代って、何のために謝罪するのでしょうか?

多くの人は、謝罪の意味をわかっていないようで、謝罪しても、責め立てますよね。

謝罪の意味ってなんでしょうか?

ただの、見せしめでしょうか?

昔でいう磔にされた拷問を受ける人のようですね。

肉体的な拷問は、廃止されました。

しかし、精神的な拷問は続いていますよね。

小さい子には、教えますよね。

「ごめんね」されたら「いいよ」と答えることを…

でも、大人は、「いいよ」って言いません。

どんなに心を込めても、頭を下げても、土下座までしても…

赦さないですよね。

まだ、罵声を浴びせ続けますよね。

そして、多くの人は、こういう私の言葉に対し、スルーしますよね。

本当に考えなくてはならないことを言われても、スルー…

スルーってなんですか?

自分の都合が悪くなれば、スルーしたり、話をすり替える人が多いです。

そんな人たちが沢山いて、しっかりと反省し、謝罪する人が赦されないなんて、どっちが犯罪者なのか異常者なのかわかりませんよね。

何かの事件が目に入れば、それでシャットダウン…何も聞こえない状況ですよね。

それが、現代の社会です。

聞こえているんだと反論したい方、謝罪が見えないのだから、それ以上相手は何もできないでしょう。

お手本を見せて欲しいものです。

どんな謝罪をするべきなのか、大変興味があります。

心を込めて謝罪しても、認められないわけですから、謝罪の仕方が間違っているのでしょう。

是非、例として教えて欲しいです!

面会中に話したこと…

たった15分の時間…話きって、分かり合うには、短い時間ですよね。

真摯に謝罪し、後悔の念に包まれる

自分の犯してしまったこと…

どれだけ、後悔すれば解決するのでしょうか?

普段、私たちが犯す犯罪にならない罪は、これほどまでに後悔することって、あるでしょうか?

また、これほどまでに、謝罪することって、あるでしょうか?

家族や友達に対して、通常の暮らしをしていれば、懺悔までいくような感情は、持ちませんよね。

自暴自棄になりました…

話の途中で、私は、こう告げました。

私「今日来たのは、先生に生きて欲しいから来ました。息子は、確かに落ち込んで帰って来ました。

しかし、人だもの間違いも犯すことだってあるんだよ。

そんな大切な事を教えてくれたじゃない。

そんな話をしました。

今日来たのも、そんな風に考える私たちがいることを知って欲しい!

どうか、自暴自棄にならないで、ここを出たら、ものすごい社会の波と闘わなきゃいけないでしょうが、私たちのことを辛くなったら、思い出して下さい。」

そんな想いを告げました。

先生は、胸が一杯な表情と涙を流しながら、前を向き…

自暴自棄、自殺

先生「実は、自暴自棄になりました。人生で2度なったことがあります。

一度は、学生時代にいじめられて…

数日前にも考えていました…」

ここで指す、自暴自棄になったは、おそらく…自殺を考えたということでしょう。

冷たい人たちは、そんなクズ、死ねばいーじゃん!社会のゴミだとか言うのでしょうか?

最近のネットの風潮は、このような言葉が飛び交いますよね…

強く夢を貫きたいと誓った気持ち

社会という言葉は、世の中の人たちを表す言葉でもありますよね。

犯罪者に、とても厳しい世の中、それが社会です。

更生する道は、誰だったら用意してもらえるのでしょうか?

先生になれるように、もう一度頑張りたい…

そう彼は言いました。

現実、どのような処罰が待っているのかわからないことも分かった上で、それでも、自分のやりたい道は、教師だと言いました。

私は、反対しません。

まだ考え方に幼さは、あると思います。

過ちを反省し、再起する道があってもいいんじゃないかと思うんです。

過ちを犯したからこそ、教えられることも沢山あるはずです。

それが、まず…親ですよね。

親は、子に言います。

私も言われました。そして、私も言います。

「自分が通った道だから、言えること」

そう伝える親、その想いで子育てする親…みんなそうですよね。

悪を知っているから、言えること

また、悪を犯すから、排除ばかりが正しいと言えないと思います。

そして、彼が選ぶ今後の人生は、自ら、苦悩の連続である道を選択するのです。

留置所を出た後、待っている現実の方が、死にたくなるほど辛い目に遭うでしょう。

それでも、選びたいと思う気持ち…逆風に飛び込もうとしている。

そんな人がいたら、あなたは、どうしますか?

あなたの大切な人が、過ちを犯しても、排除できますか?

親友や子ども、パートナーが、もう一度心を入れ替えて頑張りたい!

そう言うことは、おまえには、無理だ。と告げますか?

非難するだけで、誰も応援しないのですか?

面会室の向こうに見えたものは…鉄格子で囲まれた部屋

先に後にした先生は、警察官と共に出ていきます。

その先に見えたのは…

鉄格子で囲まれた部屋…

この面会室というテレビでしか見たことのないガラス越しだけでなく、その先にあるのは、鉄格子です。

留置所は、刑務所ではないので、比較すると、厳しさの度合いは、違うようですが…

それでも、勾留される場所というのは、鉄格子の中です。

居た堪れない気持ちです。

犯罪を犯したから、当たり前かもしれません。

しかし、その罪の重さを痛感する現実は、鉄格子です。

世の中の皆様、どうか…人を考える気持ちを持って下さい

物事には、許せること、許せないことってあると思います。

もし、最愛の人を殺されてしまったら、それを赦すなんて、簡単なことではありませんよね。

殺人に値する物事の1つに交通事故があります

高校の同級生は、交通事故を起こし、相手の方が亡くなるという出来事があったそうです。

交通事故

直接的に本人に聞いていませんが…

交通事故であっても、加害者となり、場合によって、交通刑務所に送られますよね。

飲酒だったなどの話は、運転する資格がなくなって、然るべきことでしょう。

しかし、突然起こしてしまう事故…

どれほど、運転手に過失があるのでしょうか?

人を殺めたくて、殺めたという事故は、交通事故ではなく、殺人ですよね。

日常的に起きてしまう交通事故に対し、犯罪性は、どれほどなのでしょうか?

確かに、運転手は、不注意だったかもしれない。判断ミスを犯したかもしれない…

けれど、人を殺めようと思って、ハンドルを握ったわけではないはずです。

交通事故加害者であっても、社会は、赦さない

この同級生に対し、周りが思うこと…

それは、犯罪者としての扱いです。

車に乗りたいと思った彼女…

事故からは、運転を自粛しています。

「おまえには、ハンドルを握る資格はない」

そう思うのが周囲です。

車って、便利ですよね。

住む場所によっては、交通機関だけでは、日常生活に支障があるところもありますよね。

明日は我が身

誰も、故意的に起こそうと思って起こしてない。

たまたま、事故に繋がらなくて良かったけれど、ヒヤッとする場面…ドライバーなら、誰しも経験があると思います。

2つの差は、たったそれだけです。

現実となったか、なっていないか…

現実となったら、殺人者として、生きろと周りは考える。

自分がそのような加害者になったら、殺めたくてやったわけではない。

そう思うはずです。

この場合であっても、遺族が赦さないと言うよりも、友達だと思う人間さえも、このように考える始末です。

どのような条件が揃ったら、赦せますか?

よく、犯罪者には、福祉施設で働けと声が上がりますよね。

名前は出しませんが、福祉施設で働いて更生の意を見せた芸能人と福祉施設で働くことの出来なかった芸能人がいます。

どのような違いで、働けなかったのでしょう?

それよりも先に、考えるべきこと…

福祉施設は、犯罪者に働いてもらうべきところなのですか?

私は、介護施設で働いてきた人間です。

ハッキリ言います!

同じ同僚であったも、心のこもった介護が出来ないスタッフなんて、山のようにいます。

同士だなと思えるスタッフもいます。

何より、誰のための福祉施設でしょうか?

自分が、家族の面倒が見れないから、預ける場所ですよね?

何故、そのような場に、犯罪者は、働けと言えるのですか?

私には、不思議でたまりません。

更生出来たかどうかもわからないような人間に務まるとは、到底思えません。

自分の家族を犯罪者の更生施設へどうぞ!と送り出せるものなのでしょうか?

福祉施設って、犯罪者に適した更生施設なのですか?

自分の家族は、実験動物同然ですか?

再犯するような事が起きたら、その時に責めれば良い事なのでしょうか?

今一度、自分の発言について考えるべきです。

犯罪者を生み出したのは、社会です

映画・ゲームをはじめ、メディアで取り上げられる鬼畜な事があると、同じような事件が多発します。

マスコミ、報道

確実に助長しているでしょう。

「そのようなことをしてみたかった」

興味を持たせるものを作り出したのは、社会であり、国であり、世界です。

事実を伝えているだけだと、マスコミ等は答えるでしょう。

その事実を知るメリット、デメリット…

これを判断するのは、モラルです。

モラルは、親が、社会が教えます。

しかし、その一方で、鬼畜なものをフィクションとして創り出す人もいます。

人の需要があるから、そのようなものが存在し続けるのです。

矛盾していますよね。

そういうものを観たい心理の人、影響されてしまう人…

私もホラー映画等を観ます。

でも、殺人を犯したいと思ったことはありません。

しかし、その影響で、事を起こしてしまう人もいます。

何が違うのでしょうか?

その答えのわかる人の方が少ないはずです。

「モラルでしょ?」

そう答えると思います。

モラルって、何でしょう?

そもそも、社会がモラルもないのに、何をもって、モラルだと謳えるのでしょう?

本当に更生させる場など存在しない

更生施設って、何でしょう?

何らかのカリキュラムや規則、今更ながらのモラルを強制的に教えて、人はどう変わるのでしょうか?

過去、アルコール中毒で入退院を繰り返す人と出会った事があります。

アルコール依存

やっと、退院しても、心の寂しさから、またお酒に手を出す…あと1本、あと1本と増えていき、また急性アルコール中毒を招き、病院へ戻ります。

この人は、入院期間の中に、リハビリ期間というものもあります。

謂わば、更生施設のような役割を持っていると言えるのですが…集団でプログラムで、飲酒は、いけないという趣旨の劇をしたりしたそうです。

離脱と闘いながらの薬漬け生活です。

強制的に入院させて、断酒させる方向に持っていっても、また繰り返す…

飲酒は、犯罪ではありませんが、更生させられるかと言えば、薬物と同じで、個人の考え方や抑制力があって、叶うものです。

どんなに偉い人が考えたプロジェクトを踏ませても、再犯する人、同じことを繰り返す人がいるのも事実です。

すべての見直しが必要です

 

赦す行為

罪を憎んで、人を憎まず

そんな言葉があります。

どんなに悲しいことにも、学びはあるのです。

活かすこともできるのです。

 

社会の見直し

無責任な発言ばかりの世の中です。

自分の言葉に、責任を持つ。

無責任さが、この社会、国、世界を作り上げていることに今一度気づくべきです。

 

更生施設

ただ、推奨されているプロジェクトをこなせば、人は、改心できるものでしょうか?

その人の心の奥底に届けられるものを提示できてこそ、初めて改心する道を歩んでいけるのではないでしょうか?

凶悪だから、死刑…

死刑制度は、まだ存続されていますが、果たして、犯罪者に何のメリットがあるのでしょうか?

命を持って償うと言っても、その命の償いは、人権を考えた償いでしかありません。

どんなに鬼畜なことをした殺人者であっても、人権を考えた死刑しかないのです。

その犯罪者が単に消え去ることのメリットは、何もわかりません。

本当に申し訳ないことをした。

間違ったことをした。

そんな反省を得ていない人を死刑にして、何が満足できるのでしょうか?

私が、被害者遺族なら、死刑を望みません。

心の底から、申し訳ないと言える日を迎えた方が、救われます。

日本は、終身刑を持ちません。

今一度、死刑という極刑の意味を見直すべきではないでしょうか?

犯罪者の生きる道

ネット社会は、行き場のない現実を作ります。

自暴自棄にさせる道を与えるようなもの。

どうでもいい

そう思って、どうでもいい振る舞いをさせるのは、そんな世の中の声です。

犯罪者が自殺する分には、被害は、その人だけで済みます。

本当に自暴自棄にさせてしまったら、どんなことをするでしょう?

人間追い詰められたら、壊れます。

そんな私たちの振る舞いが、更なる悲劇を生ませようとしていると、口を慎むべきです。

そして、犯罪者に対する更生する道をきちんと私たちが用意していかねばならないはずです。

犯罪者になったら、最後まで悪人なのでしょうか?

今一度考えましょう。

自分の発言の重さについて。

最後まで、読んで下さりありがとうございます。

世の中が明るくなりますように★

同じように考えて下さる方、シェアして下さったら嬉しいです。

<関連記事>

悪い事をしたら、更生の余地なく自殺するしかないんだろうか?

The following two tabs change content below.

Iris(イーリス)

サイト オーナー
コラムには、生きる上で、大切なことだったり、コラムのように考えたら、人生を謳歌しやすくなるような言霊を…「幸せの魔法の呪文」として、UPしています。

詳しくは、こちら

スポンサーリンク

Copyright© 幸せの魔法の呪文 AYAME , 2017 All Rights Reserved.